射精しても彼のおチンポは衰えませんでした…[エッチ体験談]

32歳の結婚4年目です。
今年の夏前から働き始めたバイト先は、若い子がたくさんいます。
女の子は大学生や専門学校の子達が多くて、10代の子が2人、20代の子が4人、30代は私ともう一人です。
男の子はみんな学生さんで、店長が40代の他はみんな20歳前後の子達です。
バイト先でよく飲み会に誘われるけど、年齢の事もあって避けていました。
この前、店長の転勤の送別会で初めて参加しました。
初めての参加というのもあって、周りが気を使ってくれたのかけっこういい気分にさせてもらって、少し飲み過ぎていました。

ちょっと酔っていた私を、バイトの大学生、佐久間君が車で送ってくれました。
佐久間君は全くお酒を飲んでませんでした。

「飲めないの?」
「いえ、車だったから。」
「えらいね。」
「本当は来ないつもりだったけど、ともさんが来てたので、無理やり参加したんです。」
「えっ~、なんで?私?」
「冗談ですよ。」
車の中でそう言ってた佐久間君ですが、助手席の私の足をチラチラ見てました。

その日はちょっと短めのワンピースでした。
車に座ると太腿まで見えてました。黒のレギンスは履いていたので、少しだけ無防備だったかもしれません。

「佐久間君は彼女さんはいる?」
「いませんよ。」
「バイトの女の子に可愛い子がいっぱいいるのに。」
「僕は年上が好みかも。」
「年上って言っても、30過ぎたらオバサンだよ。」
「そんなこと・・・、ともさんはまだまだ若いし、結婚してるのに可愛いですよ。」
「うれしい、それでさっきから足を見てる?」

酔っていました。私から誘ってるようになってしまってました。
黙ってしまった佐久間君をもっと困らせたくて
「触りたい?」
少しワンピースをめくって、太腿をもっと見せてしまいました。

「ともさん、そんなことしたら、僕おそっちゃいますよ。」
「そんなことできるの?」
「前からともさんは清楚で可愛い人だと思ってたけど、そんなエッチな人なんですか?」
「どうかなぁ~」
「僕の、起っちゃいました。」
「そうなの。」
わたしは大胆にも佐久間君の股間に手を伸ばしていました。

ジーパンの上からでもモッコリしている股間でした。
「私に興味あるの?」
「ともさん、スケベですね。」
「そうだよ、人妻になったら、する事も大胆になるのよ。」
「あそこに入ってもいいですか?」
佐久間君が指をさしたのはラブホでした。

私は返事をしないで、指先で佐久間君の股間を撫でていました。
車はラブホに突入。1つだけ空いていた部屋に入りました。
部屋に入ると、さっきまで少し余裕の雰囲気だった佐久間君は、かなり緊張しているみたいでした。

「どうしたの?緊張してる?」
「はい、前からともさんの事気になってて、そんな人とこんな所に・・・。」
「佐久間君と10歳くらい年上なのに、私でいいの?」
「はい、もちろんです。可愛い人妻さんのともさんの事をいつも考えていました。」
「うれしい、じゃ、どんなことしてくれるのかな?」
ちょっと意地悪でした。

レギンスを脱ぎ、ワンピースを脱いで、下着だけで佐久間君に近づきました。
私から抱きしめてキスをしました。

結婚前まで、複数の男性とお付き合いしたり、結婚してからも時々浮気もしてましたが、こんなに年下の男性とは初めてでした。

佐久間君は抵抗しませんでした。私の思うままにしてくれました。
彼の服も私が脱がせて、いっぱい指とお口で愛撫してあげました。

そそり立った、硬いおチンポはすごかったです。
すぐに入れたいと思ったけど、もっと彼を楽しみたいと考えて我慢してました。
口で、手の中で、射精しても彼のおチンポは衰えませんでした。

私もいっぱい舐めてもらって、入れてもらう前から2回もイカせてもらいました。
「もう入れて」
ギンギンのおチンポを私の好きな上になる体位で入れました。
「下から動いて」
「もっと突きあげて」
「まだ我慢よ」
私の要求にすべて答えてくれました。

後ろからもしてもらいました。
ギンギンの硬いおチンポをいっぱい堪能しました。
結局、佐久間君は6回も射精してました。溜まってたのね。
今日も会う予定です。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!