今度夫婦交換してみない? [セックス体験]

嫁さんが2人目の出産で入院中、

義理の妹が我が家の家事などを手伝うために家に来てくれた。

義理の妹の職場は嫁さんの実家よりも

うちのアパートの方が近いので、泊り込みで。

義理の妹は、嫁さんとは違いデカパイ。

しかもスタイル抜群ときていて、

洗濯物で干してあるブラとパンティを見てるだけで

俺は興奮して勃起していた。

嫁さんは出産後、実家に上の娘と里帰りして、

義理の妹も来なくなった。

俺は久しぶりの独身気分を楽しんでいた。

その日も仕事が終わり、

一人で一杯やっていたら、

突然インターホンが・・・。

義理妹だった。

まだうちのアパートに着替えとか置きっぱなしだったので

取りに来たとのこと。

すぐ帰るのだろうと思っていたが、

俺が一人で飲んでいるのを見て哀れになったのか、

一杯付き合うと言い出した。

2時間位飲んでいると二人ともほろ酔いでいい気分になり、

自然に話は下ネタへ。

「姉ちゃんとはどれくらいのペースでやってたの?」とか、

「どんな体位が好きか?」とか、

質問攻めにあった。

俺も「今までの体験人数はどれ位?」とか、

「フェラは好きか?」とか、そんな話に。

そんな下らない話だけで嫁が居なくて溜まっている俺はもうビンビン。

義理の妹もいい具合に酔いが回ってきたのか、

はじめ向かい合って飲んでいたのに、

いつの間にか隣同士で飲んでいた。

俺は酔いに任せて目が合った瞬間にキスしてみた。

嫌がられるかな?と思ったが、

義理の妹の方が積極的に舌を絡ませ、腕を回してきた。

「駄目だ、ア~・・今日は私ムラムラしてるから止められない。絶対内緒だよ」

と、俄然舌を絡めてくる。

その言葉で完全にスイッチが入った俺は、

服を脱がせ、ブラも取って愛撫を始めた。

想像していた通りのデカパイ。

遊んでいるのか?乳輪は結構黒め。

そんなことはお構い無しに揉み、愛撫しまくる。

義理の妹もあえぎ声を出して喜びを表現してくれる。

そしていよいよズボンを脱がせるとびっくり。

妹はTバックだった。

洗濯物で干してある下着では見た事が無かったので嬉しい限り。

そして大事なところに手をやるともうすでにグッチョグッチョ。

クンニしてみるとシャワーも浴びてないからか女の匂いが凄い。

俺のは益々ビンビンに。

クリもでかいが、クリよりも中に舌を入れると、喜び具合が増す。

味も嫁さんとはまた一味違って最高だった。

妹も「あ~ん気持ちいいよ。

気持ちいいよ、◯◯」と俺の名前を呼びながら喘ぎまくる。

手マンでは嫁さんが潮を吹くポイントである

膣内のザラザラを同じように擦ってやると出る出る潮の嵐。

もう妹は「えっ?なになに?なんか出ちゃうよ~凄いきもちいいよ~」

と叫びながら吹きまくる。

リビングがフローリングで良かったと思うくらい吹いた。

今まで何人かとの経験はあるが、潮を吹いたのは初めてらしい。

しかしさすが姉妹、同じポイントで潮を吹くとは・・・。

お返しにフェラ攻撃を受けたが、これは嫁さんより上手い。

男の喜びポイントをこの子は良く知っていますね。

カリ→裏筋→袋、そして嫁さんとは全く違うのが舌使い。

舌全体が絡みつく。

そして男を喜ばせるフェラの音。

「じゅぼじゅぼ。ズボズボ」と物凄い音。

なんか後で聞いたら年上の彼氏に教え込まれたらしい。

さすが歳を重ねた男は教育上手ですな。

そしていよいよ挿入だが、妹の希望で、生挿入。

なんか今日は安全日らしい。

正常位からのスタートとなったが、

膣内のザラザラポイントを擦ってあげた時にまたまた潮吹き。

俺の陰毛はビショビショ。

しかし、溜まりに溜まっていた俺は10分程度が限界。

「出るよ」と言うと、「あ~ん、中に一杯出して」と。

流石に怖かったが、気持ちよさには勝てず、

溜まった物をたっぷり流し込んだ。

妹は出した瞬間、またまた絶頂が来たらしく

「あ~!またいっちゃう」と叫び、イッてしまった。

なんか中出しは子宮が感じるらしいですね。

その後3発、色々な体位でやらせてもらい、全部中出し。

最後は妹のお掃除フェラでまたビンビンにされてしまい、

また挿入はしましたが、流石にイケませんでした。

その後、嫁さんの目を盗んでは、

ホテルで週1回はいただきましたが、

1年前に妹は結婚。

もうそういう事はできないだろうと思っていましたが、

この間親戚の集まりで、

たまたま二人で話す機会があったとき・・・。

「今度夫婦交換してみない?久しぶりに兄ちゃんともしてみたいし。

お姉ちゃんは私が口説くから。

勿論私たちのことは内緒だけどね」ですと。

正直言って、なんか楽しみです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!