ドクっドクっと私の中に出されました・・[エッチな話まとめ]

私は32歳で既婚でしたが、

学生時代からずっとエアロビをやっていたこともあり、

結婚後でも、空いた時間を利用して教えていました。

ある大雨の日でした。

生徒は3人だけで、

レッスン終了後はおばさん2人はすぐ帰りました。

ところが、脂ぎった太った40くらいの中年のおじさん

(体型は長州小力さんのような・・・以下小力)

がこっちへ来て、

「どうしても体が固く、柔らかくなりたいので教えて欲しい」

と言うのです。

その日、最後のレッスンだったこともあり、

私は断らず「いいですわよ」と承諾しました。

小力「せんせい、足が全く開かないんです。

うまく開脚するにはどうしたらいいですか?」

私「え?開脚ですか!?簡単ですよ。

ほら、こうするんです」

私は自慢げに脚を広げ、床にペタンと胸をつけた。

すると、小力は私の背後に素早く周り込み、

何と持っていたヒモで、背中の上で手を括られました。

脚は、小力の両足に押さえつけられ、

私は開脚のままどうすることも出来ません。

“やばい!”と思ったけど、後の祭り。

彼の手が、スルスルと私の大切な股間へ・・・。

小力「ハァハァ、せんせい、す、すごくスキだったんだ・・・だって、く、黒木瞳にスゴク似てるんだもん・・・」

似てるかどうかは別にして、確かに独身時代はよくモテました。

バイトで、モデルもしたこともあります。

あまり遊んでないように見られますが、実は体験人数も10人は超えてます。

しかし私は寒気がしました。

こんな脂ぎったおじさんに告白されるのは初めてです!

私は抵抗しました。

しかし、上からがっしり押さえつけられています。

小力「ぐへへ、無駄だよ。

ほーら、ここはどうかな・・・?」

私のおまんこをレオタードの上から、触ってきました。

グチョグチョと、自分でも濡れてくるのが分かりました・・・。

私「お、おねがいです、やめてください・・・」

小力「こーんなに濡れて、ヤメテはないだろうよ!」

すると、突然人差し指を立て、レオタードをずらし、

それを私の中に入れてきました。

「ひ、ひぃーーーーー」

私は思わず、仰け反りそうになりました。

しかし小力の指は、私の中で掻き回します・・・。

ズチョ、ズチョと、スタジオ中に響き、

恥ずかしさでいっぱいでしたが、

不覚にもだんだん感じてきました・・・。

すると、小力が「そろそろいただくかな」と言い、

私の腰を持ち上げると、そのまま後ろから入れてきました。

私は、もう抵抗する力もありませんでした。

しかし、すぐには入りません。

彼は背が小さい割りに、おちんちんがやたらデカかったのです。

ズンッ!っと一気に入ってきました。

小力「おおー、やっぱりエアロビのせんせいのアソコはしまりがエエなー!」

そう言って、激しく突いてきました。

パァーん、パァーんと部屋中に、こだまします。

小力「よし、いよいよワシの18番、ディープスロートや!」

彼のおちんちんが、私の子宮の奥を一気に突いてきました。

私は奥を突かれるのが一番弱かったので、

もうその時は、全身ピリピリと電気が走ったかのような感じでした・・・。

私「ダ、ダメー、イッちゃうーわー!!!!!!」

小力「よっしゃ、ワシもイクでーー!!!!!」

ドクっドクっと、私の中に出されました・・・。

小力「ふう、ふう、気持ち良かったー!せんせいも良かっただろ?」

中出しされたにも関わらず、気持ちよさのあまり、思わず頷いていました。

小力さんは、今では週2で私のレッスンに通っています。

当然レッスン終了後は、二人だけの『特別授業』があります・・・。

まさかこんなおじさんと私が、

関係を持っているなんて周りも全然気づいてないようです・・・エヘッ。



ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!