Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

はいてない! パンツはいてない! [エッチな話まとめ]

昔会社にいた同僚の女性(寛美さん)とは、彼女が会社を辞めて5年経った今でもみんなで交流がある。
寛美さんは23歳。顔は辺見エミリ似で巨乳、さらに性格も姉御肌でサバサバしていて入社当時会社でも結構人気があった。
現在はすでに結婚していて一児(男の子・剛太)の母になっている。
その日俺は同じ会社の友人(武井)と彼女の家に遊びに行った。
着いたのは昼過ぎで、日中は寛美さんの1歳の息子剛太と遊んでいた。
夜は旦那さんの帰りを待って寛美さんの手料理を御馳走になる予定だったのだが、夕方武井が家庭の事情で急遽帰らなければならなくなってしまった。
俺も一緒に帰るべきか迷っていると…
「加藤さん(俺)、ゆっくりしてきなよ。もう食事の準備も始めちゃってるし」

と、寛美さんが言ってくれた。というわけで俺はその言葉に甘えることにした。しかし数時間後、彼女はその自分の言葉を後悔することになる…

19時過ぎ、剛太がぐずりだした。

「あぁもう眠くなっちゃたね。今日はお兄ちゃん達とたくさん遊んだから疲れたんだねぇ」寛美さんがあやす。

「じゃあ寝かしてあげた方がいいんじゃない」と俺。
「でも昨日この子お風呂入れてないから、今日は入れないとまずいんだよね」

参ったね。俺、赤ちゃん風呂入れてあげること出来ないしなぁ。旦那さんの帰宅は21時頃。さすがにそれまで待つわけにもいかないようだ。

「ごめん!悪いんだけど私入れてきちゃうわ。なるべく早く出てくるからさぁ」
「ああ、全然いいよ。料理の方は?何かやることあれば、俺やっとくけど」
「とりあえず、もうあとは暖めるだけだから大丈夫。じゃあホント悪いんだけど、ちょっとTVでも見て待っててね」

かくして彼女は息子を連れ風呂に入った。
始めのうちはTVを見ていた俺だったが、聞こえてくるシャワー音にだんだんムラムラしてきてしまった。

今あの寛美さんがシャワー浴びてんのかぁ~。“覗いちゃおうかなぁ”と思った時には、もうすでに二人が風呂に入ってからだいぶ時間が経っていたので、出てくる恐れがあるため、そのスケベ心もあっさり姿を消した。

数分後、風呂場のドアが開く音がした。そして…

「こぉらー剛太!ちゃんと拭かなきゃダメだってぇ!あぁちょっとぉー…ねぇ加藤さぁーん!剛太つかまえて」
「えつ!なになに!?」

慌てて俺は居間を出た。居間の向かいが廊下を隔てて風呂場だ。廊下では剛太が濡れた体で走り回っている。
すると、風呂場のカーテンから濡れた髪の毛の寛美さんが顔だけを出して、

「そこの洗濯機の横にバスタオルあるから、それで剛太拭いてくんない?」
「うん分かった」

まさにその時、剛太が洗濯バサミの入っているカゴにつまずいた…

「あっ!」異口同音に叫んだ寛美さんと俺。

幸い剛太はすぐに立ち上がったが、洗濯バサミが床いっぱいに散らかってしまった。
俺が拾おうとすると、寛美さんが「ごめんねぇー」と言いながら、なんとバスタオルを巻いた状態で廊下に出て来た!

「いや大丈夫だよ」などと言いながらも、俺はこっちに歩いてくる寛美さんのその姿に釘付けになっていた。

まだ濡れて乾いていない茶色い髪、細い肩と腕、歩くたびにグリーンのバスタオルの下で揺れる胸、思っていたより全然細くて白い脚。

まさか、あのタオルの下は素っ裸?んなわけないよなぁー。なんとかパンチラ見れねぇかなぁー。
しゃがんで洗濯バサミを集めていた俺の前に、寛美さんもしゃがんで来た。シャンプーの甘い香りがする…

洗濯バサミを拾う度に動く胸の谷間もかなりたまらないものがあったが、俺はパンチラを期待して、気付かれないようにしゃがんだ寛美さんの下半身を凝視した。

しかしさすがにバスタオルが短いのは本人も分かっているので、脚はしっかり閉じられている。

ただ寛美さんは慌ててしゃがんだせいか、ふくらはぎとお尻でしっかりバスタオルを挟めていない。

そのためバスタオルの奥に少しお尻が覗いてる。でも(恐らくかなりギリギリなのだろうが)残念ながらパンティーは見えない。

バスタオルで隠し切れていないお尻から太腿、膝へのラインもかなり色っぽい。どうやら寛美さんは急なハプニングで焦ってしまい、今自分がかなり際どい格好を友人にさらしているのを認識出来ていないようだ。

俺は一生懸命洗濯バサミを集める振りをしながら、やはりどうしても諦め切れずにパンチラを狙っていた。なんとか見えねぇかぁ…

とその時、寛美さんが少し離れた所にある洗濯バサミを取ろうとして、今までぴったりくっついていたその左右の膝が離れていく…

「見える!」と思ったが、寛美さんはそのまま体ごと少し横を向いてしまった。横を向く時に脚が開いたということは、正面に向きなおす時も開くかもしれない。

あの洗濯バサミをとって体を戻す時がチャンスだ!寛美さんはその洗濯バサミをとり、こっちにあるカゴに入れようと向き直る。

「来たぁーっ、今だ!」

体を動かしてるうちに意識がゆるんだのか、寛美さんの脚がさっきより明らかに大きく開かれた。そして…次の瞬間、俺は固まった。

エツ!!!!!!!!!!!!!
はいてない!
パンツはいてない!
寛美さんパンツはいてな~い!

な、なんとついに開かれた太腿の間には、そこにあるはずのもの、パンティーがなかった。
寛美さんはバスタオルを巻いただけで出て来てたのだ。そしてもちろんそこにあったのは…寛美さんのおまんこぉーーー!

初めて見た(当たり前か!)寛美さんのヘアーは直毛で、体勢が体勢なだけに形状は分からなかったが、けっこう濃かった。まだ濡れていてしずくが今にもこぼれそうだ。その茂みの奥には…

いつも仲良くしてる寛美さんのアソコを目の前にして俺の興奮は極限状態に。
茂みの奥に見える寛美さんのおまんこは、とても一人子供を産んでるとは思えない程きれいだ。

風呂で体が暖まったせいかピンク色に染まったビラビラは、かなり大きく、やや開き気味になっていた。しゃぶりつきたい気持ちを抑えるのが大変だ。

本人は全く見えていることに気付いていないらしく、洗濯バサミを拾い終えるまで、そのままの状態を崩すことなく、結局数十秒拝ませてもらった。
そして、寛美さんは再び服を着るために剛太を連れてカーテンの向こうに戻っていった。

俺も居間に戻った。すると、あっ!風呂場のほうから何かに驚いたような寛美さんの声が聞こえた。

「ねぇ、加藤さぁーん!」
「なに?」居間のドアを開けて顔を出し返事をする俺。

寛美さんはまたカーテンから顔だけ出していた。

「もしかしてさぁ…」切り出した寛美さん。
「なに?」と、とぼける俺。

どうやら寛美さんは見られたかもと不安になったようだ。
いつもは何でもズバズバ言う寛美さんが、言葉に詰まっている。しかしすぐに苦笑いで「見えた?」と開き直ったように口を開いた。

「何が?」
「さっき、私しゃがんだ時見えてたでしょ?」
「見えた」
「マジでぇー?もう最悪ぅー!やっぱ…見たよね?」
「ばっちし見させて頂きました。当分オカズには困んないね」
「あ゛ぁーもぉー。すぐ言ってよぉ!やらしいなぁー」

その後は…
すぐにでもトイレで抜きたかったが、さすがにそれは露骨かと思いやめた。彼女がふるまってくれた夕食は餃子だった。

旦那さんと一緒においしく頂いたあと、俺はすぐおいとまし、家路を急いだ。彼女がもうひとつふるまってくれたオカズを早くいただくために…そう、冷めないうちに。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!