俺のフィニッシュは何故か巨人のマンマンだった… [エッチ体験]

友達と飲んでて、

そいつは明日仕事だから帰ると言い、

終電前なのにさっさと帰りやがった。

ノリ悪すぎだろ…付き合えバカ。

仕方なく、緑茶ハイの缶を買って川の土手の上で飲んでた。

今日も月がキレイだなぁ…

なんて思ってたら何故かヘッドライトか俺を照らした。

マジまぶしすぎww

何故かわからんけど、

さっき食ったゴーヤチャンプルーを川に吐きそうになったwww

こっちは気持ち悪いの必死にこらえてたら、

ヘッドライトの方から笑い声が聞こえた。

よく見ると、女の子2人だった。

最初話しかけてきたのは、なんちゃって倖田來未の27歳。

こいつをじゃー倖田にしましょう。

倖田「こんな時間に1人でなにやってるんですか~~?ww」

この時既にチャンプルーが喉あたりまで来てて、

話しかけんじゃねー!って思ってたww

チャンプルー必死に飲み込んでとりあえず、ありのままを話した。

「友達が帰ってアッパーカットして1人で黄昏てますww」

そしたら、173cmぐらいあるスザンヌを500発ぐらいぶん殴った顔の巨人女が、

(こいつの名前は巨人にしよう)

巨人「それじゃ、一緒に乾杯しましょ~ww」

正直、こいつにゲロぶちまけてやろうかと思ったぐらいのテンションだった。

それからは、普通に世間話。

どこに住んでるんですか~?とか、いくつですか~?とか…

それから1時間ぐらいたったころかな?

いきなり倖田が泣き出した。

俺の中でゲロのターゲットが切り替わった。

で、倖田が泣きじゃくってるのに、いきなり巨人がトチ狂ったかのように、

巨人「私、オッパイデカくて悩んでるんです」

こいつ、友達が泣いてる傍ら何胸デカイアピールしてんだ?

確かに、俺の目分量だがE、Fはあった。

ちなみに俺は貧乳派だ。

その巨人が泣いてる倖田を横目に、俺の手を強引に自分の胸に押し当て。

巨人「肩コリが半端ないんですwww」

俺「知るかwwwってか、友達泣いてるけど平気?」

巨人「いつもお酒入るとこんな感じなんで気にしないで下さいwww」

いや、こいつら頭オカシイと誰しも思うはず。

そこで倖田がまさかの行動に…

倖田「男はみんなオッパイが大きい子が好きなんだ~!!」

と、泣き叫びながらTシャツ脱いで

ブラ1枚で俺のあぐらかいてる足のうえに座ってきた。

そこで、俺のチンチンがフルボッキwwwwが、

ジェントルマンな対応で自分が来てたシャツを着させた。

マジ紳士www

そこで、すかさず巨人が…

巨人「眠いので膝を貸して下さい」

俺酔ってたのに、その一言で興ざめしてしまい、2人を置いて帰りたくなった。

何故だかわからんけど。

なんか、絡んじゃいけない人達だと俺の直感が言ってた。

荷物まとめて明日朝早いからまた遊ぼうね~と、

俺が言った瞬間に泣いてた倖田が…

倖田「私と巨人どっちが好きですか?」

俺「今日始めてあったのにそんな事決められないでしょ」

巨人「じゃー、近くにホテルがあるので三人で行きましょ~ww」

の、言葉と同時に俺の荷物をぶんどり、走り去って行った。

頭が真っ白になったのと同時に初めて女に手をあげてしまう気持ちを抑え、

泣きじゃくる倖田を置いてく訳にもいかずオンブして追いかけた。

ホテルまでマジダッシュwww巨人足速すぎwww

なんとか倖田のケツ触りながらホテル到着。

ロビーで誇らしげにキーを見せびらかす巨人。
顔面ぶっ飛ばしたかったが抑えた。

俺「何してるんですか?」

巨人「部屋を取りましたぁ~~ww」

なぜか巨人もブラ一枚。

その時、俺の所持金2000円ぐらいだっから金は巨人が出してた。

正直、ボロボロの倖田を部屋で寝かして帰るつもりだったが、

巨人と一悶着してる間、

少し目を話した隙に倖田ベットの上で全裸になってた。

倖田の身長は155で乳のサイズはBぐらい。

まぁー痩せてた。

目が丸くなったのが自分でもわかった。

倖田に掛け布団をして水など用意してる間ふと思った。

美人局かと。

この状況はホントにマズイと思い足早に帰ろうとしたが、

カバンの中の俺の携帯がない。

俺「巨人、俺の携帯知らない?」

巨人「金庫に入れてロックしちゃいました~~www」

俺の中で殺意が芽生えた。

俺「そういうのイイから、早く金庫開けろ」

巨人「チューしてくれたら開~けま~すwww」

必死に堪えた。

右手がもう拳を握ってたが、それくらいで帰れるならと我慢してホッペにした。

次の瞬間、何故か俺が巨人から張り手を食らってた。

巨人「口に決まってるじゃないですか~wwwそれじゃ携帯はお預けですww」

ホントにモンゴリアンチョップくらわす一歩手前だったが、

イライラしてたから逆にディープなやつをしてしまった。

下唇を噛み、上の歯の裏を舐め回しベロとか吸いまくった。

反省はしていない。

その最中、ふと倖田の方に目線がいってしまった。

倖田全裸でベットの上に直立不動。

倖田「やっぱり男はオッパイ大きい子が好きなんだ~~!!」

また泣き出す倖田。

で、なぜかわからないが俺は倖田をベットの上に正座させて、

貧乳の素晴らしさを30分程力説していた。

それぐらい俺が貧乳ラブだから仕方ない。

気づくと風呂場からシャワーの音が…

巨人「おっ先~~ww」

俺「おっ先~じゃね~よ!!俺は今、貧乳の素晴らしさを倖田に教えてるんだから黙って梅昆布茶でも飲んどけ!!!」

バスタオル一枚でこぼれんばかりの乳を揺らしながらポットにお茶を入れる巨人。

正直、倖田は普通に俺の好きな体型だったから熱くなってしまったのかもしれない。

しかし空気を読もうともしないのか暇すぎたのかわからないが、

巨人が俺の背後から両肩に乳を乗っけて

巨人「これさえあれば、男はイチコロよ!」

こいつは俺の説得を全て無に返した。

また泣き出す倖田。

いよいよ、キレてピンク色の乳首のでっかい乳に

裏拳をくらわそうした瞬間どこかからかチャックの開く音がした。

倖田「私だって、武器はあるも~~~ん!!!!」

すでに散々の巨乳と貧乳全裸ギャル女のせいで、

はち切れんばかりにオッキしていたチンチンが、

何故か温かくエロいじゅぷじゅぷした音がそこから聞こえてきた。

巨人「展開はやすぎwwwwじゃー、私とはチューしてよ!!」

その瞬間、俺の中で全てがどうでも良くなった。

赤い身はじけた。

上はデカ乳バカ女。

下は貧乳泣き虫ギャル女。

これなんてエロゲ??のコピペが、頭を過ぎった。

でか乳見ると萎えてしまうから巨人はじゃまだったけど、

倖田のフェラがウマすぎてそれどころじゃなかった。

流石、年上のおネーサン。

その後は、巨人と結託して倖田をイジる感じになったけど、

数分前には裏拳くらわそうとしてた巨人といつのまにかすごく仲良くなってた。

なんだかんだで倖田は3回ほど昇天。

やっぱ細くて貧乳の子は感度が素晴らしい。

俺のフィニッシュは何故か巨人のマンマンだった。

一回目は…倖田は耳を、触っただけでアヒャッ!ってなるぐらいの感度。

倖田の左耳と左乳首は俺が。

逆サイドは巨人が。

それだけでハァハァ言い出したから下触ってみたら、すでに大洪水。

倖田はツルツルっていうか毛が薄い。

だから、口でやってもいいかなと思い、いざ実行。

その間、巨人は手でシコシコ。

倖田常にアヘ顔。

巨人なぜか倖田にベロチュー。

気づいたら女2人でやり始めてそれ見て俺シコシコ。

それが二回目。

んで、まぁーやる事やったし、シャワー浴びて帰った。

女の子達は泊まったけど。

携帯は返してもらったが、

その時が楽しすぎたのかわからんが、今では週一回遊んでます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする