モリマソがパックリ見えてしまっていたw [エッチな話まとめ]

夏休みに温泉に行ってきてプチ露出してきたよ
混浴のある温泉地を巡ってきた。

男女別の脱衣所だったので先にお湯につかって。
入浴場には男3(二人組+自分)

ミニタオルを前に垂らして脱衣所から登場、
貧乳を死守しようと頑張る彼女がいじらしいが、
そのために下半身はちらちら見える状態。

で、声をかけて二人で入浴。
つかるときにタオルをつけないようにって岩場においてあげた。

4時半くらいかな
カップルでいるせいか男2人はちらちら見る程度。

彼女的には生で見られるのなんて久々で緊張してたが…
で、洗い場もあるし先に身体を洗わせることにした。

1人で洗い場に行かせ、自分は湯につかったまま眺めてた。

洗い場の椅子に座ったらお尻だけだが
男2人には見やすい位置になったと思う。それとなく見られてたよ。

でも残念なことに2人とも出て行ってしまった。
彼女は安心してリラックスだが自分的には物足りない感満載だった。

夕食をすまして、いい感じにお互いアルコールも回って
再度、混浴に行くことに。
浴場に向かっていくとき
中年グループ6人が向かうところだった。

並行して歩いているため、もちろん向こうもこっちに気がついてて、
脱衣所の入り口あたりでは彼女への視線がきつかった。

さっきと同じようにタオルで胸を隠しながら脱衣所から出てくる彼女。

中年グループは浴場の奥のほうでワイワイ話してたが、
視線はあからさまに彼女に

しばらく、二人で浴場の中央当たりで並んでつかってると声をかけられた。

「兄ちゃんら、お風呂好きかい?」
みたいなこといわれて声を掛けられてた。

その後彼女を囲むような感じでつかりながら、数分話していた。

結構酔ってテンションが上がってたのか彼女をあせらせようと、
「体洗ってくるから」といって1人湯船から出た。

え、と少し焦る彼女。洗いながらちらちら湯船を見る。
ここからは彼女の聞いた話をもとに報告になるよ

風呂の広さは…割と広いです。
岩風呂、30はゆうに入れる感じ。
山の谷間で川沿いにあって景色もきれいな感じ。

真ん中に一本柱があって屋根があるけど基本は露天風呂。
脱衣所は男女別でつかった後合流。湯船は透明です。

で、一人になった彼女はその後も雑談を続けるものぼせてきたらしい。

中央から川沿いの隅のほうに移動し
半身浴状態で湯ざまししようと中年グループに
「ちょっとのぼせてきたんであっちで涼しみます」的なことを言って移動したそうだ。

彼女的には逃げたらしいが向こうも付いてきたらしい。

で、彼女にとっては悔しいことに
湯船からでたモロ見えのおっぱいを見られまくったらしい。

向こうもちょっと酔ってたみたいで
「きれいな胸だね」とかいわれて恥ずかしかったそうだ。

でも彼女的に悔しかったのは
「彼氏にしっかり揉んでもらって大きくしてもらいな-」だそうだ。

揉んでるんだがなぁ

洗い終わって、彼女たちのほうへ再度入浴。
中年グループも2人だけ湯につかってるけどあとは岩場にでて涼しんでた。

晒されてる彼女の胸に興奮してもっと晒そうと考えた。

「洗ったばっかだしもうちょっとつかりたい。熱いならちょっと座って涼んでて」
といってさらに身体を湯船から出すことに

岩の上で座って足だけ付けて涼しむ彼女。
酔ってたのか動転してるのかタオルでは隠さず全裸で座ってた。

湯船の高さからからはスジも見えてたよ。
2人の中年さんには見られてただろう

そのうち岩場で涼しんでた1人が近寄ってきて川の解説を始めた。
で川を見るために立ち上がってからのほうを向く彼女。

足を湯船からだして川のほうを見る彼女。
自分も一様一緒に見ようと立ち上がる。

暗くて見えないよ(笑)と思いながら、エロ親父さんと川に向かって立ち話。

風呂の淵の岩ではなく風呂場を仕切る岩に
乗ったら見やすいかもといって彼女をそこに乗せることに。

といっても1mチョイくらいで
ほかの岩より少し高いだけだがさっと登っちゃう彼女

ローアングルで彼女のお尻から上を見上げられてた。
川はもちろん暗くて見えなかった(笑)

で、案外降りるのが難しい。1人では降りれなくなってしまった。

四つん這いになって後ろ向きになり片足だけおろしているが、足がつかない。

この姿勢がお尻を突き出す感じでエロかった。
モリマソがパックリ見えてしまっていた。

「大丈夫?危ないよ」という中年たちの目線はニヤニヤしてた。

いや、後で聞くと酔ってたし
すでに乳首見られてテンパってたそうだ。

見られると感じるとはいえ生ではほとんど露出してないから、
真っ白になって周りに流されたらしい。

自分に向かう視線はあまり把握できてなかったらしい

落ちると危ないんで後ろから彼女をつかんで抱っこ状態に。

膝をつかんでM字にして振り返った。
彼女がの「え」ってかおがよかった。

オヤジ立ちははニヤニヤしながら
股間に集中して「オー」とかいってた。

そのままの姿勢で彼女を床におろした。

お尻の肉を引っ張ってできるだけパックリいくような感じで頑張ったけど
自分からは見えないんでどうだったろうか?

中年エロ男性は前回のハプニング的なのと違って
ねちっこくマムコを見られてた。

おろした姿勢は足が開いてて手を後ろについてる状態だった。

さすがに「や!」といってすぐに手で前を隠しながら立ちあがったけど、
「きれいだねー」ていわれてた。

酔ってるし興奮してるしで勢いで
彼女を中年エロ男性たちに御開帳させちゃったが
さすがに雰囲気はあやしくなってきたんで
そのあとは「もうでるんで」といって
さっと脱衣所にお湯に入りながら向かった。

とりあえずその日の夜は彼女に一人の時の様子聞きながらHして睡眠

温泉めぐりだったんでいろいろ回ったがとりあえずいったん終了かな。また報告します。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!