一度ぬいてから四つんばいの体勢にさせバックを‥ [セックス体験談]

高校3年の時のお話し

当時、バスケットボール部に入っていた俺は

練習後も体育館の利用時間ギリギリまでシュート練習をしていた。

4月の終わりごろに1年生が入部してきて、

その1年生も何人かシュート練習で残っていた。

その中には女の子もいた。

その子の名は由紀ちゃんだ。

由紀ちゃんは今までバスケットの経験がなく

友達に誘われて入部したとの事だった。

毎日、友達と一緒にシュート練習をしていた。

「体育館を閉める時間が来たので利用している生徒は速やかに下校してください」

という放送が入ると、残っていた人は片付けをしてすぐに体育館を出る。

その後、体育館から少し離れた部室で

着替えて帰るというような毎日だった。

ある日、練習後のシュート練習に俺とその由紀ちゃんだけの時があった。

由紀ちゃんは自分が一番へただから

少しでもうまくなりたいと女子1人でも残っていた。

いつものように放送がなり片付けをして体育館を出た。

女子の部室と男子の部室は向かい合わせの場所だったので

そこまで一緒に歩いていった。

今まで「おはよう」とか「お疲れさん」など挨拶程度しかした事がなく、

ちゃんと話すのが初めてだった。

俺 「どう?バスケットは面白い?」

由 「はい、面白いです!でも、周りの人の足を引っ張ってばかりでなんか申し訳なくって..」

俺 「始めたばかりなんだから仕方ないよ。みんな最初は下手から始まるんだから。」

由 「はい」

俺 「でも、由紀ちゃんには正直驚いているんだよ」

由 「えっ、何でですか?」

俺 「だって、毎日毎日残ってシュート練習してるじゃん。普通、なかなかできる事じゃないよ」

由 「ちょっとでもみなさんに追いつきたいんです」

俺 「その気持ちは大事だけどあんまり無理しちゃ駄目だよ」

由 「はい、ありがとうございます」

そして部室に着き、着替えを始める。

着替え終わって部室を出ると、

女子部室の電気がまだついていたので外で待っていた。

そして、5分後由紀ちゃんも着替えを終え出てきた。

俺 「夜、1人じゃ危ないから家の近くまで送ろうか?」

由 「えっ、本当ですか?でも先輩の帰る時間が遅くなっちゃいますよ」

俺 「別にいいよ。帰って飯食って寝るだけだもん」

由 「じゃあお願いしていいですか?」

俺 「OK!」

由紀ちゃんは家から学校まで20分の距離ということで歩いて通学していた。

俺は自転車通学だったので、降りて自転車をおして一緒に帰った。

由 「あのー、先輩って彼女さんとかいるんですか?」

俺 「いないよ。ちょっと前までマナと付き合ってたけど別れたよ」

※マナは女子バスケ部の副キャプテンをしている子

由 「えー、そうだったんですか!全然知りませんでした」

俺 「お互い休みの日も部活で、デートできないし一緒にいる時間がつくれなくて」

由 「部活やってると付き合うのも大変なんですね」

俺 「そうだね。由紀ちゃんは彼氏いるの?」

由 「いませんよ。私、外見地味だし、男の人とお話しするの得意じゃないんで」

俺 「えっ?だって、俺としゃべってるじゃん!」

由 「先輩はなんか話しやすいっていうか緊張せずにいられるっていうか...」

俺 「それ、喜んでいいの?(笑)」

由 「はい、多分...」

そうこうしているうちに由紀ちゃんが住んでいるアパートに着いた。

由 「わざわざありがとうございました」

俺 「いえいえ。由紀ちゃんと話しできて良かったよ」

由 「お疲れ様です」

俺 「お疲れ!」

そういうと由紀ちゃんはアパートに入っていった。

何日か後に、再び由紀ちゃんと二人だけ残ってシュート練習する日があった。

時間が来ていつも通り部室で着替えていると

男子部室のドアをノックする音がした

俺 「誰ですか?」

由 「先輩、私です」

俺 「あっ、由紀ちゃん。どうかしたの?」

由 「先輩、今部室に1人ですよね?」

部室の外から少し小さな声でたずねてくる由紀ちゃん

俺 「そうだけど」

由 「ちょっと入ってもいいですか?」

俺 「えっ、何で?」

すると男子部室のドアが静かに開き始めた。

由 「男子部室ってこうゆう風になってるんですねー。思っていたより綺麗ですね。少し臭いますけど(笑)」

俺 「どうしたの」

由 「一度男子部室の中を見てみたかったんですよ」

そう言うと少し恥ずかしそうに由紀ちゃんが俺に背を向けた

俺 「ごめん、着替えるから外に出てもらっていいかな?」

由 「・・・」

俺 「由紀ちゃん?」

由 「先輩、実は私、先輩に大事なお願いがあるんです」

若干顔を赤らめてうつむきかげんで話し始めた。

由 「実は私今まで男の人と付き合ったことがなくて。それで、キスもしたことないんです。でも、クラスの女子はみんな付き合ったことがあるみたいで...。」

俺 「えっ、急にどうしたの?」

由 「先輩!お願いします。私とキスしてもらえませんか?」

いきなりのお願いに少し動揺する俺。すると由紀ちゃんが少しずつ近づいてきて

由 「私のファーストキスの相手になって下さい。お願いします」

そのお願いに意を決した俺は

俺 「本当に俺でいいの?」

由 「先輩がいいんです」

俺 「わかった。そしたら目をつむって」

由 「はい」

そしてゆっくりと由紀ちゃんの顔に近づき、唇を重ねた。

最初は2秒ぐらいで唇を離したがすぎに由紀ちゃんが俺の唇をうばった。

2回目は長く、おそらく30秒ぐらいだっただろう。

そのうち由紀ちゃんは舌を出してきたので、

正直驚いたが俺も舌を出し、舌同士を絡ませ始めた。

そんな濃厚なキスをしているうちに興奮した俺は、

あそこが反応してきた。

それに気づいた由紀ちゃんは

由 「先輩、ズボンが膨らんでますよ」

俺 「ごめん、興奮しちゃって」

由 「先輩、そのー...」

言葉に詰まる由紀ちゃん

俺 「ん?どうしたの?」

由 「先輩のおちんちん触らせてくれませんか?」

俺 「えっ?」

いつもはおとなしそうな由紀ちゃんからでた「おちんちん」発言に驚く俺

由 「駄目ですか?」

もうこうなったらいくとこまでいこうと決めた俺は

俺 「いいよ。そしたら由紀ちゃんがズボンを脱がせて」

由 「はい」

俺 「そしたら、パンツも脱がせて」

由 「はい」

いよいよ俺のあそこが由紀ちゃんの前に露になる

俺 「どうおちんちんを見た感想は?」

由 「なんか不思議な感じですね」

俺 「でもお父さんのおちんちんは子供の頃見たことあるでしょ?」

由 「ありますけどよく覚えてなくて...」

俺 「そっか、ちょっと触ってみる?」

由 「あっ、はい」

俺 「じゃあちょっと待ってて。汗かいた後だから綺麗に拭くね」

ぬれたタオルであそこを拭く姿をじっとみつめている由紀ちゃん

俺 「綺麗になったから触ってみてもいいよ」

由 「わかりました」

すると両手を出しゆっくりと俺のあそこに近づける。

その手は細かく震えていた

そして由紀ちゃんの両手が俺のあそこを包み込んだ

俺 「どう、感触は?」

由 「思ってたより硬いです」

俺 「それは今勃起してるからだよ。勃起は分かるよね?」

由 「はい」

俺 「じゃあさー、ゆっくりしごいてみる?しごくって分かる」

由 「いえ、わかりません」

俺は由紀ちゃんの手をとり俺のあそこをつかませた

俺 「ゆっくり上下に手を動かしてみて」

由 「こうですか?」

俺 「そう、そんな感じ。男の人はこうされると気持ちよくなるんだよ」

由 「先輩、気持ちいですか?」

俺 「うん、気持ちいいよ。でもすべりを良くしたほうがもっと気持ちいいからつばを垂らしてみようか?」

由 「えっ、いいんですか。汚いですよ」

俺 「大丈夫、みんなそうしてるんだよ」

由 「わかりました」

そういうと口の中の唾液を集めゆっくり俺のあそこに垂らし始める

俺 「そう、それでさっきみたいにしごいてみて」

由 「わかりました」

俺 「気持ちいいよ」

由 「そうですか、良かったです」

俺 「由紀ちゃんのおっぱい見てもいいかな?」

由 「えっ、恥ずかしいです」

俺 「由紀ちゃんだけ見せないのはずるいよー」

由 「でも私の凄く小さいんです」

俺 「大きさは気にしなくていいよ」

由 「でもー...」

少し困った様子の由紀ちゃん

俺 「じゃあ脱がせてあげるよ」

由 「わ、わかりました」

俺 「そしたら両手を上にあげて」

由 「はい」

汗ばんだTシャツを脱がせるとかわいいスポーツブラが出てきた

俺 「じゃあこれも取るよ」

由 「はい」

なぜか目をつむる由紀ちゃん。そうとう恥ずかしいようだ。

そしてついに由紀ちゃんのかわいいおっぱいが姿をあらわす。

おそらくBカップぐらいであろうそのおっぱいは、

本人が言うように大きさはないものの綺麗な形をしていた。

なにより乳輪の綺麗なピンク色に興奮した。

俺 「綺麗なおっぱいだね」

由 「そうですか、ありがとうございます」

俺 「触ってもいい?」

由 「いいですよ」

ゆっくりと由紀ちゃんのおっぱいを揉み始める。

由紀ちゃんは恥ずかしそうな顔で下を見ていた。

俺 「気持ちいい」

由 「は、はい」

俺 「乳首も触ってみようかな」

由 「は、はい」

乳首を触った瞬間、由紀ちゃんの体が一瞬ぶるっと震えた。

俺 「大丈夫?」

由 「大丈夫です」

俺 「ここ触られると気持ちいい?」

由 「は、はい」

次に乳首を舐めようかなーと思っていた瞬間。

「まだ残ってるのかー?」

部室の外から大きな声が聞こえてくる。

学校に常駐している警備員の声だ。

俺はパンツとズボンをあわてて履き、

由紀ちゃんもブラをつけTシャツを着る。

少しドアを開けて警備員を確認すると

俺 「すぐに帰りますから」

警 「わかった、電気は消して帰れよー」

俺 「はい、わかりました」

由紀ちゃんはドキドキしながら男子部室の物陰に隠れていた。

俺 「今日はもう帰ろうか?」

由 「はい」

俺 「続きはまた今度ね」

由 「はい、よろしくお願いします」

俺 「でも由紀ちゃんって結構大胆なんだね」

由 「凄く勇気を振り絞ったんで...」

恥ずかしそうに言う由紀ちゃんは今まで以上にかわいく見えた。

そしてお互い着替えを済ませ、由紀ちゃんをアパートまで送って帰った。

日曜日は体育館のコートを男子が1面、女子が1面使って練習ができる。

前回の出来事から2週間後の日曜日、

女子が男子より少し早く全体練習を終えた。

練習後も女子部員何人か残ってシュート練習をしていた。

女子の全体練習が終わって40分後位に男子の全体練習も終わった。

その頃には女子部員も由紀ちゃんともう1人の一年生しか残っていなかった。

男子部員も4人残ってシュート練習をしていた。

やがて次々に部員が帰り、

結局俺と由紀ちゃんの2人だけになった。

休日だから体育館の利用時間も気にせず出来た。

反対コートで練習していた由紀ちゃんのもとに行き、練習を手伝ってあげた。

俺 「ボール拾ってあげるよ」

由 「えっ、そんな、悪いですよ」

俺 「いいよいいよ休日なんだからのんびり出来るし」

由 「本当にいいんですか?」

俺 「うん、いいよ。じゃあ始めて」

由 「はい、よろしくお願いします!」

そういうと由紀ちゃんとの初めてマンツーマンでの練習が始まった。

俺 「由紀ちゃんストップ!シュート打つときにもうちょっとひざを曲げたほうがいいよ!」

由 「はい」

こんなアドバイスなどもまじえながらその後30分シュート練習をした。

俺 「そろそろ帰ろうか?」

由 「はい、わかりました」

俺 「それにしても最初の頃に比べるとだいぶ入るようになってきたね。毎日の練習の成果だね!」

由 「ありがとうございます。先輩にそう言ってもらえると嬉しいです」

2人で片づけをして、部室に向かった。

部室のドアを開けて中に入ろうとしたその時。

由 「あのー、先輩...」

俺 「何?」

由 「ちょっと言いにくいんですが...」

俺 「どうしたの?」

その時俺はなんとなくこの前の続きの事だろうと思った。

由 「ですからー...」

俺 「この前の事?」

由 「はっ、はい」

俺 「由紀ちゃん時間大丈夫?」

由 「はい、大丈夫です」

小さな声で答える由紀ちゃん。

俺 「じゃあ中に入って」

由 「はい、失礼します」

俺は由紀ちゃんを男子部室に招きいれた。

由紀ちゃんは体が小刻みに震えていて緊張しているのが目に取れた。

俺 「由紀ちゃん、2人とも汗かいているからシャワー浴びよっか?」

由 「はっ、はい」

俺 「先に俺浴びるからここで待ってて」

由 「分かりました」

この時間他の部活もしていないし、

警備員がくることもなかった為、俺は落ち着いていた。

シャワーを浴び終えた俺は由紀ちゃんにシャワーを浴びるように言った

俺 「次いいよ」

由 「あのー、女子部室から着替えとタオル持ってきますね」

俺 「あっ、そうだね」

一度女子部室に戻る由紀ちゃんの後姿を見て

俺のあそこはすでに勃ち始めていた。

由 「お待たせしました。じゃあシャワー浴びてきます」

俺 「うん。待ってるね」

シャワーを待っている間冷静さを保つのに必死だった。

そしてシャワーから出てきた由紀ちゃんは大きなバスタオルを巻いて出てきた。

俺はというと下はパンツ一丁、上は裸という状態だった。

俺 「じゃあここに座って」

由紀ちゃんをストレッチ用のマットの上に座らせた。

そして小さな声で由紀ちゃんは言う

由 「先輩、私初めてなんでよろしくお願いします」

俺 「うん、わかった」

まだ由紀ちゃんの体は小刻みに震えていた。

そんな由紀ちゃんのバスタオルをとりゆっくりと抱きしめた。

由 「先輩の体大きいですね」

俺 「由紀ちゃんの体は小さくてかわいいっ」

そしてゆっくりとキスを始める。

舌を絡ませながらそのいやらしい音が部室に響く。

俺は由紀ちゃんの耳や首筋をゆっくりと舐めてあげる。

由紀ちゃんは小さな声で感じていた

由 「うっー、あっー」

俺 「乳首舐めてもいい」

由 「...はいっ...」

するとさっきよりもさらに感じ始める由紀ちゃん。

目をつむり体をくねくねさせる。

俺 「気持ちい?」

由 「はっ、はい。気持ちいです」

そしていよいよ由紀ちゃんのまんこに手をかける。

明らかに顔を赤らめて恥ずかしがる由紀ちゃん。

俺 「ここ触られると気持ちい?」

由 「はっ、はい」

俺 「股を少し広げてみようか?」

由 「...恥ずかしい...」

俺 「大丈夫」

ゆっくりと股を広げると、綺麗なピンク色のおまんこが姿をあらわす。

毛は若干薄い感じだった。そしてねちょねちょした汁が光っていた。

俺 「由紀ちゃん、濡れやすいの?」

由 「わ、わかりません」

俺 「自分でここを触ったりするの?」

由 「はっ、はい。たまにします」

俺 「そうなんだ。由紀ちゃんってエッチだね」

由 「恥ずかしい...」

俺 「舐めてもいい?」

由 「えっ、はっ、はい」

クリやビラビラを音をたてながら舐めると

由紀ちゃんはさっきよりも大きな喘ぎ声をあげる

由 「あっー、あっー、せ、せんぱい」

俺 「どう、気持ちい?」

由 「はいっ、とっても」

どんどん濡れてくるまんこに我慢できなくなり

俺 「じゃあ今度は由紀ちゃんが俺のこと気持ちよくして」

由 「わかりました」

俺 「そしたら乳首から舐めて」

由 「はっ、はい」

その舌使いに俺は驚いた。

俺 「舐めるの上手だねー」

由 「そっ、そうですか?」

俺 「すげー気持ちいよ」

すると驚くことに由紀ちゃん自ら俺のあそこをパンツ越しに触ってきた。

由 「先輩のこの前みたいに硬くなってますね...」

俺 「うん、だって由紀ちゃんが可愛いんだもん」

由紀ちゃんは俺のパンツをゆっくり下ろし始めた

由 「触りますよ」

俺 「いいよ」

由紀ちゃんはこの前教えたとおりに俺のあそこをしごき始めた。

少しすると唾液をあそこに垂らしてしごく由紀ちゃん。

由 「先輩、どうですか?」

俺 「うん、気持ちよ」

由 「よかったっ」

俺 「フェラチオって知ってる?」

由 「おちんちんを舐めるんですよね?」

俺 「そう。やってみる?」

由紀ちゃんはギンギンになっている俺のあそこを静かに舐め始める。

その可愛い舐め方に凄く興奮する俺。

俺 「口を開けて咥えてみよっか?」

由 「はいるかなー?」

俺 「大丈夫。じゃあやってみて」

自慢じゃないが俺のあそこはそこそこのサイズである。

由紀ちゃんは口を大きく開けて俺のあそこを咥えた。

少し苦しそうな表情になった。

俺 「大丈夫?」

由 「はっ、はい」

俺 「そしたら口を上下させてみよっか」

ゆっくり上下運動をはじめる由紀ちゃんだが、

慣れてないせいか歯が俺のあそこにもろに当たる。

けどその頑張ってフェラしている由紀ちゃんをみてると、痛みなどは感じなかった。

俺 「どう、おちんちんのお味は?」

由 「石鹸の味がします」

俺 「そりゃー、シャワー浴びた後だからだよ(笑)」

由 「そっ、そうですねよ(笑)」

久しぶりに笑顔になる由紀ちゃん

俺 「じゃあ、いよいよ挿れてみよっか?」

由 「は、はい」

 

その言葉に一瞬顔が強張った。その表情を見た俺は優しく抱きしめて、耳元で

俺 「大丈夫。ゆっくりするから」

由 「お願いします...」

俺 「じゃあゴムつけるね」

由 「はい」

そしていよいよ

俺 「大丈夫?挿れるよ!」

由 「はい」

俺のあそこが由紀ちゃんのまんこの中に入っていく。

俺 「痛くない?」

由 「ちょっと痛いです。でも、大丈夫です」

俺 「そう。すこしずつ動かしていくね」

由 「はい」

ぐっと目を閉じ、両手も握りこぶしになっている由紀ちゃん

俺 「気持ちい?」

由 「あんまり」

俺 「最初はそうなんだよ」

そういうと正乗位でゆっくりとピストン運動を繰り返す。

しだいに由紀ちゃんのまんこから血がにじみ始めた。

俺 「血がでてきたね」

由 「はい」

俺 「みんな最初はそうだから大丈夫だよ」

徐々に由紀ちゃんの力も抜けてきた

俺 「じゃあ体勢変えよっか」

由 「わかりました」

一度ぬいてから由紀ちゃんを四つんばいの体勢にさせバックを始めた

俺 「どう?」

由 「さっきとちょっと感触が違います」

そういうと小さな声で喘ぎ始めた

由 「うっ、うっ、うっ」

再び正乗位にもどしさっきよりも少し激しく突く。

由 「うっー、うっー、あっー、あっー 」

そして俺は絶頂に近づく

俺 「あっ、逝きそう」

由 「あっー、うっー」

俺 「あー、いくー」

由 「うっ、うっ、うっ、うっ」

絶頂に達した俺はゆっくりと由紀ちゃんのまんこから引き抜いてゴムを外した。

俺 「これが精子だよ」

由 「へぇー」

俺 「またおちんちん舐めてくれる」

由 「はいっ」

俺 「どんな味がする?」

由 「にっ、苦いです(笑)」

俺 「それが精子の味なんだよ」

そう言うと優しく由紀ちゃんを抱きしめキスをした。

俺 「どうだった」

由 「なんか、あっという間でした...」

俺 「これで大人の女性の仲間入りだね」

由 「先輩、ありがとうございました」

俺 「いいえー」

その後2人でシャワーを浴び、服に着替えて、

由紀ちゃんのアパートまで送って帰った。

1ヶ月位経った頃に、

由紀ちゃんには同級生の彼氏ができてとても幸せそうだった。

その様子を見た俺もなんだか嬉しくなってきた。

由紀ちゃんとはあれ依頼エッチはしていないが、

俺が卒業するまで仲良くした。

これが高校3年の時にあった俺の体験談である

長文失礼しました。

読みにくい箇所もあったかと思います。

読んで下さったみなさんありがとうございました。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする