二卵性で全く似てない、自分から見ても美人な双子の妹[エッチ体験談]

妹:16歳。仮にアヤとする。高校2年。157cm。体重分からん。細身Cカップ。

友達からモデルのSHIHOに似てるって言われてたけど、兄から見ても少し可愛かった。

俺:16歳。仮にヒデとする。高校2年。ブサメン。173cm。体重63kg。

陸上部のおかげで筋肉ついたチャラマッチョとか筋肉ピアスって呼ばれてた。

ちなみに双子と言っても二卵性で全く似てない。

街中でお互いの友達に出会っても彼氏彼女って間違われるレベル。

一度彼女に勘違いされてMAXビンタ食らっちまったことがある。

その日も普通に買い物(妹の荷物持ち)して家に帰ったのだが、夜に怖いテレビを見たらしく、

「一緒にいて」

と言ってきた。

俺は前日からバイト→合コン→妹の買い物で若さに物を言わせて寝ずにフル稼働だったんで、いつもなら起きて話してるものの寝ちまった。

それで朝方4時頃に目が覚めたら目の前に妹寝てるの。(俺のベット)

しかも服がはだけてて谷間見えてるし、下はパンツだけだった。

ちょうどお前らが好きな白シャツ+パンツルックだった。

俺も男だし、朝立ちしてて慌ててベットから出ようとしたんだよ。

そしたら妹が腕絡ませてきてそのまま動けなくなっちまった。

後から聞いたらこの時既に意識あったらしい。

そんで

「これなんてエロゲ?」

ってアタフタしてる間に妹が目覚ました。

ここから長いからちょっと省略。

結局、

「俺も男だしこれ以上はヤバイ」→「ヒデならいいよ」

もう我慢出来なくなった俺は、目の前の女の子が妹である事すら忘れて服を脱がした。

不思議と罪悪感はなく、

「こいつ綺麗な体してんな」

ぐらいしか思わなかった。

胸を揉んでキスして、耳とか甘噛みしちゃっていよいよって時に重大な事に気がついた。

当時俺が付き合ってた彼女がピル飲んでて毎回生だったからゴムがなかったんだ。

ここまできて生殺しか・・・とウツになってると、

「生でもいいよ」

って耳元で囁いてきた。

そろそろ生理が来る時期だったらしい。

しかし、そんな事よりもびっくりしたのは彼女に

「生でいいよ」

って言われるよりも妹に言われた方が興奮した事だ。

イケナイ事をしているって感覚が多分少しだけ残ってたんだと思う。

だから余計に・・・ね。

とりあえず正常位で挿入した。

なんていうか、今まで経験してきた娘よりもキツくて熱かった。

根元まで挿れる度に

「ヒデッ!ヒデッ!」

って小さな声で呼んでくれた。

俺も夢中で、

「アヤッ!アヤッ!」

って呼んでたと思う。

途中でバックに体勢を変えたんだが、アヤの腰が砕けちゃって立てなくなったのですぐに正常位に戻した。

最後出そうになった時、

「中でいいよ」

って小さな声が聞こえた。

けど、俺の中でそれだけはダメだって思いが浮かんできて、結局腹の上に出した。

次の日はお互い高校だったんだけど、2人ともエッチの後昼まで寝ちゃったからズル休みしてしまった。

俺らは違う学校に通ってたからもうお互いの友達や担任や学校からの電話で携帯がずっと鳴ってたw

そんな妹もこの間嫁に行ってしまってもう家にはいない。

結局何回かエッチはしたが、初めての時の事は今でも鮮明に覚えてる。

俺も今では結婚を考えて付き合ってる彼女もいる。

だから1つの区切りとして誰かに話したかったんだ。

聞いてくれてありがとう。



ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする