フェラチオで発射寸前だった僕はイクまでそんな時間がかかりませんでした [セックス体験]

僕は大学に入るまでは母と2人暮らしでしたが大学に入り家から遠く離れて1人暮らししていました。
僕が大学二年の時冬休み、祖父が亡くなりました。祖父が住んでいたのは自宅に近いので自宅から通夜、葬式に出席しました。母の喪服姿が僕をそそりました。
葬式が終わり夜遅く自宅に帰ると着替えもまだなのに男から母に電話がありました。
僕は当時年間数日しか帰っていなかったので、判らなかったのですが実は母には同じ歳位の恋人がいるらしいのです。
母はその男と恋人の様に親しげに話しています。
僕は嫉妬しました。
その声が聞きたくなかったので僕は居間から自分の部屋に行きました。

母はその時僕の不機嫌そうな顔に気が付いていました。
部屋に行くと、電話の男と母がSEXしているシーンが思い浮かんできました。
嫉妬しているのにもかかわらず僕の手はペニスを握っていました。
オナニーをしていると突然僕の部屋のドアが空きました。
母はさっきの僕の不機嫌な顔を心配して部屋に来たらしいのでした。

「あ....ごめん」と言って喪服の母はドアを閉めました。
僕は服を着て居間に戻りました。
母は喪服のまま何か考えているみたいでした。
僕はオナニーが見られた恥ずかしさもあって無言でテレビのスイッチを入れました。
すると母は思いつめた顔で「テレビ消して」と言いました。

僕がテレビを消すと母は、
「さっき電話してきたの加藤さんというの。とってもいい人でかあさんは加藤さん好きなの。あなたがいいといえばかあさん再婚したい。かあさんさみしいの」
と言いました。

母は父と死別して10数年たっています。でも僕は許せませんでした。
次の瞬間僕は母を押し倒しました。
母は手足を使って抵抗しましたが喪服を着ている為にその抵抗は弱弱しいものでした。
「何でそんな男好きになったんだ?いつも俺がいない間この家でそいつとSEXしてるのか?」
と聞きました。
「してない。だから離して。やめて」
と母は言いました。

僕は「かあさんは俺のものだ。誰にも渡さない。」と言いました。
そして喪服の胸の部分を開け乳房をあらわににました。
僕は乳房を揉みしゃぶりつきました。
「やめてー」と言う母の声は僕をますます興奮させました。

母は僕の頭をつかみ乳房から離そうと必死でした。
僕は右手を喪服の中に入れパンティの上からおおまんこにさわり、割れ目を擦りました。
そして母の口にディープキスしました。
パンティの中に手を入れクリトリス丹念にいじり濡れてきたおおまんこに指をいれました。

母はあえぎはじめました。
そして母のパンティを引きずり下し、自分の下半身をさらしました。
そして挿入しようと足を掴み股を開かせると、母は、
「それだけはやめて。いけない。なんでもするから」
と頼んできました。
「じゃあシックスナインしよう」
といい母にフェラチオさせ、僕は喪服に頭を突っ込みおおまんこを舐め、
母の分泌液の味を楽しみました。

「もういいよ。かあさん。」
と言い母の口からペニスを抜きました。
そして両足を掴み足を開いてもう一度おおまんこを舐めました。
母はもう終わりと思って油断していたのだと思います。
僕はすばやくペニスをおまんこに当て腰を沈めました。挿入したのです。
母のおまんこは入り口がゆるく十分濡れていたのであっさり入りました。
「いやー」という母の悲痛な声が部屋に響きました。
僕は悪びれて、
「誰もしないとは言っていないし、ここまででやめたらもったいない。これであいつとは終わりだよな」
と酷いことを言いました。

オナニー、フェラチオで発射寸前だった僕はイクまでそんな時間がかかりませんでした。
母のおまんこに大量の精液を出しました。ペニスを抜くと精液がおおまんこからあふれて喪服を汚しました。
母はぐったりして目から涙を溢れさせていました。
僕は母のおおまんこと喪服についている精液を拭きました。
母の嗚咽を聞いていたらサディスティックにSEXしたくなりました。
僕はぐったりした母をバックで犯しました。喪服がとてもそそり、又すぐ母のおおまんこに射精しました。

次の日、母に加藤さんから電話がありました。
僕は電話している母のおおまんこにタッチしたりしてもてあそび、電話を切ったとたん犯しました。
僕は残りの冬休み毎日母を犯し、中出ししました。
その効果もあって母は再婚を諦めたみたいです。

2年たちましたが今では母は僕の恋人になっています。合意でSEXしています。
今年の春からは社会人で自宅に住むので毎日母を愛したいと思っています。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする