吉原の嬢とやったせいでオンナに目覚めたwww[エッチな話まとめ]

初体験は吉原。

名前は忘れたけど、黒い瞳がキレイなソープ嬢と。

お嬢様風の彼女がハダカになると胸はぺったんこ。

乳首だけがコリコリしてた。

少女のようなオッパイと色白の肌には興奮したなあ。

直径5センチ超のボクのチンチンは激しく勃起。

それを見た彼女も息が荒くなって、

いきなりボクを押し倒してまたがってきた。

はあはあ言いながら、腰をガンガン上下させる彼女。

童貞のボクはなす術もなく、

赤く染まった彼女の頬を見つめていた。

すると彼女がいきなり叫んだ。

「カタくて気持ちイイ!」

そのまま彼女はうつ伏せに倒れてきてボクに抱きついた。

真っ赤な顔をして、はあはあと荒い息のまま、

「私、もうイッちゃったから、好きにしていいよ」

彼女はそう言ったきりマグロに変身した。

女がイクところを初めて見た瞬間だった。

彼女にせがまれて、その日は結局2回ヤッた。

あんまりエッチな女だったから、てっきりベテランの嬢だと思ってた。

後で聞いたら、親と同居して家事手伝いをやっているホントのお嬢様だった。

普段は某地方都市に住んでいて、

月に2週間だけ吉原で働いているという話だった。

なんかオンナってスゴイなあと思った。

あれからもう15年ぐらい経つ。

これまで100人以上の女と寝たけど、

騎乗位で乱れる彼女の姿とあの叫び声は忘れない。

「カタくて気持ちイイ!」

今でも時々思い出してオナニーしている。

ホントはそのころつきあってた彼女と初体験をしたかったんだけど。

ボクのが太いのと、彼女のが細いのとでうまくいかなかった。

二人とも20歳過ぎてたのに、奥手で経験がなかったせいもあったと思う。

彼女と初体験できなかったのは残念だったけど、

吉原の嬢とやったせいでオンナに目覚めた。

それ以来、オンナ遊びがボクの秘密の趣味になった。

おかげでオクテだったボクもオンナゴコロのわかる人になれた気がする。

名前は忘れたけど、オンナを教えてくれた嬢には感謝してる。

今も某地方都市に住んでるのかな。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!