カラダの相性が抜群なハーフのヘルス嬢 [セックス体験談]

マットプレイも楽しめるヘルスへ行ってきた。
指名した女の子は21歳のハーフだった。

父親が日本人、母親がウクライナ人のハーフだが、
ほぼ見た目は外人さん!エマ・ワトソンにちょっと似てた。

さすが美人大国のウクライナの血を引くだけあって美人でした!
スレンダーな身体で色も白く可愛かった。

お乳は小振りなCカップ位で
乳首とマンコはキレイなオレンジがかったピンク色してた。

そして、勿論パイパン!東欧系美少女ティーンそのもの!

でもこの娘、エマちゃん(仮名)は日本生まれの日本育ちで
日本語ペラペラで見掛けの外人ルックとのギャップが萌えポイントだった。

そして・・喘ぎ声も日本人風で「あんあん!」と。
逝く時も「イッちゃう!イッちゃう!」とまんま日本人!
そのアンバランス感が興奮した!

そして嬉しい事に・・
マットプレイでエマちゃんが上に乗って身体を密着させ、
舌で身体を舐めながら身体を前後に滑らして
フェラからキスまでを一連の動作でしてる時、
・・キスしてる時は素股してるんだが、
下がる時にローションのヌルヌル感もあり勢い余って入っちゃった時があった。

一瞬、「あん!」と声を上げたエマちゃんだったが、
すぐに抜くかと思ったら、「入っちゃったねぇ」と言いながら動かない。

狭くてキツくて熱い膣襞に包まれて思わず腰を動かしてしまうと、
「だめぇ、本番禁止ですよ」と言うが、抜かずに微妙に腰を動かすエマちゃん。

我慢できずに一気に激しく突き上げ捲ったら、
「ああああん!だめだめ!あああん!」と大きな声を上げて
俺の胸の上に倒れこんで俺の首にしがみつき喘ぎを噛み殺すエマちゃん。

そのままお尻を掴んで突き上げ続けたら、
「だめだめ!いっちゃう!いっちゃう!いくぅ!」
と膣と身体を痙攣させてイッたエマちゃん。半端無く締まりました!

しばらくすると、
「はぁはぁはぁ・・私・・声・・大きいから」
と外に聞こえなかったか心配げな様子のエマちゃん。

「本番禁止なんだから・・」と言いながらも、抜く気配はなく、
今度は自分からゆっくり腰を上下させ、そして激しく腰を振り始めた。
俺も突き上げ続けた!

「ううっ!イキそう!」
「あああん!だめぇ!中に出しちゃダメぇ!」
と言いながらも首にしがみついて腰を激しく振っているエマちゃん。

たまらず、「あああ!で、出る!」とそのまま中出し!
「ダメダメ!出てる!中はいやぁあ!」と言いながらも
自分から抜く気もなく腰を振って、
「いっちゃう!いくいくいく!」と2度目の昇天!
たっぷりと子宮に注いじゃいました。

そのまま萎えなかったので続けて2回戦!

声が大きいのでタオルを咥えさせて・・。
騎乗位での腰のグラインドが半端じゃなかった。

ヤンキー座りで大股開きでの上下グラインドでは
パイパンに出入りするチンコが丸見えで余計に興奮しました。

バックでは、好きらしく一段と締りが良かった。
経験済らしく、アナルに指を挿れて弄っても気持良さそうだった。
子宮口を鬼突きしちゃいました。

最後は、正常位でチューしながら
たっぷりとまた中出しさせてもらいました。
ホントにキモチ良かった!

カラダの相性がいいね・・って言ってた。

今度、仕事抜きでアナルセックスさせてくれるって・・携帯番号交換しました。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!