女性だから女の感じる所を知り尽くしていて・・ [セックス体験]

今年29歳になる専業主婦です。

主人(35歳)は、医療系企業の営業をしており、

現在は係長に出世し忙しく働いています。

そんな私達には6年前に出来た1人息子がいます。

息子も去年幼稚園に入園し、

数日後には友達が出来て楽しく生活していました。

公園デビューで知り合った奥様方も数人、

同じ幼稚園だったので

ママ友には恵まれていたと思います。

朝、主人と息子を送り出すと、

掃除と洗濯を済ませ専業主婦の自由な時間が始まります。

息子も14時過ぎ位までは帰って来ないので、

TVを見ながら昼食を済ませ

ネットでショッピングなどを楽しんでいました。

その日も息子を迎えに幼稚園に向かうと、

私を見つけた息子が歩いて来たんですが、一緒に歩く男の子がいたんです。

新しい友達かな?

そう思っていました。

息子が近づいて来て

「ママ!お友達のジュン君だよ」

と紹介され

「レオと仲良くしてね」

と言うと

「うん!」

と言いながら隣にいた女性の方へ歩いて行ったんです。

彼女がママか!

ちょっと年上の優しそうな女性で、

向こうも私を見たのでお互い軽く会釈して別れる筈だったんですが、

彼女も同じ方向へ歩いて来るんです。

その内、子供達が近づいて話しながら歩き出したので、

何となく私も彼女に話しかけたんです。

彼女(友紀)さんは35歳で、

最近引っ越して来たばかりらしく、

同じマンションの住人だったんです。

それからというもの、

朝も帰りも子供の送迎は一緒に行く様になり、

昼間もお茶を飲む仲になっていました。

友紀さんの旦那さんは貿易関係の仕事で、

出張も多く家にいる時間が少ないと言うんです。

知らない土地で1人淋しく過ごしていた時に、

私と知り合い嬉しかった様です。

時は進み、私達が知り合って2ヵ月程過ぎた頃でしょうか?

友紀さんの行動が怪しくなってきたんです。

私の前でも平気で着替えるし、私の隣に座って

「恵ちゃんの肌、白くて綺麗ね」

と言いながら触れてくるようになったんです。

それはだんだんエスカレートして、私の胸を触りながら

「恵ちゃんのおっぱい大きいわね!形も良いし羨ましいわ」

と言う始末。

初めはふざけているのかなぁ?と思っていました。

そんなある日、

「恵ちゃん、オナニーとかするの?」

「え・・・しませんよ!」

「本当?まぁ旦那さんに夜可愛がって貰ってるからしないか!」

「そんな事無いんですよ、最近は全然」

「嘘っ・・・まだ若いし、毎晩なんじゃない?」

「そんな事無いですよ、夫は帰りも遅いし・・・」

「ん~そうなんだ。

アソコ淋しくない?」

「えっ・・・何だか恥ずかしいわね。

どうしたの急に・・・」

「恵ちゃんMでしょ?」

「えっ・・・」

「図星だw」

「ん~そう言われるし、そうかも・・・」

そんな時、友紀さんが隣に座って、

私の髪を掻き上げると耳にチュってして来たんです。

「友紀さん?」

「ねぇ、私のこと嫌い?」

「そんなことは無いですけど・・・どうして?」

「じゃ、ちょっと気持ちいいことしようよ」

そう言うといきなりキスをされ、舌を入れて来たんです。

「ん~ん~友・・紀・・さ・・ん・・・ダメ・・・」

友紀さんがキスしながら胸を揉んで来て、

やがてスカートの中に手を入れて来ました。

友紀さんの舌使いに抵抗する事を忘れ、

ただ受け入れ始めてしまったんです。

気づくと私はソファーの上で裸にされ、

彼女にアソコを舐められながら胸を揉まれていて

ハァハァ息を荒らし感じまくっていました。

友紀さんは女性だから女の感じる所を知り尽くしていて、

的確に私の壺を刺激して来て、

私は彼女に何度も逝かされ、

潮を噴いていました。

「恵ちゃん、やっぱりMの素質があるのね。

凄い感じちゃって・・・可愛い」

そう言いながら私にディープキスをしてきました。

何度も逝かされ、頭は真っ白。

夫にもこんなに気持ち良くされた事が無かった私は、

意識が朦朧とするなか彼女のマンコを舐めていました。

フラフラする私を連れ風呂に向かうと

友紀さんはシャワーで私の体を綺麗に洗ってくれ、

2人で着替えを済ませてソファーに座ったんです。

友紀さんがコーヒーを入れてくれ飲んでいると、

「恵ちゃん、どうだった?」

「えっ・・・気持ちよかったです」

「そう、旦那より良かった?」

「え~」

「そろそろ迎えに行こうか?」

何も無かったかのように振舞う友紀さんに、

恥ずかしいと言う気持ちは直ぐに薄れ、

気にすること無いのかな?と思ったんです。

翌日も、その翌日も私は友紀さんに抱かれました。

毎回絶頂を迎え、隠れていたMに火が付いた様に

私もエッチに夢中になっていたんです。

それから、数週間が過ぎた時、

友紀さんが取り出したのはエッチな道具でした。

私はいつもの様に裸にされ、

友紀さんの舌にメロメロにされた所で、

バイブを差し込まれ、ローターでクリトリスを刺激され、

やがてバイブレーターで最高の刺激を与えられ続けたんです。

「友紀さん・・・・ダメ!それ以上されたら・・・私・・・壊れちゃう」

「恵ちゃん、もっとエッチになるのよ。

もっともっといっぱい気持ち良くなって」

「だって・・・・あぁぁぁ~イクゥゥゥ~!」

今まで以上に潮を噴き上げ、

自分でも体が別人の様に感じる程です。

ヘロヘロになった私は友紀さんに身体を洗われ、

息子を迎えに行く頃には疲れ果てています。

そんな暮らしがヵ月以上も続き、

私は身も心も友紀さんに支配され逆らう事が出来ませんでした。

夫との行為も禁止され、

陰毛は全て剃られマンコにはピアスが開けられたんです。

玩具もいつの間にか大きくなっていて、

気づかないうちに私のマンコはガバガバに拡張されていました。

もう終わりにしないと旦那にも何れバレてしまう。

そうなれば家庭も・・・。

そう思いながらも。

彼女の呼び出しに断る事も出来ず、

彼女に命令されるがまま裸にされ、

玩具で逝かされる私。

そんな中、友紀さんはお尻に浣腸を差し込んで来たんです。

「恵ちゃんのマンコ緩くなっちゃったから、今度はこっちで楽しませてね」

「そ・そんな!そこは・・・」

「恵ちゃん、お尻突き出しておねだりは・・・」

「友紀さん!もう許して・・・」

「許してって言いながらもここからダラダラとダラしない汁が溢れているわよ」

「それは・・・」

彼女の指摘に反論する事も出来ないまま、

私は巨大な浣腸をお尻の穴に差し込まれました。

何度も何度も注入され、

もうお腹がパンパンになり痛いんですが、

彼女はそんな私の穴に栓をして

限界まで出させてくれません。

もう爆発寸前で、

栓を抜かれ私は彼女の前に大量の糞を出させられました。

何度も同じことを繰り返され、

腸内を綺麗にするとバイブを差し込んできます。

初めての感触でしたが、

エッチな身体に変えられて私には快感に感じてしまったんです。

彼女の陰部に装着された巨根に差し込まれ、

何度も出し入れを繰り返されると、

私はお尻でも絶頂を味わい、

潮を噴いていました。

新たに加わったアナルプレーは毎日行われ、

意とも簡単にバイブを食い込んで行く穴。

マンコとアナルの同時攻めに私は意識を失う程の感覚に

見舞われ虜となって行きました。

彼女はSMプレーも私に教え込み、

8か月もするとすっかり私は彼女の性〇隷と化したんです。

息子の向かえは浣腸液で満たされたアナルに栓をされノーパン姿です。

彼女はそんな私に容赦なく近寄りマンコに指を入れて来ます。

もう眼界に栓から漏れる浣腸液が太股を伝って流れます。

子供の後ろで、私はお漏らししながら付いて行くんです。

そうして、息子も1年を迎え年長組になりました。

夫との夜の営みは禁じられながらも、

避ける訳に行かず3ヶ月に1回位で行われますが、

夫はシンプルで、布団の中で全て行われるので

私の体の変化に気づいていない様です。

アソコはガバガバで、

夫の物では全く感じる事が出来なくなりました。



ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!