あっ…動かさないで下さい…んあっ…[エッチ体験]

離婚して2年ちょっとのある日、久し振りに風俗に行ってみた。

離婚のショックで、2年以上リアルな女体にはご無沙汰だったし。

一応知り合いに会いたく無かったから、

使わない沿線の街に車で行った。

ちょうど仕事が半休だったから、

そのまま向って13時過ぎに到着。

ネット割引(指名無し)の後、ラブホを指定された。

ざっと写真を見たけど、爆弾もいない感じ。

若い子じゃなくて、人妻だったら嬉しいって伝えておいた。

ラブホに着いてタバコを吸って10分ぐらい。

扉をノックする音がして、扉を開いた。

ガチャッ・・・

心臓が飛び出るかと思いました。

多分相手も。

手提げポーチを持って立っていたのは、なんと知り合いの奥さん。

お互いに目が点状態。

「あ…どうぞ…」

奥さんは下を向きながら、小走りで部屋に入ってきた。

この奥さんとは、先月に1回だけ会っている。

仕事の付き合いで打ち上げに参加した時、

旦那と一緒にやってきていた。

その旦那ってのが最悪で、

見た目はカッコイイんだけど、意地が悪い性格の持ち主。

奥さんだけは綺麗だよなって、その時も話題になってた。

その奥さんが目の前に現れたからビックリですよ。

扉を閉めて部屋に戻ると、

奥さんはソワソワモジモジして突っ立ってた。

「あの…岩谷さんですよね…」

「あぁ……あの…」

「いや…いいんですよ、色々と事情はあると思うんで」

「あ…はい…でも…」

「とりあえずお茶でも飲みます?」

「あ…はい…でも…チェンジしましょうか?」

「いやいやいいですよ、とりあえず落ち着きましょうか」

事前に買ってきたお茶を手渡し、

オレはベッド、奥さんはソファーに腰掛けた。

奥さんはかなり動揺しているようで、

何度もお茶を口に含みながら俯いてた。

「やっぱり旦那さんには…」

「はい、秘密です。

お願いします…主人にこの事は…」

「言いませんよ、誰にも」

「お願いします。

じゃないとアタシ…」

「大丈夫ですよ、言いませんから。

それより電話しないといけないんじゃ?」

「あっ…そうだ…失礼します」

そういって奥さんは店に電話をした。

俺はゆっくり楽しもうと思って、2万円の180分コース。

こりゃーお金を捨てちゃったかなって思ってた。

玄関の方に向かって電話をしている奥さんの後姿。

薄いワンピース姿で、ケツがプリッとしている。

スレンダーで綺麗な足をしているせいか、全体的には痩せて見える体型。

でも胸もケツもボリュームがあって、見ていたらムラムラし始めた。

電話を切った奥さんはまたソファーに座り、お茶をすすっていた。

「なんかあったんですか?岩谷さんは給料も良いでしょ」

「えぇ…まぁ…はい…」

「誰にも言いませんから、もう遠慮しないで普通にして下さい、ね?」

「はい…スミマセン」

「あはは…リラックスして下さいね。

って何でまた?」

「はい…生活費というか、自分のお金というか…」

「あぁ~~、旦那さんからのお金じゃ足りないって事ですか」

「はい…そうですね」

「いつから働いてるんですか?」

「えっと…3か月ぐらい前から…でも週に2回とか…」

「じゃ~ここで会ったのも、運が悪かったってだけですね」

ポーチを膝の上に乗せて、モジモジしながらお茶を飲む奥さん。

だんだんムラムラが最高潮になってきた。

いつも意地悪されてるし、

そんなヤツの奥さんを好きにできるかもしれないし。

「ねぇ~奥さん、ちょっと舐めてくれますか?」

立ち上がってジッパーを下げながら、奥さんに近づいて行った。

「えっ?ちょっ…と…あの…」

「大丈夫ですよ、誰にも言わないし風呂にも入ってきたし」

ポロんと目の前に半勃起したチンコを差し出した。

奥さんは俺のチンコをガン見した後、下を向いたままモジモジ。

「ねっ?ほら…」

持っているお茶を取りあげて、その手でチンコを握らせた。

俺はその手を握りしめて、無理矢理シコシコ動かしてみた。

「奥さんも早く終わらせた方が良いと思うけど」

「はい…」

奥さんの頭を撫でながら言ったけど、実は俺は遅漏。

フェラごときじゃイクはずもない。

奥さんは諦めたのか、ポーチを握りしめたまま、

亀頭を舌先でクルクルと舐め始めた。

全身にゾクゾクッとした快感が走った。

あの旦那の奥さんが、今俺のチンコを舐めてる。

しかも風呂に入ったとか言ったけど、

そんなもんは入ってないから即尺。

奥さんは根元をシコシコしながら、丁寧に亀頭を舐めまわしてた。

教育されているのか、カリを舌先で丁寧になぞったりしてる。

すぐにしゃぶりつかないとこがいい。

奥さんが亀頭を咥えこんだ時には、我慢汁が大量に出てたと思う。

音をたてながら、ホホをへこませてしゃぶる奥さん。

すっごい気持ち良くて、

俺は腰を曲げて両方のオッパイに手を伸ばした。

「いやっ…」

身をよじって逃げようとしてたが、

強引に洋服の上からオッパイをガッチシ握った。

やっぱり想像通り大きな胸で、手に余るほどの大きさだった。

しかもプニュプニュでボリュームもある。

久し振りの女体だったから、ゆっくりとおっぱいを揉みまくった。

奥さんはクンクン鼻を鳴らすような吐息を出しながら、

チンコを懸命にしゃぶってた。

胸の谷間から手を差し込むと、ブラから乳首が飛び出てた。

その乳首を軽く摘まむと、「あっ…」と声を出す奥さん。

見た目とは違って、もしかしてこの奥さん淫乱系?

そう思ったら楽しくなってきちゃって、

その乳首を引っ張ったり摘まんだりしてみた。

この奥さん、強く引っ張る方が気持ちイイみたい。

摘まんでキューッと強めに引っ張ると、

「んんん…」と身をよじりながら眉間にシワを寄せてる。

しかも咥えた口の中で、舌だけはベロンベロン動かしまくり。

立ってるのもつらくなってきたんで、

しゃぶらせたままベッドに腰かけた。

奥さんの頭を掴んでたから、

奥さんも引っ張られる感じで。

俺が座ると奥さんはカーペットに膝まづきしゃぶってる。

後ろに倒れて仰向けになりながら、

奥さんのフェラを堪能してた。

奥さんのフェラはだんだん本性を現してきたのか、

本格的になってた。

予想以上に奥まで咥えこんでたし、

頭をねじりながらのディープスロート。

しかも音が凄い。

ジュポジュポジュルジュル出まくり。

しゃぶりながら「んぁ…」って吐息まで漏らしてたし。

俺は起き上がって奥さんのオッパイを揉んだ。

奥さんも揉まれるのに慣れてきたのか、腰をクネらせる。

背中を触りつつ、ワンピースを徐々に持ち上げていった。

「んっ…んっ…」

少し抵抗したけどスルリとスカートがめくれて、

形の良いケツが出てきた。

はいているのは白のTバック。

「うわぁ~やらしい下着だなぁ~奥さん」

「いや…やめて…」

「仕事用?いつも?」

「仕事用です…」

「じゃ~濡れても大丈夫なんだ?」

「んっ……」

意地悪がしたくなって、俺は足の親指でアソコに触れてみた。

触れた瞬間、奥さんの腰が上がったけど、

足の甲でアソコを押さえてやった。

しゃぶりながらケツをクネクネさせてる奥さん。

「ねぇ~自分で腰を動かしてみてよ」

「いやです…やめて下さい…」

「あっそ。

じゃ~ヤメるわ…」

立ち上がろうとすると、奥さんがしがみついてきた。

「やります。

やりますから…」

「じゃ~親指にアソコを擦りつけるんだよ?やってみて」

言われた通りに、奥さんは俺の親指にアソコを擦りつけ始めた。

既に濡れているのか、アソコはかなりアツくなってた。

初めはぎこち無く腰を動かしてたが、

コツが分かったようで滑らかな動きになってきた。

しかもチンコを口に含みながら、

鼻から抜ける吐息交じりの喘ぎ声まで出して。

俺も調子に乗って親指をクネクネ動かしてみた。

「あっ…動かさないで下さい…んあっ…」

動かさないでとか言いながら、奥さんの腰の動きは止まって無い。

だから下着の横から親指を直接アソコに当てられないか、

親指を動かしまくった。

ジョリッて感じで下着の縁から、いきなり滑ったアソコに親指が触れた。

「んやっ!…だめっ…」

そこはグッチョリ濡れてた。

「奥さん…親指でこんなに濡れてるんですか?やらしいなぁ~」

「言わないで下さい…はっ…あっ…」

しばらく親指で弄んでから、奥さんをベッドに寝かせた。

もうその頃には諦めてたみたいで、言う事を素直に聞いてた。

ワンピースを脱がせて下着姿にすると、

スタイルの良い裸体が現れた。

ガリガリに痩せている感じじゃなくて、

痩せてるけど出るとこは出てる感じ。

クビレもたいしたもんで、

離婚した元妻なんか比較にならないスタイルだった。

俺はむしゃぶりついた。

奥さんは声を出さないよう頑張ってるようで、口に手をあててた。

でもそれはアソコを舐め始めて終わった。

奥さんのアソコは無毛に近いほど、陰毛が薄かった。

恥骨の上にチョロチョロっと生えている程度、あどはパイパンのアソコ。

剃ってるわけじゃないみたいで、ホントにツルツル。

そのアソコを両手で広げてむしゃぶりついた。

「んああっ!だめっ!あっあっ!んやっ!あっ…!」

クリトリスをいじりまくってるのか、少し大きめのお豆だった。

そこを中心に舐めまくった。

口を離してみると、

俺の唾液だけじゃなくて明らかに奥さんの汁が溢れてた。

アナルにまで流れてる汁をすくって奥さんに見せてみた。

「こんなにやらしい汁出てるよ、見かけ以上にエロいんだね」

「そんな…言わないで下さい…」

ネチョネチョになってるアソコに中指をニュルニュルと入れた。

シマリは良くて指をギューギュー締め付けてくる。

中指の第二関節辺りまで入れて、Gスポットを探した。

探している最中から奥さんの声は凄くて、

Gスポットを触り出すとかなりヤバかった。

腰を勝手に浮かせて、ウネウネと動かしてたし。

「ダメですっ!いやっっ…だめぇーっ!あぁーーっだめっ!」

「イッてもいいよ、奥さんのやらしい姿見せてごらんよ」

「いやぁーーっ!んあぁーーーっ…あっあっあっ…」

奥さんはイクとは言わずにイッたみたいだった。

膣内がギューッと締まってきて、内モモがビクビク痙攣してたし。

指を抜いてみると、中指がふやけてて手のひらにまで汁が滴ってた。

「奥さん…見てよこれ。

こんなに濡らしちゃってさ。

やらしいね」

「だって…だって…」

「奥さん、入れてもいいよね?ゴムつけて」

「えっ?…それは…はい…大丈夫です…」

困惑した表情になってたけど、バラされたくないらしく了解してくれた。

備え付けのゴムを装着して、俺はチンコを擦りつけた。

「ねぇ~奥さんが持って入れてよ」

「はい…」

チンコを握ってアソコにあてがい、亀頭を穴に押し当ててきた。

ヌルヌルになってたから、ツルンと簡単に亀頭が入った。

「はぁっ…」

「奥さんのアソコはキツいなぁ~亀頭がちぎれそうだよ」

「いやっ…言わないで…下さい…はぁぁっ…」

じょじょに奥まで押し込んでみると、根元の少し手前で子宮に到達した。

出し入れをしないで、まずは子宮を刺激するように腰をグラインドさせた。

これは元妻が好きな動きで、これだけで何回もイッてた。

セックスに慣れて良さを知ってる女は、この動きが好きだって言ってた。

だから奥さんにもやってみたらドンピシャ。

必死に手の甲を口あてて我慢してたけど、それもすぐに諦めてた。

子宮口ってのがあるんだけど、そこをポイントに攻めまくった。

グリングリン亀頭で刺激しまくったら、奥さんも乱れる乱れる。

「奥さん気持ち良いんだろ?」

「ふぁっ…あっ…そんなっ…はぁっ!…んぅ…」

「気持ち良いなら気持ち良いって言えばスッキリするのに」

足を抱えるようにしてさらに攻めたててみた。

「いいんだろ?」

「はぅ…んあぁっ…はい…いい…ですっ…」

「じゃ~もっとやってやるよ」

「いやぁーーっ!だめっだめっ…いやっあっあっ…」

まだまだ理性が残ってるようだった。

別れた妻ともよくこんな遊びをやってた。

理性が吹き飛んだりすると、抱き付いてきたりキスしてきたりするらしい。

好きでもない男なのに、気持ち良くてもうどうにでもなれって思うらしいね。

わざとキスとかしないでやるんだけど、向こうから口にむしゃぶりついてくる。

この奥さんはまだそんな事もしてこない。

だから元妻が1番好きだった腰の動きをやってみた。

浅い出し入れを数回小刻みにやって、深く入れて奥をグリグリ。

予想通り、奥さんの反応はヤバかった。

仰け反って口を大きく開けたまま、声にならない声をだして感じてる。

頃合いかなと思って、奥さんの顔に顔を近付けてみた。

奥さんの目を見ながら、腰をグリグリグラインドさせた。

俺の目を見つめる奥さんの目は、もう理性なんて吹き飛んでるっぽかった。

見つめ合いながらわざと顔をスレスレまで近付けてみると

やっぱりこの奥さんも俺の口に吸い付いてきた。

そして激しく舌を捻じ込んできて、俺の首に手を回してきた。

こうなったら完全にメス豚。

一気にグラインドする腰の動きを加速させた。

そしたらものの数秒で奥さんは絶頂に達した。

「イクッイクッ!ダメっ!!いっちゃう!!!いくっぅっ!!」

強く抱き付いてきて体を密着させてきながら絶頂に達してた。

それでも俺は腰の動きを止めず、今度は激しい出し入れに切り替えた。

奥さんは半分白目になったりしながら、口をパクパクさせてた。

俺が舌を突き出すと、何も言ってないのに舌にしゃぶりついてくるし。

他人の…しかも知り合いの奥さんなだけあって、俺もかなり興奮した。

だから遅漏なのに正常位しか楽しめないまま、ゴムの中に放出した。

中に出した後も、しばらく抱きあってた。

奥さんはゼーゼー荒い息をして、俺にずっと抱き付いてた。

時計を見たらあと30分ぐらい残ってた。

そういえば奥さんはタイマーを動かしてない。

「あと30分ぐらいあるからシャワー浴びようか」

「はい…」

フラついてたから抱えるようにしてシャワーへ運んだ。

狭くて汚い風呂だったから、チャッチャと洗って先に出た。

備え付けの冷蔵庫からビールを取り出し、飲みながら奥さんを待った。

バスタオルを巻いた奥さんは、俺に背を向けながら下着をつけてた。

その姿が生々しくて、1回だけじゃもったいない気持ちになった。

「ねぇ~奥さん、これは二人だけの秘密にしようね」

「はい…お願いします…」

「じゃ~さ、今度からは奥さんが相手してくれる?」

「えっ??」

「だって俺、今独り身だし。

風俗に行くぐらいなら、奥さんの方が良いし」

「でも…それは…」

「どうせ秘密なんだしさ、ね?」

渋々奥さんは了解してくれて、互いの連絡先を交換した。

もちろんお店を通してのセックスなんてするつもりはない。

直接会って、たっぷりと楽しむつもりだった。



ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!