母さん以上にいやらしい女っていないかも [セックス体験]

母は顔は目が細く小さな鼻は微妙に上を向いている。
唇は小さく少し突き出しており顎が小さい。
いわゆるブスだけどまあ可愛く見える時もある。
華奢な身体で、頭は中学生のように刈り上げている。
髪が太いので「これが一番楽でいいのよ。」と言っていた。
親父が昨年春から単身赴任から帰ってきた。
親父がいない時は「友達に会う。」と言って毎週のように出かけていた。
夜遅く、と言うより夜中になる日もあった。
あきらかに男がいたのだ。母は妙な雰囲気を全身から出していた。
上手く言えないが生々しいエロさだった。

母の喘ぐ姿を想像しオナニーするようになった。
親父が戻ってきてからは母のそんな雰囲気も薄れてはいたのだが。
その日は親父が朝早くゴルフに出かけた。
俺もあおりを食って起こされ、飯を食い終わってもまだ7時前だった。
寝直すかと思ったが、部屋に戻るのもめんどくさいので
テレビをつけソファでうとうとしていた。

いつのまにか洗濯物を干した母が戻ってきて隣に座ってテレビを見ていた。
Tシャツにキョロットスカート。まあ短パンみたいなスカート。
白い脚が目に入った。

「つまんない。」「チャンネル変える?」俺はテレビのチャンネルをあちこち変えた。
「テレビじゃないわよ。」そう言っでクスっと笑った。
独り言に俺が反応したのおかしかったようだ。
「最近友達と飲みに出かけないね?」俺が聞くと「わかってるくせに。」とまた笑った。

「別れたの?」「しょうがないでしょ。」
「親父とはしないの?」「もうダメなんでしょ。したくもないけど。」
「じゃあ、困っちゃうね、、、、、、、、、、、、、、、、、、俺としてみる?」
「なんか、変な目で見てると思ったら、、やっぱそうなんだ。」またクスっと笑った。
しばらくの沈黙、、。

「せっかく我慢して来たのに。」と俺の顔を見た母。その顔は意地悪そうな、だがいやらしい顔だった。
咄嗟に母を抱き寄せ左手を回し胸を揉み。右手はあそこにあて擦りあげた。
さて、これからどうすれば、、、。
まぬけだが「どうやんの?」と聞いてしまった。

母は笑いながら「脱いで。」と言った。
そして母も裸になった。
おもわず手で股間を隠す俺。「寝て!」
母は俺の手を払いのけ、ペニスを握る。「すごーい。硬いいい!」
そして目をくねらせながら咥えしゃぶったかたと思うと亀頭に胸をこすりつけ、徐々に下にあそこに。

クリトリスと擦り合わせ「うふふ。」と言ってまたしゃぶってコンド-ムをはめた。
「今、ピル飲んでないし、今日危険日なの。」
そして跨ってペニスをあてがうとゆっくり腰を下ろした。
「うわおう!」母は呻き、そして腰を回し始めた。
最初はきつくすぐ出ちまいそうだったが、ヌルヌルし始めると圧迫感はなくこれなら持ちそうと感じた。

小刻みに腰を動かした母。「ああ、気持ちいい!どう?」「俺も気持ちいいよ!」
「「ほんと!嬉しい!」調子にのって俺も腰を突き上げた。
「あん、、」凄く可愛い声で悶えた母、かなり萌えた。
ズン!「アン!」ズン、「アン!」凄く楽しい。

「うふうん、、」は母は時々俺にキス。
「あ、やべえ、出そう!」「あん、もう?」俺はなんとかこらえると母と体勢を入れ替え上になった。
母の脚を両肩に乗せ、思い切り突いた。
「あん、ああ、舌出して!」母のリクエストで舌を絡ませる。

全身がとろける感じの中放出した。
息を整えると2人でシャワーを浴びてまた絡み合った。
もう嬉しくては母のあそこを弄りまくり。悦ばせるコツをつかみイかせようとしたら真剣に怒られた。

「イっちゃうとしばらくダメなの。だからイクのは最後なの!」
最後にイった母は白目を剥き全身ピクピクでちょっと怖かった。
それから平日の夜は隙を見てあそこを弄ったり、精子を飲ませたりした。
親父は土曜日コースに出ない時でも打ちっぱなしに行く。まあ2,3時間は帰らないので即母を貫く。

ピルを飲み始めた母に初めて中だしした時は、いいようもないほどの感動を覚えた。
週末親父も家でゴロゴロしてる時もある。そんな時は母は買い物や実家に行くと言って出かけ、俺も遊びに行くと言って車で出かけた母と合流。
いろんなところでイタズラする。

山の中で母を下半身裸にして車に手をつかせ突き上げたり。
親父が出張でいない夜はこっそり買ったローターで朝から何度もイかせ、脚が何度も吊った母。
「もう、ひどいんだからあ。私を何だと思ってるの?」
「マシーン、そう、母さんは俺専用のセックスマシーンだよ。」

あれからもう一年近くになるけど未だに厭きない。
「彼女も欲しいしエッチしたいけど、母さん以上にいやらしい女っていないかも。」
「やあね。でも後5,6年年はお願いね。」と言う母。
なんとか早く彼女見つけて母から卒業しなければと思う今日この頃です。



ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!