夫が借金を返さないから妻の私が身体で利子を払わされました


今時、借金の肩代わりに妻を抱かせる男がいるの信じられますか?
夫が競馬で20万負けて、サラ金で借りて返してまた借りての繰り返し。
いつの間にか20万が200万に膨れてしまって
ヤクザに追いかけられて、とうとう自宅に乗り込まれました。
悪夢が起きたのは、いつものように食事をしてお風呂に入り、
そろそろ休もうかという時でした。
チャイムが鳴り夜なので夫が出てくれたんですが、

ドカドカと土足で3人の男が上がりこんできたんです。

夫は知り合いなのか何やら男たちと言い合いになっていました。

私は怖くて部屋の隅にじっとしてました。

警察に電話と思ったけど、携帯も自宅の電話もその男たちの傍で手が出せません。

夫はどうやら多額の借金をして返済できないようです。

夫が殴る蹴るの仕打ちをされているのを目の当たりにして、私も蒼白状態です。

そのうち

「じゃ~奥さんの身体で払ってもらいましょうか」といった途端

一人の男が襲い掛かってきました。

「いやー!」と身を捩り逃れようとした時の男が私を羽交い絞めにします。

「奥さんはどんな味かな?」と言いながら腕に力がこめられた。

涙が流れた、はらわたが煮えくり返るような屈辱を与えられた。

床に押し倒されて一人の男に腕を掴まれもう一人の男が馬乗りになった。

どんなにもがいても逃れられないと知り、私は大人しくなった。

「物分りのいい奥さんだね~旦那とは大違いだ」と言う。

酒とタバコの入り混じった深いな匂いが私の鼻腔に忍び込んだ。

生温かい男の唇が私の唇を貪り、ヌルヌルとした舌が口内を嘗め回した。

片方の手はガウンの胸元から侵入して乳房を揉みしだき、

片方の手はガウンの下から陰部の溝を指先でなぞり始めた。

風呂上りなのでショーツ一枚にガウン姿。

唇を吸いながらガウンをはだけた。

男のナメクジのような舌が、

唇・耳・頬・顎・首筋・鎖骨・乳房・乳首を這いずり回った。

「貞淑な顔をして、乳首がこんなに堅くなっているよ、

奥さん案外好きなのかな?」鳥肌でそうなっているのを勘違いされた。

男は乳首を弄んでいた舌先を脇の下・わき腹・太腿と移動させた。

「いやー!あなた!助けて!」と叫んだが、夫は部屋の隅で猿轡をされていた。

そして「よく見ろ!おまえの妻が他の男に犯されるのを」と言われている。

どんなにもがいても男たちに抑えられて身動き取れない。

男の太く硬い肉棒を私の中に突き刺した。

何度も何度も肉棒を出し入れされヒリヒリと痛みが走る。

3人の男が代わる代わる馬乗りになり私の中へ放出していった。

一人が私の下の口に肉棒を突き刺し、

もう一人は上の口に肉棒を咥えさせた。

同時に上と下を攻められた、

その様子をもう一人の男はしっかりとビデオに納めていたようです。

夫も全裸にされアソコだけは興奮して起立して情けない姿です。

すると・・・

「おいおい・・こいつてめえの妻がやられているのに勃起してるぜ」

「おい!今度はおまえが抱いてやれ」

と、3人は私の上に夫を馬乗りにさせました。

夫のものが私の中に突き刺さります。

狂ったように夫は腰を振り果てました。

これは悪夢なんだと自分に言い聞かせました。

目が覚めたら何もないはず・・と思いながら私は目を閉じてしまう。

そこから気を失ったようで目が覚めたら男たちはいませんでした。

でも犯された形跡は残ったままでした。