Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

義母の秘部、乳首を舐め上げ正常位で激しいキスを繰り返しながら果てた [セックス体験]

今年の夏休みに、女房の両親と海水浴に行った。
 温泉の出る海水浴場の旅館を宿にした。
 女房の両親が奮発してくれて、部屋に家族風呂のついているとこ にとまった。
 俺は40歳、女房は5歳下で正学生の子供が二人いる。
 女房の両親は義父は63歳。義母は62歳。
俺は前々から義母に感じていた。
 たまに家に泊まりにくると必ず洗濯機の中の下着を探し、シミのついているあの部分の匂いを嗅いだり舐めたりしてオナニーしている。
 両親は久しぶりに見た孫の姿に夢中だった。
 家族風呂は、俺と義父ではしゃぎ回る子供を風呂に入れた。
 女房は両親に子供を預け、のんびりとくつろいでいた。
 子供を風呂場まで義母が向かえにきた時、全裸の俺とばったり。
 そ知らぬ振りで孫の体を拭いていたが、確かに俺の「もの」を見ていた。

 その後、女房が風呂に入り夕食になった。
 結局義母は温泉につかる前に夕食となってしまった。
 夕食は豪華な刺身の盛り合わせ等盛りだくさん。
 食後は義父と女房は、子供とホテル内のゲームセンターにいってしまった。
 俺はさっきゆっくり温泉に入っていないからもう一度入るから、と言って部屋に残ると言った。

 義母も温泉に入っていなかったから入ることになった。
 女房は無責任にも
「タカちゃん(俺のこと)お母さんと一緒に入って肩でも揉んであげてよ」だと。
 一瞬戸惑ったが「いいよ、でもお義母さんは?」・・・
 義母は「今日は疲れて肩が凝ってるからお願いしようかしら」
 女房はじゃあお願いね、と言って部屋を出て行った。
 そのとき俺と義母との間に、お互いにピンっとくる何かを感じた。

「お義母さん 入りましょうか。僕は肩もみ うまいですよ」
「そうしましょうか。でも ちょっと はずかしいわ」
「家族ですから、気にしないでください。お義母さん、先に入っていてください」
「そうさせてもらうわ」
 義母が入って1〜2分で 待ちきれずに俺も浴室に行った。
 俺の「もの」はすでに勃起していたが、悟られないようにタオルで隠して入った。
 家族風呂は部屋のベランダに露天風呂のような状態であり、そこから海が一望できるようになっていた。
 義母はこちらを見ないように外をみていた。

 二人で並んで湯船につかっていたが 会話がなかなかつづかない。
「お義母さん、背中 ながしましょう」
「いえ・・・・そ そんな」
「お義母さん。遠慮しないでください」
「そ、そうね・・お願いしようかしら」
 義母はかなり動揺しているようだが、決していやがっていない。
 さっき俺の「もの」を見た目は、必ず何かを期待しているだろうとおもった。

 静かに背中を流した。
 垂れているが大きな乳房と大きな乳首に目が言ってしまい、背中を流す動きが止まってしまった。それにきずいた義母は、
「こんなお婆さんのじゃあね・・・ごめんなさいね」
「お義母さん、そんなことないですよ。とても素敵で、くらくらしちゃいましたよ」
「まあ、うまいこと言うのね」
 と、そのとき義母は俺の勃起した「もの」を一瞬 見た。

 背中を流し終わり、また湯船につかった。
「お義母さん。肩もみましょう」
「お願いするわ」
 湯船の中で俺の前に背を向けて並んだ。
 勃起した「もの」が義母にふれないように気を付けながら肩をもんだ。
 しかし一瞬義母の腰に俺の「もの」が触れた。
 義母は「あっ」と言って腰をはなした。義母は確かに俺の勃起した「もの」を意識している。
 肩をもみながら少しづつ「もの」を押し付けていった。
 義母の息使いが荒くなり、だんだん自分でも腰を押し付けてくるのがわかった。

「お義母さん。どうですか?」
「とっても いい気持ちよ」
 俺はゆっくりと両手を肩から乳房へ下ろした。
 大きくなった乳首に触れたとたん、ビクっと反応し、
「だめよ」
 と言ったが、ほとんど抵抗はしない。
 ゆっくり乳房と乳首をまさぐると、更に息が荒くなってきた。
 そして次の瞬間、義母の手が俺の「もの」を触ってきた。
 俺は後ろから、義母のほほをそっと後ろに向けさせキスをした。
 驚くほど義母は、俺の口を吸ってきた。

 右手で秘部を触れたら、湯船の中でもはっきりわかるほど濡れていた。
 たったそれだけなのに、義母の興奮は頂点に達しそうだったので、そのまま湯船のなかで後ろから義母の中に入った。
 義母は必死に声を殺している。

「タカシさん、ありがとう。ずーと前から あなたに抱かれたかったの。はずかしいけどいつも あなたのことを思って一人でしてるの。」
「お義母さん、ぼくも同じです。お義母さんとしたかったんです。お義母さん、気づいていませんでしたか?」
「知っていたわ。あなたが私の下着で・・・・・はずかしいわ。」

「お義母さん。ごめんなさい、ぼく まだ行っていないんです」
「ごめんなさい。ちょっと立ってくれる。」
 俺は湯船から出て立ち上がった。義母は跪いて俺の「もの」を両手で包みこみ、
「素敵だわ。これがほしかった・・」
 激しく口で吸い上げた。
 その後、義母の秘部、乳首を舐め上げ 正常位で激しいキスを繰り返しながら果てた。
 体が火照ってしまったが、部屋の中はクーラーが効いていた。浴衣に着替え、義父や女房子供が帰ってくるまでの30分間にもう一回やってしまった。
 お義母さん・・愛してる。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする