愛液のおかげで肉棒はスムーズに膣内をかき回すwww[エッチ体験]

数年前の新年会の時に、前年の暮れに仕事で世話になった隣の課の冷子と話す機会があった。
そこで俺は「今度お礼に晩メシおごるよ。」と言ったら、冷子は「ホントですか?じゃ都合のいい日をメールします。」というような会話をした。
俺には何の下心もなく、なかば冗談のつもりだったので、その後忘れかけていたが、半月くらい後にメールで「急で申し訳ありませんが、今夜じゃダメですか?」と返事が飛んできた。
ちょうどその夜は予定もなく、仕事も早く終わりそうだったので、待ち合わせの場所と時間を指定し、「行きたい店か、食べたい物を考えておくように!」と書き添えて返信した。

冷子はその時27歳。腰近くまで伸びるストレートヘアに、細面で切れ長の眼を持つ典型的美人型。身長は170センチ近くあったが、体も細身で、胸もさほど大きくなかった。

しかし尻が外人のように大きく張っているのは、彼女が好んで着るAラインのロングスカート越しでもよくわかった。

待ち合わせの喫茶店に行くと、いつも冷子と仲良くつるんでいる優樹菜もちゃっかりついて来ていた。淡い期待を抱き始めていた俺は、内心「チッ!」とがっかりしたが、「やぁ、今夜は両手に花だな!」などとオヤジまがいのギャグをかまし、恐縮する優樹菜を歓迎した。

優樹菜は冷子の1つ下の26歳、身長は160センチ少々で中肉からやや細め。
あどけなさの残る大きな瞳と、いつも着ているゆったりした服のおかげで気がつかなかったが、後にかなりのナイスバディであったことを知る。

その夜は結局、「食う」より「飲む」ことになり、彼女たちが希望するホテルのラウンジバーに行った。

飲み始めてしばらくは職場のことなどをにぎやかに話していたが、妙な眼くばせをした途端に二人ともうつむいてしまった。

「ン?」と、何かおねだりするような顔つきで見上げる冷子に問いかけの視線を送ると、「実は、加藤さんにお願いがあるんです。わたしたちを抱いてください!」と小声で一気に喋り、頬を真っ赤に染めてさらに深くうつむいた。

あまりの驚きに思わず椅子から腰を浮かせてしまった俺は、ハンカチを出すフリをして取り繕いながら座り直し、二人に顔を近づけ、ヒソヒソと話した。

俺:「どういうことなの?」
優樹菜:「冷子さんの言ったとおりです。」
俺:「いやだから、何でそんなことを?」
冷子:「こんなところじゃ、詳しく話せません。」
冷子:部屋を取ってありますので、そちらで聞いてもらえますか?」

!?さっきほど驚きはしなかったが、「抱いてくれ?、部屋を用意した??」とワケが解らなくなった。

二人に連れて行かれてツインの部屋に入りると、優樹菜は「ホッ!」と大きなため息をついた。

そうしたら、いつものいたずらっぽい表情で、「ルーム・オーダーして続きを飲みましょ!」と、メニューを繰り始めた。
しかし冷子は相変わらず真っ赤な顔でうつむいている。

注文を済ませると、料理とワインが来るまでの間に交替でシャワーを浴びることになり、冷子と優樹菜は一緒にバスルームに入っていった。(あいつらレズってウォーミング・アップしてるのか?)と思うほど長いシャワーが終わり、バスローブを身にまとった二人は、濡れ髪を拭きながら出てきた。

バスルームに消えるまで続いていた冷子の緊張もほぐれたらしく、長い黒髪にタオルをあてながら小首をかしげて微笑んでいた。

続いて俺が入り、ササッと湯を浴びると、「大事なところ」だけ念入りに洗った。
バスタブの中で体を拭いている間に、ルームサービスが来たらしい物音。
「ツインの部屋にバスローブ姿の男一人と女二人じゃ、何か怪しいよな。」と思った俺は、そのまま音を潜めてボーイが出て行くのを待った。

バスルームを出ると、二人は料理の並んだテーブルと椅子ニ脚を、片方のベッドの近くに運んでいるところだった。

椅子に彼女たち、一段高いベッドの上にあぐらをかいて座る俺。ワインを口にしながら、二人が事情を説明した。

冷子と優樹菜は二人とも地方出身で、エスカレーター式の女子高-女子大を出たので、男とまともに付き合う機会がなかった。就職後も何かと忙しかったし、また周りの男も「同僚」としてしか見てくれなかったとのこと。

俺:「つまり、二人ともバージン?」
優樹菜:「お恥ずかしながら、いまだに」
俺:「でも、何で急にこんな事を俺に?」

冷子がいうには後輩達の体験話を聞かされたり、相談されても答えられなくてアセってたのと、どうせなら入社以来、俺のことが気になっていたらしい。
そして、その冷子から話を散々聞かされた優樹菜もいつしかその気になっていったみたい。

そうとわかればさっそくと、いきたいところだったが、俺には3Pの経験はなかったし、二人ともおそらく「マグロ」になってしまうだろう。
「どうしようか?」と考えつつ、とりあえずもう一方のベッドで川の字に寝転がり、毛布を掛けた。

まずは左に冷子、右に優樹菜、そして二人とも俺の腕枕からの状態からスタート。
俺は二人に、毛布を掛けたまま自分のローブを紐解いて前を開かせた。
そして二人の首を抱え込むような形で、両手の指先を二人の胸の周りから中心に向かってゆっくりと這わせた。

冷子の胸は思っていたとおりBカップ程度で、俺的には好みのサイズだった。
一方の優樹菜は見事な砲弾型で、仰向けになっても型崩れしないほどの張りがあった。

俺は左右同じように指を這わせたが、どうしてもボリュームのある優樹菜のほうが動きが大きくなった。

じらすように、二人の乳首にはなかなか触れず、周辺部から中心近くへ、そしてわざと乳首を迂回して胸の内側へ。
徐々にではあったが、優樹菜の方が先に吐息を漏らし始めた。

しばらく胸への愛撫を続けてから、俺のローブを開かせ、肉棒を触らせた。
ソレは最初、社内でも人気の二人のバージンを頂く緊張と、勝手がわからぬ3Pへの不安でグッタリしていた。
だけど、彼女たちの胸を愛撫する興奮で目覚め始めていた。

二人とも無言で、しかし驚きに眼を見張りながら指先を這わせている。
彼女たちの神経が肉棒の変化に集中しているスキに、毛布を胸の下までさげ、四つの丘を鑑賞しながら乳首に指を這わせた。
そして、つまんだり、転がすように指の腹をすべらせた。

冷子は、いつのまにか露出している自分の乳首への愛撫に気付いて我に返ってしまったが、優樹菜は眼をつぶり、官能の波に身を任せ始めている。

俺は冷子に目配せし、冷子はベッドから降りた。
彼女はそっと降りたのだが、それでも優樹菜はそれに気付き、「冷子さんを先に」と、遠慮した。

しかし俺は二人に、「優樹菜ちゃんのほうが先に準備が整いそうだし、冷子ちゃんは少し様子を見てからのほうが良いだろう。」と話した。

二番目のほうがより楽しめる(長く持続する)というもう一つの理由は、二人とも終わってから話すことにした。

三人ともローブを脱いで一糸まとわぬ姿になり、反対側のベッドで横座りした冷子に見守られながら、俺は冷子に見える向きで優樹菜を横抱きにした。

そして、意外に上手な優樹菜とのキスを楽しみながら、愛撫の指先を首筋から胸、腹、腰、太股、尻へと這いまわせた。

乳輪、乳頭ともやや大きめであるが、綺麗な淡いピンク色。パイズリしたくなるような見事なバスト。
冷子ほどではないが、腰のくびれから柔らかく大きな尻と太股へのライン。
しかし再びじらすように、彼女の秘部にはなかなか触れなかった。

そのうち優樹菜は官能の波から逃れるように、体をよじらせる。俺は優樹菜に「我慢しないで声を出しな。楽になるから。」とささやき、冷子には、「俺の手と同じようにして、自分の体に指を這わせてごらん。」と伝えた。

優樹菜はうなじと乳首が特に感じるようだったので、その二ヵ所を中心にキスの雨を降らせつつ、手とヒザを太股の内側に差し込み、足を軽く開かせた。

しかしまだ彼女の花芯にはふれず、尻タブからアヌス、さらに会陰部周辺をさ迷った。

一方の冷子は「蟻の門渡り」が感じるようで、足を軽く開き、手のひらで自らの蕾を刺激しながら指先で会陰部を愛撫していた。
散々じらした後に俺は、乳首に強く吸い付きながら優樹菜の花弁に手を当てた。

すると、パカッと果実が割れるように秘部が花開き、溢れた愛液が俺の手を濡らした。
優樹菜はようやく訪れた俺の指先に、「はぁ~ん!」と、大きな歓喜のため息をついた。

「コイツはけっこう、オナニーしている。逆に冷子はそういうこともあまりしないようだ。」
そう思った俺は、優樹菜を十分に燃え上がらせ、また冷子にも大きな火をつけさせるために、中指と薬指を一気に優樹菜の膣に差し込み、わざと荒々しく掻き回した。

思ったとおり、優樹菜はさほど痛がらず、腰をヒクヒクさせながら俺にしがみついてくる。
冷子も俺に習い、細く長い二本の指で自分の体内を探っている。

俺は、中指と薬指で秘孔を探り、小指でアヌス周辺を責めた。そしてそうしながら、唇を胸からヘソ、下腹へと移し、パンティ跡のラインや陰毛の生え際に舌を這わせた。
優樹菜の愛液臭が、俺の鼻腔にからみつく。

クンニの必要もないほど優樹菜は既に燃え盛り、俺も「二回戦」に集中力と体力を残しておこうと思ったので、すぐに「いただく」ことにした。
そして正常位の体勢になった俺は、優樹菜の両膝を胸近くまで持ち上げた。

優樹菜は「いよいよ」となると、一瞬正気に戻り、体をこわばらせた。しかし無理に力を入れて拒んだり逃げたりはせず、そのままの姿勢を保った。

優樹菜の膣はキツかったが、素直に受け入れてくれたおかげでわりとすんなり奥まで入る事ができた。

やはりオナニーのし過ぎか破瓜の痛みはあまりないようだった。
俺はしばらくじっとして、優樹菜の締めつけと、からみつくような内壁の感触を楽しんだ。
そのうちふと、「コイツ経験があるのでは?」という疑問を抱き、腰をゆっくりと動かし始めた。

優樹菜は眼をつぶり、俺の首に腕を回してしがみつく。優樹菜の秘孔は素晴らしく俺の肉棒を締めつけ、包み込んだ。浅く、深く。また深く、浅く。肉棒が秘孔の中で踊るたびに、優樹菜は、「ア、アン!」とソプラノボイスで喘ぎその胸は大きく揺れた。

性交時の表情は人によって様々だが、優樹菜は「官能の波を幸せに受け止める」ようないい顔をしていた。

男を幸せな気持ちにしてくれるその声と表情に興奮した俺は、数分も経ないうちに頂点に達してしまった。

「早くて悪いな!」と思いつつも、我慢できなかった俺はペニスを抜くと、優樹菜のヘソのあたりに思いきりブチまけた。

優樹菜は「ア~ンッ!」とひときわ高い声を振り絞ると、俺の責め苦から逃れてホッとしたように、大きな吐息をついた。

自分自身を愛撫する事も忘れ、ことの一部始終を呆然と見ていた冷子にティッシュを取らせると、優樹菜の体を拭いた。

優樹菜の秘部からの出血は無かった。優樹菜はダラリと手足を伸ばし、眼をつぶったまま息を整えている。

俺は優樹菜の愛液に濡れた肉棒はそのままに、冷子の待つもう一方のベッドに登った。

緊張の表情をありありと浮かべる冷子を抱きしめると、何も言わずに唇を重ねると、まだ息が上がり気味で苦しかったが、冷子が落ち着くまでキスを続けた。

優樹菜はシャワーでも浴びるのか、裸のままバスルームに入っていった。
冷子のまだ濡れている髪を撫で付けながら、舌をからませたり、歯の裏をくすぐったりしているうちに、冷子の体から力が抜けてきた。

俺は優樹菜の時と同じように、冷子の唇からうなじ、首、肩、胸へと唇をさ迷わせた。

子供のものみたいに小ぶりだが、既に固く突き出ている乳頭。
色は優樹菜より幾分赤みがかっている。何より驚いたのは、皮膚がとても白く、きめ細かい。
「これがモチ肌というものか?」と感心しながら、滑らかな感触を唇と指で楽しんだ。

そのうち冷子は体をくねらせながら、吐息を漏らす。
今度は優樹菜と異なり、すぐに冷子の花弁を指でもて遊んだ。
一度は濡れたであろう冷子の秘部は、普通のお湿り程度に乾いてしまっていた。そのまま触りつづけてはスレて痛くなりそうなので、俺は唇を彼女の股間に移した。

冷子は、「イヤッ!」とつぶやき、足を閉じようとする。
俺が「優樹菜ちゃんにはしなかったけど、よくやる愛撫だよ。」と言うと、
「ウン・・・」と頷いて、オズオズと足を開いた。

ふともう一方のベッドを見ると、既にバスルームから戻っていた優樹菜が、眼から上だけを残して毛布にくるまり、俺のする事をじっと見ていた。

俺が、「あ・と・で」と口パクで伝えると、笑ったように目を細め、小さくうなづいた。
冷子は優樹菜のようには簡単に燃え上がらなかったが、唾液より粘度の高い液体が染み出しつつある。

冷子は俺の頭をつかみ、時々指に力が入る。
俺はやや小振りな彼女の花芯をしゃぶったり、秘孔の中を舌で探ったりしながら、手で彼女の胸をまさぐった。

先ほど自分で触っていた会陰部はやはりよく感じるようで、「ハアァッ!」と声とも吐息ともつかぬせつない息を発しながら、長い足で俺の頭を締めつける。
やや背中よりの両脇も感じるようで、指を這わせると身もだえ、愛液の量も増えた。

けっこう大所帯の職場でも1・2を争う美人で実は俺も、冷子を気になっていたので、しかも記念すべきバージンをいただく興奮に、俺の肉棒は再びはちきれそうになっていた。

「そろそろ」と思った俺は、ゆっくりと冷子に体を重ね足を開いた。冷子はすがるような瞳で俺を見つめる。
しかし、肉棒が秘部に触れると、冷子はピクンと体を震わせ、足を突っ張ってしまう。

そのために俺はそれ以上進めない。そんな事を数回繰り返してしまい、冷子の秘部はまたも乾いてしまった。
仕方がないので、シックス・ナインの形で俺をまたがらせ、俺の怒張を握ったり、舐めたりさせながら、彼女の秘部への愛撫を再開した。

今度は指も使って少し強めに秘部を愛撫し、彼女にも同じように強めに俺自身を愛撫させた。

しばらくすると先ほどよりしっかり濡れそぼったので、再び正常位になって冷子の腰をがっちり抑え、素早くかつ強引に彼女の中に分け入った。

彼女は「ぎゃっ!」というような短い悲鳴をあげ、痛みから逃れようと腰を引いたが、私は追いかけるように腰を突き出し、奥まで一気に貫いた。

冷子は手を伸ばして俺を求め、捕まえると肩に回してしがみついた。俺の頬を、彼女の涙が濡らした。

さすがに腰周りのタップリした女。冷子の締めつけは優樹菜よりさらにすさまじく、両手両足でしがみつかれたこともあり、挿入したまま動けなかった。

仕方がないので少し気持ちをほぐそうと考え、つながったまま、「まだ痛いか?」、「さっき優樹菜ちゃんのを見ていて、どうだった?」などアレコレ聞いた。

冷子は話しているうちに体の力が抜けてきた。
俺は、「力を入れるなと言っても無理だろうけど、リキまないほうが痛みも少ないから、頑張ってごらん。」と言って、腰を使い始めた。
冷子は「んッ、ふんんッ!」と息を詰め、必死にこらえている。

俺は「これではきっと優樹菜のようには燃えないだろうし、そのうちまた乾いてしまうかもしれない。」と思ったので一気にスパートすべく、大きく、早く、腰を動かした。
しかし優樹菜相手に一度ヌイているので、なかなか頂点に昇りつめない。

冷子は感じるというよりも悲鳴に近いような感じで、「ア、ア、アアッ!」と叫ぶ。
正常位を続けるのに疲れた俺は、上体を起こし、冷子の両ひざを掴んでグルグルと回し、自分の腰も上下・左右にひねりながらピストンを続けた。

すると、その動きと角度が良かったのか、冷子にようやく官能の波が押し寄せ始め、今までとは違うトーンの声を出し始めた。
「ようし!」と調子をつかんだ俺は、腰の動きをさらに大きくし、また深々と突きまくった。
冷子は両手の握りこぶしを胸の上で合わせ、苦痛に耐えるように顔をゆがめる。

締め付けはますます強まるが、新たな愛液のおかげで肉棒はスムーズに膣内をかき回す。
「このままイカせられるか?」と思ったが、俺の方が先に昇りつめてしまった。
いつの間にか夢中になっていた俺は、あやうく中出ししてしまいそうになり、慌てて肉棒を引き抜いた。

なんとか間に合った俺のモノは、陰毛からへその辺りにかけて、優樹菜の時に負けないほどのザーメンをふりまいた。
俺はなんとも言えぬ達成感に満足して、そのまま冷子の上に倒れ込んだ。

大きく息を荒立てている冷子は、腰骨で俺の重みをしっかり支えながら、優しく俺を抱きしめた。
俺は再び冷子のモチ肌を指先で愉しみながら、顔中にキスのシャワーを浴びせると、冷子は目を閉じ、顔をくしゃくしゃにさせながら、
「加藤さん、ありがとう。ホントにありがとう。」
と、つぶやいた。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!