30代後半の叔母をキッチンで押し倒して・・ [エッチな話まとめ]

俺が高校の頃に叔母が離婚前提で、

うちが管理しているアパートの一室に引っ越してきた。

離婚が決まろうが元気な叔母の趣味は

とあるアメリカのロックバンドで、

俺は週末の学校帰りに会おうものなら即捕まり、

一晩中そのバンドについての講釈を聞かなければならなかった。

アパートということもあり、

夜音楽を聴くときはヘッドホンをしていて、

叔母からすれば二人でヘッドホンなしで

小音量で聞いているのは少し不満だったかもしれない。

来日すれば、必ずライブに行くし、

しかも必ず前から◯列目みたいな良い席だった。

ライブに行くと、必ずその後は飲みに連れて行かれ、

その後、叔母の部屋でDVDをまた見る→叔母が寝るまでそれが続く。

当時童貞だった俺は、

寝ている叔母の服の上から叔母の体を触った事が何度となくあった。

そんな叔母がとあるライブの後、

いつものように叔母の部屋に連れて行かれてDVDを見ていた。

音が小さいとやはり不満なようで、

途中で叔母は寝室で一人でヘッドホンを付けて、

聞きに行くと言って寝室に入った。

俺もヘッドホンを渡されて、DVDを見ていた。

しばらくするとトイレに行きたくなり、

ヘッドホンを外すと寝室から

思春期の童貞の心を駆り立てるような声が叔母の寝室から聞こえてきた。

しかも、結構大きな声だった。

叔母の寝室のドアが少し浮いていたのと、

俺がヘッドホンをしていると安心したから

叔母は一人で始めてしまったのかもしれない。

俺は身動きがしばらく出来ず、

トイレに行く事も忘れてしまった。

しばらく考えて、

叔母のそのオナニーを見てみたくなった俺は、

部屋中の電気を消し、

叔母の寝室のドアを少し開けて中の様子を見た。

オーディオの光が派手に点滅し、

ヘッドホンのコードがベッドの方に延びていた。

叔母は足をこちらに向けた形で開き、

もぞもぞと動きながら声を上げているのが分かった。

ほとんど匍匐前進で叔母のベッドの際まで近づいた。

ヘッドホンをしている叔母は俺が近づいた事に気付いておらず、

上半身は裸で下半身はパンツだけの姿だった。

そのうち叔母は腰を浮かせて、

パンツも脱いで、床に落とした。

それを俺は拾って、ベッドの脇下で見てみると、

かなり大きなシミがついていた。

叔母の両手は忙しく、

叔母の体を慰めているのを見ていて、かなり緊張していた。

ところが、そこで手を出すような勇気はなく、

しばらくしてからまた変な匍匐前進で寝室を後にした。

それからトイレに篭り、

俺は叔母のパンツを使ってオナニーをし、

叔母のパンツに出してしまった。

どうしようもない俺はそのパンツを洗濯籠の奥深くに隠した。

翌日は土曜日で午前中部活から帰ると叔母が家に来ていた。

俺は顔を合わせるのが恥ずかしかったが、

シャワーから上がると叔母は俺を借りていくと言って、

半ば強制的に誘われた。

叔母の部屋で、まず出されたのは缶ビールだった。

それを出してから叔母は寝室に消えた。

そして、着替えてきた格好が、ボディコンだった。

初めてボディコンと言うものを生で見た瞬間でもあった。

ただ唖然としている俺の前に座った叔母はニヤニヤとしながら、

俺が飲んでいた缶ビールを飲み始めた。

最後はそれを一気に飲み干すと、

今度は俺の太ももの上にこちら向きで跨ってきて、

「童貞?」と聞かれた。

頷く俺に叔母は「わぁ~、可愛い~」と言いながら、

俺を自分の胸の辺りに押し付けるように抱きしめてくれた。

下を向けば、叔母のパンツは派手目で見えてるし、

目の前には少し大きめの胸があるし。

目線と手のやり場に困った。

叔母は俺のおでこからキスを始めて、

俺の髪の毛に指を絡ませていた。

「おっぱい触りたいなら、触っていいよ」

と囁かれてしまい、そこで理性は消えてしまった。

叔母の胸をさらけ出して触り、

俺の手は次第に叔母の股に伸びた。

「そこはまだ」と言われながらも、

手を避けられていたが、しつこく迫っていると、

叔母は俺の力に屈していて、

俺の手は叔母のパンツの中で暴れるようにしていた。

叔母は始めは強がって、

たまにこちらを見てはニヤついていたが、

そのうちそれが出来なくなると、

叔母は今度は俺の頭を抱え込むようにして、

声を上げ始めた。

「それ以上はダメよ」

と言う叔母がなんかここまで来て、

俺に挑戦を求めているような気がしてしまい、

さらに激しく叔母の体に愛撫を重ねていった。

「脱ぎたくなっちゃった」と言った叔母は

俺の服をまず脱がし始めて、

上半身を脱がされた俺の上から一度立ち、

自分も服を全部脱ぐと、今度は下半身を脱がされた。

また座らされた俺の前で叔母はフェラを始めた。

「叔母さんのも舐めたい」と俺が言うと、ベッドに移動。

69で叔母のアナルから股間まで丹念に舐め、

指で遊んでいると、

叔母は一度いってしまい、

それを笑顔で俺に言った。

今度は叔母が下になり、

丹念に叔母の股間のみを舐め始めると、

叔母はとうとう俺を欲しがった。

その時点で、何か勝った気がした。

少しフェラをさせて、復活させてから、

叔母に挿入すると、叔母は見たこともない表情になった。

意外にも長持ちしてしまった俺は、

叔母に「初めてじゃないでしょ?」と聞かれた。

第1Rが終わると、

叔母は少し疲れてしまい、ぼぉーっとしていた。

そろそろ夕飯の買出しに出かけなければいけない時間になり、

俺がシャワーを浴びていると叔母も入ってきて、

お互いに体を洗いあった。

買出しに出かける途中にも、

まだ物足りない俺は叔母にちょっかいを出していた。

叔母は笑いながら、「あとで~」と言いながらも、

結構その気っぽかった。

帰りは両手に荷物を持たされ、

何も出来ないでいたが、叔母の部屋に着き濃厚なキスをされた。

そのまま叔母を押し倒し、

若干拒否られながらも、そのまま第2Rへ。

すでに叔母も濡れていたから、

ほとんど服も脱がずに入れるだけの状態だった。

終わると、叔母は可愛い感じですねた。

夕飯はあっという間に食べて、

片付けを手伝いながら叔母にちょっかいを出すと、

今日は終わりみたいな事を言われたが、

叔母の後ろからスカートに手を入れ、

パンツにも手を入れると、

叔母は濡れ始めているころだった。

「ほんとにダメ?」などと甘えていると、

叔母は「後で」という言葉に切り替えた。

そして、片付け終わると、

そのままキッチンで押し倒してしてしまった。

当時まだ30代後半の叔母だったが、

一日に3回と言うのは当人からしたら多かったらしいが、

10代の俺からしたらまだいけた。

叔母をお姫様抱っこで担いで、ソファに寝かせた。

寝ている叔母の横で俺は自分でしごき、

ある程度立つと叔母の口元に持っていって咥えてもらいながら、

俺は手を伸ばして叔母の股間を弄くり回した。

「もうだめ」

と叔母は何度も繰り返しながらも手を払おうとするが、

フェラは止めるつもりはなく、

俺をいかせようとしているみたいだった。

そして、今度は俺が半ば強制的に叔母の足を開いて、

叔母の中に入れた。

叔母は直前まで拒否していたが、

入ってしまうと、感じ始めて、そのうち痙攣し始めた。

叔母は何とかこちらを見ながら、

「だから、ダメって言ったのに」

と言った後に上を向いたような感じになり、

また感じていた。

でも、それは最後は良かったらしく、

「感じすぎちゃった」と最後は言っていた。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする