ローションのぬるぬるでアナルに指をいれてみたり… [エッチ体験]

とある日曜日、競馬で大勝をしたので、生まれて始めてソープランドというものに行ってみた。おれは童貞ではないが、どちらかと言うと残念な見た目なのでここ最近は全然セックスをしていない28歳。
 初めての風俗と久しぶりのセックスなのでドキドキわくわくしながら、店(60分2万円の大衆店)に到着。俺以外に客はいなく、中に通されてすぐにパネルを数枚わたされた。
どの姫もいまいち決め手に欠けていたのでどうしようかと迷っていたらボーイさんが、
「パネルはないのですが、今入店したばかりのかわいい女の子がいますが、いかがなさいますか?」
 というのでその子を指名。
 すぐに呼ばれて姫と対面するのだが、見た瞬間に衝撃が走った。
 すごく可愛い・・・TBSの小林麻耶な感じだ。

その子はなぜか私服でAVやエロ本の知識だと、ドレスや下着のような格好で案内じゃないのか?と疑問だったがすごくおどおどした感じで手をつないで部屋まで案内された。
 部屋に入った瞬間、我慢できずに後ろから抱きつき耳をパクッとくわえると「ひゃっ」と驚いた声を出す。
 そのまま耳から首筋まで舐めると「ふぅぁ・・・ぁ・・・」とあえぎ声ともため息ともつかない声。
 麻耶は俺を振りほどこうとするも、190cm近くあって、無駄にピザな俺を女の子が振りほどけるはずもなく、耳を舐めながら
「耳かんじるの?」
 と聞くと
「二回目だからわかんない・・・・」
「ん?俺が二人目のお客ってこと?」
「うんん、これが二回目のエッチなんです・・・」
 ほぼ処女。しかも美少女。キタ━!
 ということでテンション超アップ。
 すぐに麻耶にフロントに連絡させ、ラストまで延長することを伝える。
 その間におれは服を脱ぐ。
 今、面接にやってきてそのまま体験入店と言うことで講習も無く俺についたみたいだ。
「それで私服なのか」
 と妙に納得してそのまま麻耶の私服を脱がせながら攻めてみます。
 一枚脱がせるごとに現れた肌を嘗め回し、触るか触らないかで撫で回す。
 麻耶は大きい声は出さないのですが、触れるたびに可愛い吐息で応えてくれます。
 まっピンクの乳首を吸うと少し大きい声で「はあぁぁ・・んん・・」
 そして下をさわるとパンツがビッショリです。
「もう、びっちょりじゃん、やっぱり麻耶はエッチなんだ」
 というと、顔を真っ赤にしながら一生懸命横に振ります。このときの目を瞑って口を一文字にするしぐさにとても萌え。
 パンツと靴下だけの麻耶を抱きかかえベットに向かうと「シャワーが先・・・」と抵抗しますがこちらは190ピザ・・・・
 麻耶をベットに寝かせ下着の上からあそこを嘗め回します。
 そこは普段着の下着+シャワーもしていないので、天然のにおい。麻耶が一生懸命「ダメ・・・汚い・・・ふぅうう・・ああ」と俺の頭を抑えて抵抗していますが一心不乱にクンニ。
「ダメ・・シャワー・・」といってますが無視。
 下着を脱がせると予想通りのまっピンクのきれいなあそこと予想の斜め上を行く無毛のの土手。もう大興奮であそこを嘗め回し、下をあそこに付けて顔をぐわんぐわん回しているとどんどん奥から溢れてきます。
 麻耶はクリトリスが感じるみたいで舌を強く押し当てて顔を左右に振ると、
「だめ・・だめっ・・ああ・・・だめぇぇええええ」
 と太ももで顔をはさみながら大絶叫。
 そのまま続けていると麻耶の太ももから力が抜けたので「いったのか?」と思ってあそこを舐めるとお漏らししたのかと思うくらい濡れています。
 おれのチンコも限界。先から何かわからないものが大量にあふれています。
 意を決して生のまま挿入。
麻耶は「はあっぁ・・気持ちいい・・」感じているようなのでお構いなしに動いていると途中でハッと気づいたように
「ダメ・・ゴム」
 と言いながら一生懸命俺を押しのけようとしますが、いかんせん190ピザ。
 両手を押さえつけながら半泣きのことセックスしているとレ××しているような気分です。
 そのままキス。すると麻耶が積極的に舌を絡めてきます。唾液いっぱいの麻耶のキスに興奮してしまい、ピストンのスピードをあげると麻耶が抵抗をやめ両手で抱きついてきます。
 ここで我慢の限界が来て最初の中田氏。人生で一番の量だったと思います。
 中に出されたことに気づいた麻耶が泣き出しましたが、麻耶の頭をなでながら、
「ソープだから中田氏はしょうがないんだよ・・・」
 と間違った情報で優しく慰めてみます。
「それに麻耶もいっぱい感じてたでしょ?」
 というと、泣き顔で可愛くコクリとうなずきます。
 そのまま2・3回戦に突入して、全部中田氏。
 やっと麻耶念願のお風呂タイム。ただお互いマットの知識は無いのでまた、AVとエロ本の見よう見まねでマットプレイ。
 素人二人でもローションのぬるぬるを楽しんで、お互いのアナルを舐めあってみたり、ローションのぬるぬるでアナルに指をいれてみたり、中田氏してみたり。
 ローションがなかなか取れないので麻耶がフロントに電話すると「とにかく一生懸命こすれ」とのことなので二人で洗いっこ。また中田氏。
 18時に入ってここまでで22時。残り二時間なのでとりあえず二人でお風呂に入りながら最初から抱いていた疑問をぶつけてみる。
「なんで麻耶ちゃんみたいなこがソープで働いてるの?」
 と聞くと、とても悲しそうな顔になって「借金があるんです・・・」とお決まりの答え。
「やっぱり・・・いくらぐらいなの?」
 と聞いていくと、麻耶は短大に入りたてで先輩にマルチに誘われて気づいたら、サラ金2社で200万ほど借金をしているそうだ。
 仕事柄そういうのを扱っていたので、話を聞く限りおかしいところ(基本的に未成年に金は貸せないなど)が多々あったので、
「契約書を見せてもらったら何とかなる可能性が高いよ」
 とアドヴァイスすると、
「本当ですか?」
 と今日一の笑顔。泣き顔も可愛いが笑顔も最高に可愛い。
 とりあえず時間までにもう一度中田氏してから、待ち合わせをして麻耶の家に。
 契約書類を一読しただけでマルチ会社(今現在は壊滅した)とサラ金2社共から不備がいっぱい出てくるのでそのことを告げると、麻耶が電話を取りソープに電話。
「今日ついた客が中田氏を強要するのでとても働けません」
 と曹操に退店報告。
 たぶん俺は出入り禁止になってるんだろうね。
 そのままその日は麻耶の家に泊まって朝にもう一度中田氏。
 それからマルチ→サラ金1(大手)→サラ金2(恐らくヤミ)と回って金の回収と、借金の踏み倒し。
 麻耶が満面の笑みで「本当にありがとうございました」
 やっぱりこの子の笑顔は可愛い。
 借金がちゃらになって手元にお金が幾分か残ったので、
「サラ金会社が恨みに思っている可能性が高いから引っ越したほうがいいよ。今日はもう遅いからとりあえず、身の回りの荷物だけもって今日はうちに泊まるといいよ。」
 と言ってその日はうちのベットで中田氏。
 それからうちにだんだん麻耶の私物が増えて行き引越し先も決まらないうちに麻耶のアパートを引き払う。
 そのまま同居人として俺のコレクションのAVで研究しながら中田氏を続けたとある日、麻耶が泣きそうな顔で
「実はおなかに赤ちゃんができました・・・私はだまされてソープに行くような馬鹿な女ですが、お嫁にもらってくださいお願いします。」
 俺もそれを聞いたら、なんか涙が出てきて、二人で泣きながら結婚を決意。
 麻耶は結婚してそのまま短大を中退。
 そして、そのまま出産。
 その後も中出しを続け、結婚4年で子供が4人。(女1男3)。
 親からは「避妊ってしってるのか?」と小言を言われつつも、スタイルが全く変わらない麻耶と中田氏継続中。
 とても幸せなのだが、唯一の悩みは長女が俺の遺伝子を色濃く伝わっていることだ。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする