最高に硬くなったチンコを濡れ濡れマンコに挿入 [セックス体験]

私は以前から妻の親友であるMとSEXがしたくてたまらなかった。

その理由は恋愛的な感情はないが小柄で30代子持ちだが幼顔で胸は大きい。

何よりMの優しい性格が可愛い。

Mは離婚して母子家庭で子供一人をつれて妻の親友だけに時々我が家にも遊びにきたりする。私はMの小学生の子供とは遊んだりしてあげていてそれを見てMも毎回嬉しそうだった。しかし私はMがいない時もどうしてもエッチな妄想をしてしまう。

私自身も妻とそこまでレスではないが、Mに対する性欲は高まるばかりだった。

私とMは丁度時期的に同時に無職になっていた。こんなチャンスはない!

妻は仕事で子供達は学校。私はMへ連絡を取り何とか我が家へ呼んだ。

Mは白のショートパンツに7分丈の薄いロンT姿できた、香水の匂いがムラムラを誘う。
私はMを寝室へ連れていき窓を閉め、ゆっくりMに近づいた。Mも完全に私の行動を把握していたのか、大胆にも

M:やっぱエッチしたかった?溜まってるん?』

私:『うん、Mとずっとしたかった』

M:『けど怒られるよ』

私:『これは絶対に2人だけの秘密にしよう』

私はMを布団へ倒し服の上から胸を揉み激しくキスをした、

(M:『んんっ)

想像以上に柔らかい胸に私の興奮状態は増した。私は上の服を脱がして下も脱がしブラとパンティも脱がしMを全裸とした、私も裸になり私のビンビンの硬くなったもの手で優しく触ってくれた、

M:『硬い…』

私はMの又を開きMのGスポットとクリトリスを同時に責め続けた。

私はクリトリス責めは最も得意として今までイカなかった女はいなかった。

M:『ああっあぁダメェ!気持ちいいっ!あぁそこ!ああっん』

Mは可愛い声で喘ぎ声も次第に激しくなっていった。

M:『いきそう!ああっあっあんっあぁもうダメもうダメ!』

Mは2~3分でイッてしまった。

しばらくMは身体を動かせずにいた。

M:『凄いなぁ。ほんまめちゃ気持ち良かった』

ここまで感じてくれて私もかなり嬉しくなった。

次に私はチンコをMに口と手でフェラをして貰った。凄く滑らかな舌触りと絶妙な口と手の動きによりかつてないほど、快感を得た。

抜群の気持ちの良いフェラにより最高に硬くなったチンコをMの濡れ濡れマンコに挿入。

私:入れるよ』

M:『いいよ』

Mの中は濡れ具合が絶妙で締まり具合もうちの妻より締まる。あまり適当に腰を動かすとすぐイキそうになるくらい、吸い込まれそうなMの中は想像を絶するまさに名器だ。

思わず私もおぉめちゃ気持ちええ』と素で言ってしまった程。

M:『ああっあっあっんんああっ』

Mはひたすら喘ぎ続ける、騎乗位では張りのある胸を揉みながら突き上げたり、対面座位は乳首を吸いながら腰を動かし、バックではMのマンコの奥の奥まで突いた。

フィニッシュは正常位にて強烈にピストンをした。

私:『ああっヤバイ俺、イキそう。出していい?』

M:『ああっあんああっあっイキそう?いいよ!出して!あぁあああっあっあ』

私:『くっあっいく』

生で挿入していた為、Mの胸に向かって射精をした。射精に勢いがありすぎた為、髪にまで精子が飛んだ。

M:『ハァハァ…すっごい出たね。』

自分でも驚くほど大量射精だった。

正常位→騎乗位→対面座位→バック→正常位フィニッシュ

挿入からフィニッシュまで約10分弱。遅漏気味な私にしては早い時間だったが、それほどまでに内容の濃いセックスだった。

妻の友人を抱いてしまうようなだらしない男なのは承知済み。

本当はイケない大人の事情。

しかし、

既婚者なら一度は抱いてみたい他人の女。

体験すれば一つ世界が変わる。

一味も二味も違う快感という世界が…



ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする