アナルセックスして欲しいってお願いしています… [セックス体験]

「あっーー、もうやめてぇー、お尻がこわれちゃう、うーん、うーん、いやん、いやん、はん、もう、死んじゃう」

リビングで抱え上げられて、

おまんことお尻を同時に犯された後、

もう一人に立ったまま壁に手をついて後ろから、

お尻とおまんこを凶器でえぐられます。

ゆっくり一回ずつおまんこかお尻をえぐるように突き上げられます。

どちらに入れられるか判らないので、

期待と恐怖で震えてしまいます。

本当は激しく、もっと短い間隔で何度も突き上げて欲しいのに、

でも、そんなことは言えません。

膣の部分をなぞるように押し付けてくるので、

おまんこに入れられると思っていたのに、

お尻にいきなり入れられました。

「くっあーーん、お尻壊れちゃうーーん」
奥まで入れられた後、また抜かれてしまいました。

背中に覆い被さるようにして首筋や背中を舐められると、

それだけでおかしくなりそうです。

両手は抱え込むようにたぷたぷと胸を揉みほぐすように弄ばれます。

乳首をきつく摘まれると、

痛いのですが体に電流が突き抜けていくような感覚がたまらないです。

「次はどっちに入れようかなぁー・・麻美奥様、腰が震えてますよ、何を期待してるんですか?」

耳元で囁かれ乳首を優しく摘まれて、

肩から背中を舐められると、もう足はがくがくして立つことも困難になってきます。

「お願いです。入れてください」

ついに言ってしまいました。

自分から、15も年下の男に、主人がいるのに、強要されてもいないのに・・・。

何でこんな淫乱な女になってしまったんでしょう。

「人に物を頼む時は頼み方があるだろう」

膣の入り口をなぞるようにしながら、彼はいつものおねだりの言葉を強要します。

私は何の躊躇もせずに何十回と強要された言葉を口にします。

「お願いします。

麻美のおまんことお尻の穴に◯◯様の大きいおちんちんで犯してください。

麻美、主人が単身赴任だから我慢できないんです。

バスト88、ウェスト60、ヒップ90の大きいお尻の

32の人妻でよければ精子いっぱいおまんことお尻にください。

麻美を激しくおかしてぇー、これ以上、焦らされたらおかしくなっちゃう」

今度はおまんこに入ってきました。

「いっーーーあーん、うん、うん、うん、あーっ、いやっ、抜かないでっ」

十秒くらいで抜かれてしまいました。

「お願いっ、ちんちん、入れてくださいっ、楽にしてくださいっ」

「旦那に申し訳ないと思わないのか、◯◯の奥様」

笑いながら、そのことを言われるのが一番辛いです。

「いやっ・・主人のことは言わないで、お願い・・おかしくなっちゃうん、楽にして、お願いします、麻美におちんぽください」

こんなこと繰り返されたら本当に気が狂ってしまいます。

今まで口にしたことのない下品な言葉を少年の前で口にしてでも

『犯して欲しい』、そのことしか頭にありませんでした。

「また、麻美を焦らしていじめてるの?お前そのサディスティックな性格、直したほうがいいよ」

ひとりがシャワーを浴びて帰ってきました。

「焦らせば焦らすほどおまんこもケツもひくひく締め付けるからたまんないんだよな・・ほらっ」

一気にお尻の穴に麻美を狂わせる肉棒が入ってきます。

「はうっーーん、あっーーー、いいです、お尻がいい、いい、あんっ、あんっくっーーん、もっと、もっと」

ついていた手で支えきれずに顔が壁についてしまうほど、激しく突き上げられます。

あと少し、あと少しでいけるのに。

もうそれだけしか考えられずに嬌声をあげてしまいます。

「あっー、あっー、いっーーー、いっーーー、もっーー、いきますっー、あんあんあん、麻美いっちゃいます、いっちゃいます」

頭の中が真っ白になっていきます。

全身ががくがく震える・・・

その瞬間にお尻から麻美を狂わせる肉棒が抜かれてしまったのです。

「いやっーーー、何でっー、焦らさないでっー、お願いっー」

床に崩れ落ちると共に泣き叫んでしまいました。

「ひどすぎるっーー、うっ、うっ、うっ」

床に横たわり泣くことしかできません。

「お願い、してっ、麻美にして、麻美にして、おかしくなっちゃうーーー」

ビデオに撮られているのに少年達に懇願しているんです。

「麻美、俺らの言う事聞いたら、何十回もやってやるよ、週末は俺らのために売春するんだよな」

いくらなんでも、そんなことはできません。

「そんなことできません。麻美は十分あなた達のおもちゃになったのに酷すぎます。

あぅー、はっぁっーーー、いいーー、うん、あん、もう、おねがいだから、最後までしてっー」

抱きかかえあげられて、おまんこを突き上げられました。

今度こそいかせて、このままでは本当におかしくなっちゃいます。

今度こそいかせてと、それだけを祈りました。

「あっ、あっ、お願いっ、このまま、いかせて、いいっーん、あっ、あさみっ、おかしくなります、いやっー、なんでっー、もう少しなのにっー、もう麻美をいかせてぇー」

また、もう少しでいけるのに抜かれてしまいました。

このいたぶりは耐えられません。

「ひどすぎるっー、こんなことっー、しないでっー、おねがいっー」

身をくねらせ、号泣するしかありません。

このままでは本当に狂ってしまいます。

少年達が見ているのもかまわず麻美、自分で慰めようとしました。

あそこに指を入れようとしたときに両腕を掴まれてしまいました。

「自分でおまんこに指を入れるなんて、はしたないですよ、麻美奥様」

後ろから羽交い絞めにされ、

胸を揉みしだかれ乳首に触れられただけで、

つーんとした感覚が全身に広がってきます。

「お願い、どうにかして、麻美にしてっ」

そのまま立たされてもう一人の正面に向かわされ、

足を広げさせられ、最も恥ずかしいところを観察されました。

「おまんこが凄いことになってんぞ、ぐしょぐしょで愛液が膝まで垂れてんぞ。

ひくひくしてるしよー、びらびらも広がっちゃって、麻美、グロいよお前」

指が触れるたびに頭まで一瞬の快感が貫いて体がびくびく震えてしまいます。

「なぜ、もうおもちゃにしないでっ、おねがいっ、ひと思いにしてくださいっ」

泣きながら犯してと訴える麻美に対して、

執拗に指や舌でもどかしくなるいたぶりに、気が狂いそうです。

羽交い絞めしている男の

「何でもやります。娼婦にしてくださいと言ってしまえよ」

という言葉に思わず頷いてしまいました。

これ以上耐えられませんでした。

麻美は堕ちてしまったのです。

「じゃあ、自分から娼婦にしてくださいって言ってみろよ、そうしたら何回でもいかしてやるぞ、さっ、言っちゃえよ」

乳首を両手で弄び、うなじに舌を這わせて悪魔の囁きが理性を失わせます。

「お願い、してください。

麻美何でもします・・・、娼婦になります」

消え入るような声でお願いしたんです。

身体の疼きに耐えられなかったんです。

今すぐ満たして欲しい、それしか考えられなかったんです。

「ビデオの前でちゃんと誓えや、ちゃんと出来たら予行練習なしで、この場で何回もいかせてやるぞ、俺も焦らすだけ焦らしてるから麻美のおまんこに濃いのをぶち込んで子作りに協力してやるからな」

下半身の疼きに耐えられませんでした。

断続的にいたずらされることで気が狂いそうです。

強要された女として許されない言葉を少年達の前で言いました。

「◯◯麻美は淫乱な人妻です。

毎日主人以外の方に輪姦されても満足できないんです。

あっ、いいっーん、週末は年下のご主人様のために、あっ、あっ、お願いっ、いたずらされると最後まで言えなくなっちゃうん、ご主人様たちのため娼婦にしてください。

たくさんの方たちにおまんことお尻にいっぱいちんぽをいただきます。

お口でも、あっ、あっ、麻美だめになっちゃうん、奉仕させていただきます」

最後の言葉を言ったあとに自分から、麻美を貶めた少年の物を握って

「お願い、いっぱいしてください。もう焦らさないで」とお願いしたんです。

麻美が自分からソファに座っている少年に跨って快楽を貪ったんです。

「ぎゃーうん、あうん、もう、もういっちゃうん、いくいくあんあん、しんじゃーーう、あっあっ、だめっ、また、また、麻美、またいっちゃいます」

続けてすぐに2回いってしまいました。

麻美は半年前の麻美と完全に変わってしまいました。

今までのセックスでは得られなかった快楽の虜になってしまったんです。

最初は本当に死にたくなるくらい嫌だったんです。

何度自殺しようとも思いました。

だけど毎日のように何時間もレいプされ、

気が狂うような快楽を植えつけられたんです。

彼等は3人ともとても高校生とは思えないほど女を狂わせる術を持っています。

最初に家庭教師をしていた子だけに犯された時は、

まだ理性で抗しきれたのですが、

3人にベビーローションを使って巧妙に愛撫されたときには、

泣き叫んで嫌がったのですが何度も昇り詰めさせられました。

その後に信じられないくらい大きな凶器に犯されたときには、

あまりの快感で何回も失神させられました。

彼等は麻美の中で精液を出しても硬いままなんです。

そんなの信じられません。

いかされた後の余韻に浸ることも許されずに、

また激しく突き上げられるんです。

最初は気が狂いそうなくらい辛かったです。

あまりに激しい責めに体が耐えられなく

過呼吸状態になった時もあるし、戻してしまったこともあります。

でも彼等は麻美のことをひたすら乱暴にレいプするだけです。

そんなことを繰り返されるといけないと思いながらも、

麻美はそんな責めに順応していき、何度もいかされてしまいました。

今まで主人や独身の時に付き合っていた彼との行為では

こんな快感は得られませんでした。

セックスで失神するなんて、実際にはそんなことはないと思っていました。

好きな人に抱かれて一体になれれば、そんな行為が幸せでした。

正常位とバックしか知りませんでしたし、フェラチオも苦手でした。

お尻がセックスの対象になるなんて、そんなことは夢にも思いませんでした。

辛かったです。

そんな獣のような行為を強要されたとはいえ、

いっている自分に対する汚辱感、激痛、

彼等の野卑な言動、耐えられませんでした。

地獄でした。

一度に2人に前と後ろを犯されるなんて、こんなこと、本当に信じられません。

ローションをお尻に塗られると、これから起こる酷いことを恐れ泣き叫びました。

だけど彼等に執拗にお尻を弄られ、

何回も前後から突き上げられると

お尻に何かもどかしいような感覚が芽生えてきました。

激痛に苛まれても快楽に包まれて何度もいかされると

麻美のお尻の感覚は変わってきました。

一晩中3人にお尻だけを何度も犯された時には、

あまりの辛さに舌を噛んで死のうかと思いました。

だけど「死んだら写真をばらまいてやる」との脅しに負けてしまいました。

この夜にお尻だけで何回もいかされてしまったんです。

今から考えるとこの日から身も心も奴隷になってしまったと思います。

少年の上に足を広げて跨って、熱い肉棒に狂ってしまいました。

焦らされた後に与えられた快感に体がばらばらにされそうでした。

入れられた瞬間に達してしまい、

泣きながら自分から腰を振りながらわずか数分で2回もいってしまいました。

余韻に浸りながら、麻美をこんな体にした少年にもたれて、

むせび泣いていました。

もうレいプされた屈辱の涙ではありません。

体が時おり震えながら、まだ大きくて硬いものを体に収めたまま、

大きく息をしながら泣いていました。

だけどそれも長くは続きません。

再び胸を吸われながら、激しく突き上げられます。

「いやっー、お願いっ、ちょっとでいいの休ませてっ、麻美おかしくなっちゃう、あっー、あっー、ひっーー、うん、あっー」

後ろから、もう一人がまとわりついてきます。

(お尻にまた入れられるんだわ・・・)

きっとまた恥ずかしい姿を晒して狂ってしまうと思いながら、

快楽の期待を持ってしまいました。

背中を押されてお尻を突き出す形にされて指で、

揉みほぐすようにされただけで体がびくびく震え、声が出てしまいます。

「あっ、あっ、おねがいっ」

後ろから来た少年がお尻に指を入れながら・・・。

「何がお願いなんだよ」

麻美は突き上げられながら・・・。

「あっー、あっー、お尻にもっ、うーんっ、あっ、お尻にも入れてくださいっ」

自分から哀願してしまったんです。

「◯◯の奥様は高校生にアナルセックスして欲しいってお願いしています。

ほらっ、ご希望通り入れてやるからな」

お尻に硬くて大きい麻美を狂わせる凶器が突き立てられます。

「ひっーー、あっー、あっー、うーん、あっ、あっ、あっ、麻美おかしくなっちゃうん」

前と後ろから突き上げられ、体の中で交錯するのがたまらないのです。

ふたりに挟まれ麻美は泣きながら悶えています。

散々焦らされた苦しさから開放され快楽に気が狂いそうです。

夫を持つ身でありながら15も年下の少年に

「おまんことお尻にしてくれるからいいのっ、あん、あん、いっちゃう、いっちゃう、いっちゃうんー」

と甘えながら犯されているのです。

何てはしたない女でしょう。

彼等のペースが速くなってきました。

もう一人の少年に両脇から持ち上げられ上下に揺すられ、

さらにお尻とおまんこへの彼等の物が深く入ってきます。

その感覚が麻美を狂わせて泣き喚かせます。

「ぎゃん、あっー、あっー、もうっー、だめっ、だめっ、いくっ、いくっ、いくっ、いっちゃうーん」

全身を痙攣させて子宮に熱いしぶきを感じながら、いかされてしまいました。

彼等の肉の凶器はまだ硬いままお尻とおまんこに入っています。

前から犯している少年は麻美の中でたくさん出したのに萎える事無く・・・。

「今日は、お前らと違ってまだ一回しか出してないから、まだまだ奥様を狂わせなきゃな・・それにしても麻美奥様は激しいね。こんなになると思わなかったね」

麻美の乳首をいたずらしながら麻美の浅ましい姿を侮蔑されました。

後ろの男も麻美のうなじや、顔を舌で舐めて・・・。

「そろそろ第2ラウンド行く?まだ、俺、出してないよ」

麻美は半ば意識が飛んでしまい、彼等の言葉の意味もわからず、

目を瞑り、大きく息を繰り返し余韻に浸るだけでした。

再び2人に突き上げられ・・・。

「お願いっ、ちょっと、ちょっとでいいから休ませて、麻美こんなのじゃ死んじゃう、あっ、あっ、もう、いやっ」

余韻に浸る間もなくまた無理矢理激しく突き上げられます。

一度収まった波が再び高まり泣き叫びながら、二人に挟まれたまま悶えてしまいます。

「いやっ、もうっ、許してっ、許してっ、あっ、あっ、お願いっ、死んじゃうっ、ひっ、ひっ、ひっ」

目の前が真っ白になって訳がわからなくなります。

「また、中にいっぱい出してやるからな、早く孕めよ」

「麻美は誰の子を作るのかな、旦那でないことは確かだな」

彼らに翻弄されながら・・・。

「いやっ、いやっ、それだけは、お願いっ、ひっーーー」

妊娠させられてしまうという本能的な恐怖に今すぐ逃げ出したいのですが、

2人に挟まれ突き上げられている状態では、

2人の間で汗まみれで体を揺らす事しかできません。

「あっ、あっ、いっちゃう、また、また、いっちゃう、麻美、おかしくなっちゃうーーん」

2人の精液を受け止めながら、目の前が暗くなっていきます。



ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!