会社1の若いイケメンと舌を絡めてました [セックス体験]

今年新しく大卒で入って来た新入社員の勇人!

笑顔の爽やかなスポーツマンタイプで、

人懐こい勇人君は女子社員にも人気が有りました。

そんな爽やかな勇人君と

人妻で16歳も年上の私が関係して仕舞うとは思ってませんでした。

GWに入る前日新入社員の歓迎会が有りました。

二次会も終わり各々帰り始めると、勇人が私の傍に来て!

「純子さんこれからどうするんですか?」

「帰るわよ!勇人君皆と行かないの?」

「ちょっと相談が有るだけど少し良いですか?」

「良いけど!・・・」

勇人君と居酒屋に入りました。

他愛の無い話しをしながら薦められるままに飲んでました!

若いイケメンと飲むなんて無くちょっと浮かれ気分でした。

暫くして「ねぇ相談て何?(笑)」

「実は・・・気に成る人が居るんだけど・・・」

「何彼女?(笑)」

「彼女って・・・まだ告って無いし!断られたらと思うと・・・」

彼女の相談か!

とちょっと気落ちしましたが、

「何言ってるのはっきり言わなくちゃ伝わら無いわよ、少しくらい強引でも!勇人君なら大丈夫よ!イケメンだし私なら直ぐOkするけど(笑)」

「そうですね!分かりました(笑)」

「頑張りなさい(笑)じゃ帰りましょうか」

タクシーの拾える通りまで出ようと歩いてると、

酔ったのか?

足がふらつきました。

サッと私を支えた勇人君!

「純子さん大丈夫?・・・そこで少し酔いを覚ましましょうか!」

見ると街灯も無い

暗い小さな公園が有り長ベンチが数脚有りました。

ベンチに座ってると

「寒く無いですか?」

「気持ち良いわ!」

目を閉じてると

いきなり勇人君にキスされ!

「・・・ちょっと勇人君・・・」

「純子さんが少しくらい強引にって言ったじゃないですか!」

「えぇ気に成る人って私?」

またキスして来ました。

何故か抵抗する気にも成れず

キスされるままにしてました。

服の上から胸を触りキスする勇人君!

いつしか私も勇人君と舌を絡めてました。

「純子さん良いでしょ!ね?」

私は舌を絡めながら頭の中で、

結婚してから夫以外の男性とはSEXして無いし

1度くらい相手して上げても良いかな?

それに会社1の若いイケメンだし!

と思い巡らしてました。

「じゃ1度だけよ!良い!」

ラブホテルに勇人君を連れて行きました。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする