義姉は何度も逝き最後は俺も高速ピストンで中出ししたったwww[エッチな話まとめ]

9月の連休中、俺ら家族と嫁の姉さん家族と二泊三日で温泉旅行に行った。

俺の家族は俺(30才)嫁の奈美(28才)娘2人。

姉さん家族は旦那の靖司さん(38才)お姉さんの久美さん(34才)娘1人。

宿泊先は通常の露天風呂と家族で入れる貸切り露天風呂があった。

夕方旅館に着き全員で貸切り露天風呂へ。

その後全員で食事をし、

移動の疲れもあったせいか、

姉さん家族は隣の部屋に帰って行った。

夜、奈美が迫ってきた。

たまには違う場所でのHもいいかと思い、抱いた。

だが奈美は昔から淫乱。

声が半端なく大きい。

たまに子供が起きるときがある。

奈美と知り合ったのはナンパ。

当時奈美には彼氏はいたが、ホテルに連れ込んだらすぐにさせてくれるサセ子で、

その後もセフレ関係だったが彼氏と別れ、俺と付き合い結婚した。

胸は大きくないが、感度は良くお互いの相性も良く、

結婚して5年経つが週に3回はしている。

旅先でもお互い興奮し、奈美のあえぎ声で子供が起きたが、

最後まで抱き奈美は何度もイキ、俺も最後は中でイッた。

これだけなら夫婦のHだが翌日思いがけない展開になったのだ。

翌日、観光し夕方に旅館へ戻り露天風呂に入り食事。

久美さん夫婦の部屋で飲むことになった。

靖司さんはあまり酒には強くなく、すぐに横になり寝てしまった。

奈美と久美さんと3人で飲んでいたが子供がぐずり出し、

奈美は子供を寝かしに部屋に戻って行った。

久美さんと2人で飲むことになり飲んでいたが、

明日の運転のこともあり、お開きすることにした。

すると久美さんが、

「酔い覚ましにお風呂行かない?」と言ってきた。

貸切り露天風呂が空いていたので入ると、

久美さんはバスタオルを巻かず全裸状態で入ってきた。

目のやり場に困ったが、久美さんの裸をチラチラ見た。

少し垂れているが、奈美のCカップよりも遥かに大きい。

2人黙ってお風呂に浸かっていると久美さんが口を開いた。

「雅人君はいつもあんなに激しいの?」

「えっ?」

「昨日奈美とHしてたでしょう?」

「あっはい。

奈美が迫ってきたので…」

「こっちの部屋まで奈美の声聞こえてきてたよ」

「あんな声聞かされたら興奮して寝れなかったわ。

奈美が羨ましいわ」

「うちなんか、月1回あるかないかで淡白ですぐ終わるし、全然満足出来ないよ」

「奈美には悪いけど、雅人君に一度昨日みたいな激しく抱いてほしいわ」

「冗談やめてくださいよぉ。

本気にしますよ」

「冗談で妹の旦那にそんなこと言わないよ」

「それにされたくなかったらバスタオル巻いて入るよ」

俺は段々興奮し、お風呂のなかで勃起していた。

本当に抱かれたいのか試して見ようとタオルを取り、

久美さんの顔の前で仁王立ちすると触りながら舐めてきた。

「雅人君の凄い。

旦那のと比べものにならない」

「奈美があんな声出すのわかる気がする。

奈美には内緒にしてね」

「本当に抱いていいんですか?」

「雅人君のオチンポ入れて」

立ちバックで挿入しながら乳を揉んだ。

絞まりは奈美よりもかなりいい。

久美さんは数分で痙攣しながら逝った。

「久美さんの絞まり奈美よりいいよ。

乳もおっきいし抱きがいがあるよ」

「もう逝ったの?チンポ抜こうか?」

「雅人君のおっきいオチンポで突かれたら気持ち良くて」

「まだオチンポ抜かないでぇ」

数十分突くと久美さんは何度も逝き最後は俺も高速ピストンで中出し。

まだ勃起していたのを見て浸かりながら座位で挿入しながら抱き合い乳を舐めた。

とても気持ち良かったらしく、

「奈美に内緒でまた抱いてね」と言ってきた。

2人で部屋に戻ると奈美が起きて待っていた。

久美さんを抱いて一時間も経ってなくて勃起するか心配だったが、なかなか逝かない。

最後はバックで久美さんとのHを想像しながらようやく逝った。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!