頭が働かなくなっちゃうエッチは初めてでした [セックス体験]

私には彼氏がいました。

付き合って3年くらいでした。

でも彼氏と元彼女との関係がいまだに切れず、

お互いに支え合っていたり助け合っていたりして

(二人から言わせると)、

私はそれが嫌でした。

私には元彼女が彼に甘えている様にしか見えなかったから。

何度も何度も同じことを繰り返し、

その度に彼に助けを求めてくる。

一時期は本当にそういう関係をやめて欲しいと

彼氏に話をして連絡を一切とらないようにしてもらったけど・・・。

結局は私がするなと言うから連絡を取り合っていなかったというだけで、

彼自身は元彼女の世話をしたいという気持ちで、

それを我慢していただけで。

結局、彼氏に嫌われたくなくて

私がどうにかしようと思って付き合ってきました。

が・・・限界値を超えてました。

好きって気持ちよりも、

それに耐え続けていくぞって気持ちになっていたのかも知れません。

ただ単純に彼氏と元彼女と

私の関係について味方になってくれる人が欲しかった。

そんなとき彼と出会いました。

彼は私の味方になってくれました。

当然好きになりました。

ある日、彼も含めて男女4人で飲みに行くことになりました。

普段お酒なんてめったに飲めないのに、

その日は目茶苦茶はしゃぎたくて、

今まで飲んだことないペースで飲んでいました。

飲み仲間ができた~愚痴れる仲間ができたぁ~っていう感じで、

すごく楽しんでいました。

なのに・・・。

カラオケに移動して、

ドリカムの歌を歌っていたら急に物凄く寂しくなって、

悲しくなって泣いちゃったんです。

人前で泣いたりしないんですけど・・・。

お酒ってそういうものなのかなぁ・・・。

そんな私を見兼ねて、彼が私を送ってくれることになりました。

彼の車に乗っても「ごめん」を連発していた私に彼が言いました。

「俺、絶対そんな気持ちにさせるヤツはおかしいと思うよ」って。

たぶんずーっと言って欲しかった言葉だったんだと思う。

気持ちが楽になっていくのがわかった。

何も疑うこともなく、私は彼の胸に顔を埋めました。

彼はお母さんが赤ちゃんをあやすみたいに

私の頭を撫でてくれたり肩をトントン叩いてくれました。

それは今まで感じたことのない安堵感でした。

どれくらいそうしてくれていたのは解らないんだけど、

すっごく気持ちよくて。

ずーっとこのまんまがいいなぁ~って、

うとうとしちゃった瞬間「寝ちゃダメだよ!」と顔を覗かれました。

ぼんやり彼の顔を見つめてたら彼がキスしてきました。

彼の唇は柔らかくて、物凄く優しいキスで、

ゆっくりなキスで唇と唇がくっついたり離れたりする間が絶妙・・・。

思わず鼻息が漏れてしまったのがスイッチで。

お酒の所為もあってか、

全く理性が働かなくて彼に体を任せてしまいました。

彼の手は大きくて私の小さい胸は思いっきり手に余っていたけど、

優しく優しく撫でてくれて、

それが信じられないくらい気持ちよくて。

特に胸は敏感なのですが、

すごく感じてしまって、物凄く湿ってしまいました。

私の体が熱くなってるのはもちろん彼にはバレバレで、

彼もそれに興奮しているみたいでした。

彼の唇が胸に触れて、思いっきりビクンとしました。

そのままの状態で彼の手は私の湿っている部分に伸びました。

すっごく濡れちゃってる私に彼は驚きを隠せなかったみたいで

「すげぇ」と溜息まじりの声で囁きました。

その声に私の体はまた反応してしまい、ジワジワ溢れてきてしまいました。

彼の指はそれを確認すると、遠慮なく私の中に滑り込むように入ってきました。

それくらい濡れていたんです。

私の声といやらしい音が車内に響きました。

今までの彼じゃないみたいに

激しく掻き混ぜるように動く彼の太い指に私は興奮して、

とても気持ちよくて車内はどんどん溢れて来る愛液の香りでいっぱいで・・・。

気がついたら声を漏らしまくっていました。

もうイキそうって思った瞬間に、彼は突然指の動きを止めました。

彼は私の下着を脱がして、彼自身を私の中に入れました。

グググ・・・って感じでした。

自分の体が開かれていく不思議な感覚でした。

何度も経験しているはずなのに・・・。

そして、スルッと入ってしまいました。

クチャッって音がして体がビクンとしました。

思わず彼にしがみついてました。

指の時とは真逆で、

ゆっくり出したり入れたりする彼の動きがたまらなくてイッちゃいました。

彼は私がイッたのを確認すると、

今度は私の足を抱えて激しく中に入ってきました。

体の奥の奥の奥に彼が届くたびに、

体がジワジワ溶けてるみたいでした。

私の意思とは関係なく、

思いっきり彼を締めつけている自分にもびっくりでした。

こんな風に頭が働かなくなっちゃうエッチは初めてでした。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!