エッチなこと何度も言わされながらいっぱいいっちゃった・・ [エッチな話まとめ]

今日は、ネットで知り合った

私の1つ年上だけど主人よりは

10歳も若い男性と朝から

浮気えっちフルコースでした。

メールでの約束通り

ノーパンでA羽で待ち合わせて

満員電車で触られながらI袋駅へ

途中気づいた隣のおじさんにまで

太ももからお尻まで触られながら

おじさんにもノーパンがばれないかと

・・・ドキドキw

I袋駅につくとSシャイン方向へ

すこし裏の道をおっぱいとお尻を

触られながら向かいましたw

Sシャインの展望台までの間に

触られてどれくらい濡れてるか

展望台で確認される予定だったけど

修学旅行かな?中学生の集団がいたので

展望台は中止・・・^^;

Sシャイン近くのプリンスH横の公園で

ぬれ具合確認されちゃいましたw

そして、お兄さんのがどのくらい

硬く大きくなってるかも・・・

硬くなったのズボンから取り出して

私の手に直接握らせて確認させてくれた^^;

あんなにエッチな状態になってる男性の物

外の朝の光の中で見たの初めてでしたw

その上、お兄さんってば、私に握らせて

しごかせながら、ご主人に比べてどう?

太さは?長さは?硬さは?って聞いてくる

・・・はっきり言ってどれもお兄さんの勝ちw

答えるたびに、これからご主人より太い

このチンポがおまんこを押し広げながら

入ってくるんだよ?とか・・・

乳首の先を刺激しながら

ご主人より長いこのチンポでご主人のチンポじゃ

届かないところをたっぷり突き上げてあげるからとか

ご主人より硬いチンポを味わって

たっぷり気持ちよくなろうね?とか

そんな言葉責めだけですごく興奮しちゃって

それでも十分えっちだったのに

ほら、これからご主人にされたことないくらい

愛子を気持ち良くするチンポに挨拶してって

その場でFさせられて、いままで経験無いくらい

濡れちゃって・・・

そのあとお兄さんにまた指で、お兄さんも

驚くくらいとろとろになってたみたいで

知らない男のチンポしゃぶって

こんなにぬれちゃっていやらしいねって

少し物陰へ連れていかれて

なんの予告もなしにズブ!って

後ろから生のおちんちん入れられちゃった・・・

お兄さんが動くたびにぐちゅぐちゅ音が

すっごいいやらしくて気持ちいいんだけど

初めて外でのエッチで緊張してて

すぐにはいかなかったんだけど・・・

私がいくまで続けるからねって言われて

「ウソ~!」って思ったけど

通行人さん2人に完全に見られたのに

お兄さんかまわずにぐちゅぐちゅつづけるの@@

一人は、じーっと見ながら通り過ぎたけど

もう一人のおじさんは思いっきり近く来て見てた

いったふりして抜け出そうかとおもったけど

主人と同じ年くらいのおじさんの前で

おっぱい出されてもみまくられて

おじさんが「彼女さん?いいおっぱいだね」

って話しかけてきたら、私に出し入れしながら

お兄さん「いや、今日会ったばかりの人妻さんです」って

いうと、おじさん

「すっげーやらしーな人妻なの?淫乱だねぇ」って

それを聞きながら、イクふりする必要もなく

おじさんも見てる前でいっちゃいました(*><*)


その後ホテル連れていかれて

15時までご飯も食べないでえっち三昧

いきすぎてへろへろふわふわです。

主人とのセックスじゃあんなに

いったこと無かったし自分でもびっくり。

帰る準備し終わってお部屋を出る前

すこしお話してたら・・・

主人との夜の生活の話になって

そんなんじゃ満足できないでしょ?

この硬いのもっと欲しくない?って

ホテルで5回も射精したのに

また硬くなってる彼の物握らされて

あそこに指を激しく出し入れされちゃって

言われるままに明後日も会うの

OKしちゃいました*@@*

OKしたご褒美にさらにもう一回

下着だけおろされて主人のじゃ届かない

奥の方まで激しく突き上げられて

ダメ押しの硬い生チンポの感触で再アクメ

明日は、思い出し&期待でオナしちゃうかも

昼間の浮気えっちよかったなぁ

お外で後ろからされたときもよかったけど

ホテルに入ってからもすごかったし@@

おもいだすと、つい・・・いじっちゃう

シャワーが終わって

帰る準備し終わったあとで

もう一回彼のおちんちん激しく出し入れされたのが

すごく余韻残ってて、記事書いてる時も

思い出すとあそこがジンジンしてたの

なんか、余韻消したくなくて家についても

改めてシャワーは浴びなかったんだけど

下着だけは着ておいてよかったw

かえってきた主人とご飯食べて

一緒にテレビ見てたら。

発情をかぎ取られたのか^^;襲われちゃった

リビングで後ろから抱きついてきて

下着の中に手を入れてきて

さっきまでお兄さんの硬くて大きいのが

ズブズブしてた、まだ余韻でジンジンしてる

愛子のあそこを主人が手マン・・・

お兄さんの太くて硬いのをしごきながら

お兄さんに激しく手マンされて

主人の租末なチンチンじゃ

感じない体にしてくださいって

言わせられながら明後日も抱かれる

約束させられたの思い出して

私ってすごくやらしいって思ったら

アソコがジュワって・・・

主人それに興奮して

すぐ入れてきたんだけど

・・・3時間前まで

初めて会った男性の大きな物で

たっぷり犯されてたあそこに

主人が小さいおちんちんを一生懸命

ツプツプ出し入れしながら愛してるよ

なんて言ってるの聞きながら

こころのなかで・・・

・・・愛子さっきまで

しらないお兄さんの硬くて大きいので

いっぱいズブズブされてたの

主人のよりお兄さんのチンポが

何倍も気持ちいいですとか

エッチなこと何度も言わされながら

いっぱいいっちゃったのぉ・・・

あなたごめんなさぃ

とか思ってたら珍しく主人との

エッチでいっちゃったw

私がいつもより感じてたから主人

すごいドヤ顔してニヤニヤしながら

愛子はスケベだななんて言いながら

腰をフリフリw

そのあとすぐ、いくぞ!って言いながら

昼間の彼のおちんちんよりも

全然ちいさなおちんちんを私の中で

ぴくぴくさせながら暖かいのを

なかに注ぎ込んできました

私は、あ~これが彼の精液だったら

興奮しちゃうだろうなぁなんて考えながら

貴方すごぉい♪とか言ってましたw


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!