Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

昨日は帰ってからオナニーしたの?[セックス体験]

18時33分、仕事で疲れた体を引きずるようにして、いつもの車両に乗り込む。
社会人になって3ヶ月…毎日の帰宅ラッシュにもそろそろ慣れはじめてきていた。
車内に入って正面の開かないドアの脇に立つ。
そこがいつもの私のポジションだ。完全に許容量をオーバーしている電車のドアが無理矢理閉められ、ゆっくり動き出す。普段と変わらない日常…。
帰ったらシャワー浴びてビール飲んでご飯食べて寝よう。

そんなことを考えていた。

ふと、背後に妙な違和感を感じた。

おしりに何かが触れる感覚…人の手だ。

…ち、痴×!?

思わず体が硬直する。

見知らぬ男の片手が、柔らかく包み込むように私のおしりをスカートごしに撫でている。

あきらかに気のせいなんかじゃない。

どうしよう…怖い…気持ち悪い…

私は視線だけをそっと動かして下を見た。

男は片手でおしりを撫で、もう片方の手に持った鞄を私の体に密着させている。

横の人間に気付かれないように隠しているのだろう。

車内は身動きがとれないほどに混雑していたが、私は何とか手を後ろにやり男の手を払いのけた。

しかし、男は触ることをやめてくれはしない。

顔をあげれば、ドアにうつる相手の顔が見えるはずだ。

ちらっと視線だけで見上げると、男の鼻から下だけが見えた。

30代のどこにでもいる普通のサラリーマン…

男の口元がニヤリと笑った気がした。

その瞬間、スカートの裾が持ち上がり、男の手が直に足に触れた。

体がびくっと跳ねる。

男の手には遠慮も躊躇もまったく感じられない。

その手が徐々に前に周り、太もも全体をしつこく這いまわる。

5本の指がまるでそれだけの生き物のように内ももをすーっと這いあがり、下着に到達した。

嘘、やだ…っ!そんなの、聞いてない!

以前、痴×に遭ったことのある友達が「おしりを触られた」とは言っていた。

でも、スカートの中に手を入れられるなんて…いやだ…怖い…

ついに下着の上から指が押しあてられた。

「ひっ」

思わず小さく声が漏れる。

周りに気付かれてはいないだろうか…。

恥ずかしさのあまり俯いて必死に耐える。

誰か助けて…!

しかし、そんな心の叫びが伝わるはずもなく…

1本の指が後ろから前、前から後ろへと何度も往復する。

核心に触れるたびに小さな息が漏れる。

私は立っているのがやっとだった。

もう何も考えることはできなかった。

男は私が抵抗できないと知って調子に乗ったのか、指の動きをどんどんエスカレートさせていった。

爪をたて、突起の部分をひっかくようにして擦りあげる。

相手が上手いのか、自分がおかしいのか、私は不覚にも感じてしまっていた。

背後から回された男の腕にしがみつきながら、次々に迫り来る快感に耐える。

既に液が溢れ出てきていた。

その濡れた感触は、下着ごしに男の手にも伝わっているだろう。

恥ずかしくて、情けなくて、でも気持ちよくて…

もっと昇りつめたい、そう思ったとき、ふいに男の手が離れた。

電車が駅に着いたらしい。

背中のほうでドアの開く音がして、急に外の喧騒が流れこんできた。

私はまだ頭がボーっとしていてそのまま立ち尽くしてしまっていると、耳元で初めて聞く男の声がした。

「続きはまた明日ね」

私は中途半端に放りだされた状態で3駅をやりすごし、やがて自分の降りる駅に着くといつもと同じ道を歩いて帰宅した。

男の声が耳にこびりついている。

続きはまた明日…

怖かった。泣きそうだった。

けれど…

下着の上からしか触れてこなかった。

丁寧で、けして乱暴にしてはこなかった。

私はおかしいのかもしれない。

また触られてもいい、触ってほしいと思ってしまっている自分がいた。

とりあえずは早く家に帰って、疼く下半身を慰めたくて仕方なかった。

そして…きっと明日も同じ電車に乗ってしまうのだろう。

昨日は仕事で疲れていたはずなのに、興奮していたせいかろくに眠れなかった。

家に帰ってすぐ下着を脱ぐと、まるでお漏らししたかのようにぐっしょりと濡れてしまっている。

そしてその後、男の指の動きを思い出しながら2回もしてしまった。

私おかしいのかな…。

昨日のことを思い出してしまい、思わず赤面する。

いけないいけない!仕事中に何てこと考えちゃってんの私!

こんな日は時間がたつのが早く感じられるのは何でだろう。

気がつくともう帰る時間だった。

18時33分、いつもと同じ車両に当たり前のように乗り込む。

この中に昨日の男がいる…?

さりげなく辺りに視線を向けるが、いるかどうかはわからない。

私はいつものポジションに立つ。

すでに興奮している。

今日は、昨日より少しだけ短めのスカートを穿いてきていた。

ああ、何やってんだろ私…。

ガタンガタン…電車が動き出す。

昨日の男はまだ現れない。

もしかしたら、今日は現れないかもしれない。

ちょっとだけ期待してしまった自分が恥ずかしくなり、同時に安心したときだった。

「そんなに触られたかったんだ?」

聞き覚えのある低くかすれた声…昨日の男だ。

言うが早いか、男は肩を使ってゆっくりと角に私を押し込め、昨日と同じ態勢になる。

男の手が背後から下半身にのび…ると思っていた。

しかし、予想ははずれた。

男の手はシャツの裾から侵入し、ブラジャーを押し上げ、直に胸を包み込んだ。

Aカップのほとんど無い膨らみを縦に横に揉みしだかれる。

手つきは丁寧だったが、男は昨日よりずっと大胆だった。

「ひ…ゃぁ」

ため息と同時に小さな声が漏れる。

男の指が胸の小さな突起に触れたのだ。

やだ、他の人にばれちゃう…

けれど、実際に周りの人はまったく気付いてはいないようだった。

男は私の反応を楽しむように、つまんだり、つついたり、軽く爪を立てたりしてくる。

すでに下半身が熱く疼きはじめていた。

下も…触ってほしい…

それが男にも伝わったのだろうか。

男は胸を触るのをやめ、今度はスカートの中に手がのびてくる。

私は、昨日とは違って強引な男の動きに何だか少し怖くなってきて、手を振り払った。

いざとなったら逃げられると思っていた。

優しくて紳士的なイメージを勝手に作り上げていたのかもしれない。

けど…

男は体全体で私を押さえこんでいて、男より小さい私は完全に角に隠れてしまっていた。

逃げ場はすでにどこにも無かった。

後悔してももう遅い。

いつの間にか、男は両手で触っている。鞄で隠す必要はもうないのだろう。

腰を掴まれ引き寄せられ、10本の指が下着の上から愛撫する。

「ん…っ」

息が荒くなる。男の腕にしがみつく手のひらにもじっとりと汗をかいていた。

やがて男は片手で下着を横にずらし、直接触れてきた。

うそ、やだ、ここ電車っ

信じられない状況だったが、私はされるがままになるしかなかった。

「こんなになっちゃって…いけない子だ」

すでに液が太ももにまでつたってきていた。

硬くなった部分を指の腹でこねくり回され、つままれ、爪を立てられ…

私は電車内だということも忘れて叫びそうになった。

「ぁ…ぅぁ…」

あとちょっと、というところでふいに手が離れる。

電車がゆっくり停車する。

「今日はここまでだね」

男が私の耳元でそう囁き、するり、と腕を抜こうとした。

咄嗟のことだった。

私は男の手を掴み、顔を上げ、ドアごしに男を見た。

「行かないで…」

私はほとんど無意識につぶやいていた。

「続き…したいんだ?」

私は頷いた。

後ろでドアの開く音がして、人の波が動きだす。

「おいで」

着いていっちゃだめだ、と頭の中ではわかってるのに体がこのままではいられなかった。

男は私を支えるようにしてゆっくり歩く。

痴×なんて最低な人間のすることだとずっと思っていたが、彼はそんな悪い人間には見えなかった。

人気の少ない駅だった。

駅員が見えなくなるのを待って、男子トイレに連れ込まれる。

期待と不安とが入り交じる。

今、この手を振り切って逃げることもできるはずだ。

駅員に助けを求めようか…どうしよう…。

悩んでいる間に個室に押し込められしまった。

もう、後戻りはできない。

鍵を閉めると男は私を座らせた。

「随分えっちなんだね?」

「昨日は帰ってからオナニーしたの?」

「また触られたくって同じ車両に乗ったんでしょ?」

私は必死に首を横に振る。

否定できないことが恥ずかしくて、何もかも見透かされているようで、下腹部が熱く脈打つ。

「どうしてほしいの?触ってほしいの?」

極度の緊張と羞恥で言葉が出ない。

「どうしてほしいのかちゃんと言ってごらん?」

私は男のスーツの裾を強く掴んだ。

「……って」

「何?聞こえない」

「……さわって…くだ…さい…」

「じゃあ、自分で足開いて見せて」

半分夢を見ているようだった。

自分でスカートを捲くり、内股気味に小さく足を広げる。

「どこを触ってほしいのか、自分で触って教えて」

男の声や口調はとても優しいのに、従わざるをえない威圧感があった。

私は早く触れてほしくてそっと自分の指を下着の上から這わせた。

そこはすでに濡れて敏感になっていて、小さなため息が漏れてしまう。

恥ずかしい。見られてるのに指が勝手に動いてしまう。

「…ぁあ…はぁ…んっ…」

「いつもそうやってしてるんだ?昨日は何回イッたの?」

ふと我にかえる。

「し…てないっ」

嘘だってことは相手も気付いているだろう。

「お、ねがぃ…早くさわって…ぇ」

今まで扉に寄りかかって私を上から眺めていた男がようやく動く。

私の額にそっとキスをすると、全身で覆いかぶさってきた。

男の右手が下着ごしに触れると、体がびくっ、と跳ねる。

布地を通して男の指の感触が伝わってくる。

「や…ぁっ…ぁあぁぁ…っ」

すでに限界が近かった私は、ほんの数秒で達してしまった。

男は私の下着を取り外し、上も前をはだけさせられブラジャーが押し上げられる。

半裸状態にさせられた私は、潤んだ目で男を見上げた。

欲に満ちた男の目は暗く光っていて思わず恐怖を感じる。

男の指が下半身の入口をこじ開ける。

「ひ…ぁ」

ぴちゃぴちゃと淫猥な音が響く。

男は2本の指で中を激しく掻きまわす。

「ぅ、あぅ…あぁっ」

さらに男は胸に顔を寄せ、すでに尖っている突起に吸い付いた。

「ひ…やぁあ…っ」

上と下を同時に責められ、思考が麻痺していく。

私は声を我慢することも忘れて男にしがみつき、快感の波に耐えていた。

「たすけ…て…イッちゃ…う…よぉ」

男はさらに激しく指を抜き差しする。

足ががくがくと震え、瞬間私は大きくのけぞった。

「んあぁあ…っ」

達したばかりの体はぐったりと重く、乱れる息が止まらない。

カチャカチャと男がベルトをはずす音が聞こえる。

見れば、男の股間はスーツの上からでもはっきりとわかるぐらいに大きくなっていた。

眼前に男のモノが突き付けられる。

それは半端なく大きかった。

私の動揺を無視して男は、すでに指で広げられた入口にあてがった。

そこは充分に濡れていたが、反則に近い大きさのそれは簡単には入らない。

「ぃやっ…そんな…の…入らな…いっ」

男は指をクリトリスに這わせた。

「ひゃ…ぅんっ」

突然もたらされた刺激に体の力が抜ける。

その瞬間を逃すまいと男は、腰をぐい、と押し付けてきた。

男の熱く脈打つ欲望の塊が、メリメリと音を立てるように中に侵入してくる。

「いゃああぁあ…っ」

思わずばたつかせた手が男に押さえ付けられる。

「これがほしかったんだろ?」

「ちが…っや…いたぃ…よぉ…っ」

「ほら、もっとほしいって言えよ」

男は泣き叫ぶ私を無視して、ぐいぐいと自分の欲望を押し付けてくる。

優しかった男の口調もいつの間にか乱暴なものになっていた。

「ぃやあぁっ…苦しぃ…あっ…あっ」

押さえ込まれて抵抗できない私はいやいやをするように首を振り、上半身を揺らす。

「こんなに濡らしてヒクつかせて、いまさら暴れんじゃねえよ」

男と繋がっている部分が見える。

息もつけない早さで抜き差しされている。

私は今、見知らぬ男に犯されている…。

「あ…あ…あ…ぁあああああ…っ」

裂けるような痛みまでもがやがて快感に変わり、私は大きく腰をのけぞらせて達した。

同時に男のモノから熱い液体が迸しる。

狭く密度の濃い空間に男女の乱れた息づかいだけが響く。

男はトイレットペーパーで私を優しく拭き、乱れた着衣を元に戻す。

「よかったよ」

そう言って去っていく男の背中が見える。

今ここで起きたことが、本当に現実なのかどうかもよくわからない。

帰らなきゃ…。

そう思ったが、私は座ったまましばらく動くことができなかった…。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする