クリちゃん舐めてくんない?[セックス体験]

昔の話です、中〇の修学旅行初日の夜いじめられっ子だった私は、

いつもいじめられていたショウタに呼び出されました。

いやいや部屋に行くと子分共が待ち受けていて、

はがいじめにされてパンツを下ろされました。

そこまではいつものイジメだったのですが、

その時は部屋にショウタの彼女だった由美がいたのです。

当時『もっこり』というあだ名を持っていた私のナニは大きく、

中〇生だった自分には嫌な物でしたが、

それを女子に見られるという

最大の屈辱を味あわされたのです。

その時は先生がやってきてそれ以上の事は起こりませんでしたが、

その日の深夜寝ているところを由美に起こされました。

何の用かと聞くと

「タケルのチンチンって大きいよね、もう一回見せて」

というのです。

私がさっきの屈辱を思い出し拒否すると

「じゃあ、あたしも見せるからさ、だったらいいでしょ」

と言うじゃないですか。

もしかすると何かの罠かもと思いましたが

クラスメートの裸を見たい誘惑には勝てずOKしました。

由美の部屋に行くといつも由美とつるんでいる里香がいて、

三人で窓側のスペースの戸を閉めて、

見せ合いが始まりました。

しかし裸になっても彼女等のあそこは陰毛の影で何も見えず、

逆に勃起した私のナニはいい玩具になっていました。

触られたりフェラされたりさんざんなぶられた後、

由美が私の視線に気付いて

「ごめんね、ちゃんと見せるよ」と、

椅子に座って足を広げました。

間近で見る初めての性器に私が興奮していると

由美が「入れてみる?」と言い出しました。

私が躊躇していると「ショウタにはないしょね」

と言うので、私はやっと安心して、

教えられるままに由美の中に挿入しました。

最初由美は痛がっていましたが、

だんだん喘ぎ声がでて、

最後は自分でクリをいじって、

ビクビク痙攣してイってしまいました。

私がナニを抜こうかどうか迷っていると我にかえった由美が

「セックスが気持ちいいって意味、初めて解った」と言いました。

聞けばショウタのナニは小さくて、

オナニーで指を入れた方が気持ちいいので、

自分はおかしいのかもと思っていたのだそう。

これを聞いて里香も興味がわいたのか、

自分もしたいと言い出したので、

今度は里香に挿入しました。

まだ射精してなかった私は、

こんどこそと思いひたすらに腰を振りましたが、

今度も先にイったのは里香でした。

実は初めて女子にナニを見られて興奮した私は、

寝る前に三度もオナニーしてしまっていたのでした。

イケなかった私ががっかりしていると由美が

「いいよ、タケルがイクまでしても」と言ってくれた。

だから、今度はバックで挿入し、

その日四度目とは思えない濃い精液を、

由美の奥深くにだしました。

射精した後に由美は私のナニを入れたまま

「タケルってさ、自分でシコってばっかいるんでしょ?だからイケないんだよ」

とひどい事を言い、

もう寝るからとさっさと服を着はじめ、

私も雰囲気に逆らえずに自分の部屋に帰りました。

二日目の夜、昨夜の事を思い出して二回もオナニーして寝た私は、

夜中にまた由美に起こされました。

「昨日気持ち良かったからまたしようか?」と言うのです。

私に異存がある訳もなく由美に連れられて布団部屋へ。

中には里香と顔しか知らない他のクラスの娘が二人いました。

「タケルの事話したら、してみたいって言うから」

だそうで名前は友香里と千晶、

さっそく全員全裸になって鑑賞会の始まりです。

最初は友香里でいきなりフェラから、

しかも自分のあそこをいじりながら、

友香里の彼氏は大学生だそうで週に三回はセックスするそうですが

「こんなにおっきくない」と言う。

濡れてきたのでそのまま騎乗位で挿入、

由美や里香に入れたときは

なんだか突っ張った感じがしましたが、

友香里の中はヌルヌルで

なんの抵抗もなく根元まで入ってしまいました。

友香里が「あ、ほんとだ、当る」と言うと

「ね?当たるでしょ」と由美。

友香里が挿入したまま動かないので、

少し余裕の出てきた私がふと視線を移すと、

開いた足の真ん中にクリを発見。

指でそっと触るといきなり友香里がビクッと震えて

「それダメ!」と言いましたが、

無視して触り続けると

「それ、気持ち良い!」と、

後ろに手をついて腰を動かし始めました。

友香里はしばらく声を殺して動いていましたが、

いきなりかばっと前のめりになり、イッてしまいました。

しばらく友香里の胸の感触と体重を堪能していると、

里香が「次はあたし」と言うので交替して挿入。

少し濡れているもののやはり突っ張る感触がして

根元まで1cmくらいの所でそれ以上入らなくなり

「ちょっと痛い」との事、

里香が動かずにいるのでしびれを切らしたのか、

由美が「クリちゃん舐めてくんない?」

と顔にまたがってきました。

腰を動かし始めた里香が気になりましたが、

目の前に広げられたあそこには勝てず言われるままに舐めました。

さんざん舐めておつゆを飲まされた所で、

私に下からピストンされていた里香が

「やっぱあたし、上はだめだわ」

と言うので正常位で挿入。

がんがんに腰を振っていると里香も

「やっぱこれがいい!」

と感じまくってキスまでしてくれ、

そのままイッてしまいました。

そして、もう少しでイキそうな私は

そのままピストン続行していました。

それを見ていた由美が「出すならこっち」

というので、さっき舐めてヌルヌルにした所に挿入、

我慢できずに発射しました。

そうしたら由美は「あったかい・・・」

と気持ち良さそうに受けとめてくれました。

そんな様子を見た里香は

ショウタにも中出しさせてるのかと由美に聞くと

「気持ち悪そうだからしてない」との事、

「なんでタケルにはさせるの」と、

聞かれると

「奥に精液が当たると気持ち良い」と、

うれしい言葉でした。

その後は暴露大会になり、

いままで彼女がいてうらやましかったクラスメート達が

実は影で彼女達にさんざんに言われてる事を知り、

少し自信がつきました。

最後に千晶としましたが、

千晶はたっぷり濡れているのに

「痛い痛い」と言い続け結局最後までは断念。

中出しを味わってみたいという里香と交替して

二回目の発射しました。

すると「あ、確かに気持ち良いかも」

と言う里香と繋がったままでいると

「千晶の彼ってそんなに小さいの、誰と付き合ってるんだっけ?」

と由美の声、なんとはなしに聞いていると千晶が

「マコト先輩」と言いました。

それを聞いて私は背筋が寒くなりました。

マコト先輩こそ3年を仕切る番長のような存在だったからです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!