両手に余るチブサ、ものすごく熱い膣内![セックス体験]

2ヶ月前になりますが、社用で関西方面に出張した際、

仕事の帰りに大阪の比較的有名なヘルスに寄りました。

(本当は泡のお風呂等が良かったのですが、

小遣いを握られている私にはあんまり余力が無かったんです)

週末ということもあって、私の前には3人ほど並んでいました。

このため、指名しようとした子はみんな取られてしまい、

「オッパイの大きな子なら、誰でもいいよ」と

いって待つことにすると、すぐ、相手の女の子があてがわれてきたのですが、

「○子です。よろしゅう」といった顔を見て絶句!

な・な・なんと中〇・高校の同級生の○○○がお辞儀をしているじゃないですか。

部屋に入るとお互い「参った、参った」の連発!

彼女確か結婚したはずだよな、やっぱり帰ろうかななんて思っていると、

「ウチのこと誰かに話す気?」

「まさか」。

サービスするからということで、

覚悟を決めて一緒にシャワーを。

昔からバストもヒップも大きかったけど、

コイツこんなにムッチリシテイタノカ。

水着以外の姿を見るのは初めてだし、

マンコもきれいに剃ってあってすごく興奮。

シャワー室で咥えられたら、

まるで初めての時みたいにあっというまに発射!

○○○の喉の奥に大量の金玉汁を流し込んでしまいました。

コッチは少々ショックだったのだけれど、

女は強いですね。「×××(私)のものすごく苦いワ~。溜まってたン?」

そう、私のはさっきイッたばかりだというのに

部屋に戻るまでなお「元気印」のままだったんです。

ベットに横たわると彼女「良く見て」。

大きめのビラビラが妙にイヤラシイ。

クリトリスも大きくて感度良好!

ああ、どうしてもコイツのおまんこに入れたい。

「なあ、入れさせてくれへん?」すると彼女、

私のモノを優しく握ると、

熱い壷の中に導いてくれました。

生ハメや、すごい快感! 

両手に余るチブサ、ものすごく熱い膣内!

今度も本当にすぐイキそう。

「イ、イキそうや」

「ええのよ、いっぱい出して」

「このまま中出し、ええんか」

黙って肯く彼女を抱きしめながら、どぴゅ。

膣の中どころか、子宮の中に直接放出したような

快感にしばらく動けませんでした。

「×××の、すごく熱いんやなア」。

今度デートせえへん?と聞く私に、

「引っ越しするんや。今日でこの店終りやねん」

聞けば、旦那とは約1年前に別れたそうです。それならこれから

と、なお、せがむ私に「子供を迎えにいかな」。

以来、2回の出張の折、店を訪ねてみましたが、

彼女の姿はありませんでした。

ああ、もういちどアイツのおまんこの感触を確かめてみたい。

と、いうわけで、私の体験談を終わります。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする