Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

小太りのオヤジとその部下みたいな人達に何度も挿入されました [セックス体験]

私は小太りのオヤジとその部下みたいな人達に何度も挿入されました。
私が社会人1年目の時、仕事が中々上手く行かずに悩んでました。そんな時、同期の加奈子から「真弓、今度気分転換でスキーでも行かない?」と誘われました。正直あまり乗り気では無かったのですが、仕事のストレスを発散したいと思って行く事にしました。
加奈子とスキーを楽しんで帰ろうとすると車の調子が悪くなり、動かなくなりました。
どうしよう!?とパニクってたら、後ろから来た1台のワゴン車が停まってくれて、
「大丈夫?」
と声をかけてくれたんですね。

私達は本当に嬉しくて、50代のオジサンと連れの若い人達が頼もしく見えました。
オジサンは
「若いのが車見ててあげるから、私達の車に乗っていなさい、寒いでしょ?」
と優しく紳士的だったので、私達は安心して車に乗り込みました。
しばらく車の中でオジサンと話をしていました。

「可愛いねー、彼氏いるの?」
とか聞かれましたが、車を見てもらってるので愛想よくしていると、次第にエスカレートしてきて私の胸を触ろうとしてきました。

私達は怖くなって車から降りようとすると、オジサンが邪魔をしてきて、
「お前ら、もういいぞ!車に戻ってこい!」
と言って私達を挟む形で乗り込んで来て、ワゴン車が走り出してしまいました。

車の中の男達はニヤニヤしながら触ってきて、加奈子は泣いていました。
しばらくすると車が止まって、運転していた男が
「中村さん、着きました!」と言いました。

オジサンは「おっしゃ!」と言って私達に車から降りるように言いました。
私は泣いている加奈子を連れて車から降りると、そこはラブホテルで私はクラッと目眩がしました。

中村というオヤジは「真弓ちゃんは俺がやるから、お前らは4人で加奈子ちゃんをやってやれ!」と、初めて会った時とは全く違う喋り方で言いました。

このホテルは直接部屋に入れるタイプで、私は中村に、加奈子は男達に連れられて別々の部屋に無理矢理押し込まれました。

私は恐ろしくてガクガク震えていると、中村は
「たっぷり挿入してやる!」
と言って私の服を剥ぎ取り、自分も全裸になりました。
中村の体は本当に醜くて、こんな奴に犯されると思うと涙が止まりませんでした。

私の顔の前に中村の勃起したものが来て、
「しゃぶれや、ほれ」
と言われました。必死に首を振って嫌がると、思いっ切り私の頬をビンタしました。

断れば断るだけ容赦なくビンタしてくるので、私はこの男に殺されると思い、口に咥えました。

中村は激しく腰を振り、喉に何度となく当たり、戻しそうになりました。
私がむせて咳き込んでいると、
「次はこっちだよー」
とローションを流しこまれ、挿入されました。

私は処女だったので激痛でしたが、
「真弓ちゃん処女かぁ、ヒヒヒ最高!」
中村は容赦なくて、ニヤけた中村の顔は本当に悪魔のように思えました。

このオヤジは私の体を散々弄んだ後に中出しまでしました。
私が呆然としていると、中村の精子が私の中から溢れ出て来るところを携帯で撮影していました。

「真弓ちゃんも気持ちよかったよねー、よかったね!初めてが俺で」
一瞬ニヤリと笑たかと思ったら、すぐに恐ろしい顔をして
「しゃぶらんか!!」
と怒鳴り散らします。
この男、絶対に頭おかしい。
何をするか分からない恐怖で、私はこの男の言う通りにしました。

フェラに満足すると、様々な体位で何度も犯され中出しされ、精子を飲まされました。
本当に屈辱でした。

こんなオヤジの言いなりで処女を奪われ・・・今もフェラをさせられている。
でも怒らせると殺されると思い、従うしかありませんでした。

しばらく咥えていると部屋のドアが開き男達がゾロゾロと入ってきました。
男達はゲラゲラ笑いながら近付いてきて、中村は部屋を出て行きました。
きっと加奈子を犯しにいったんだ、私はまたこの男達に犯される、そう思うと涙が溢れてきます。

そんな私を男の1人が
「いいねー」
と言いながらビデオで撮影しているのを知り。もうどうにでもなれとヤケになりました。
入れ墨が入っている男もいて、やっぱりヤクザなんだ。と何も考える事が出来なくなりました。

私は男4人に抵抗する事も出来ず。何度となく男達の臭い精子を中に注ぎこまれました。
お尻にも入れられ。そのチンコを咥えさせられたりもしました。

男達が満足すると、私達は再びワゴン車に乗せられました。

加奈子は鼻血の跡もありボロボロで、私もでしたが・・・2人とも放心状態でした。

最後に中村がワゴン車に乗り込んできて、車は発進しました。
中村はチンコを出して、
「早くしゃぶらんか!」
と言い、私と加奈子はビクッとして2人で醜いオヤジのチンコをしゃぶらされました。

中村が私と加奈子の顔に射精したと同時に、私の車が停まってた所に着きました。

中村のチンコに付いた精子を2人で飲み終えると、
「ビデオや写真一杯あるからな、分かるな」
と脅され、ワゴン車は私達を降ろし去っていきました。

それからしばらくして加奈子は仕事を辞めました。
私は中村に週に2回は呼び出されて性処理をさせられています。
スキーなんか行かなきゃよかった・・・後悔しています。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!