気持ちいいけどチンチンの方がいい…[エッチな話まとめ]

この間のちょっとした記念日の時の話です。

高校の時から付き合って2年半の彼女(沙織)と晩飯を食べに出かけました。

一応彼女のスペック。

年齢19歳、162cmぐらいで上から88cm、58cm、85cm。

顔は夏川純に似てると言われるらしいです。

エッチな性格と言うよりも、ドスケベに近いと思います。

話を戻しますが、晩飯を食べ終わってから思い出話になったので、車で20分ぐらいの所にある、半年前まで通っていた高校に行く事にしました。

夜の学校は静まり返っていましたが、恐い感情とかはお互いなかったと思います。

彼女が

「高校に通ってる時にも、夜に学校に来た事あったよね。そん時は花火してる人いたから、しなかったよね…」
「そんな事もあったね。でもその後俺ん家来てしたような気がするけど…しなかったけ?」

「したかな~?」

とか言いながらジーパンの上から触ってきて…だんだん大きくなってきてしまい、

「高校の時出来なかったし、今する?」

と聞くと

「いいよ…今は口でしてあげる」

そう言ってくれたけど、実はあんまりフェラは好きじゃない俺…。

気持ち良くないとかではないんですが…何か本能的に…まぁ贅沢言えないので、してもらしました。

沙織が自分でチンコを持って顔になすりつけたり、ほっぺが膨らむように咥えたりして

「いつもより硬いね…ガマン汁出てるよ」

フェラは前の彼氏に仕込まれたのか、かなり上手いです。

俺の少ない経験上の話ですが…確かに気持ち良いです。

静かな学校にジュポジュポというフェラの音…雰囲気的にも興奮してしまい

「沙織…イきそう…」

「ガマンして…まだダメだよ…」

と言いつつスピードアップされ、残念ながら昇天しました。

若干苦しそうな沙織の表情…まだ咥えながら残っている精子を吸い出している。

「気持ち良かったよ。ありがと…」

逆に抱き締め耳たぶを愛撫し、おっぱいを撫でる…

「何かいつもと違うエッチがしたい」

学校でしてる事自体、いつもとかなり違うと思いましたが、

「例えばどんな事?」

「とりあえず、今日はホテル行きたい…すぐそこのホテルでいいから…」

学校を出て車で5分程のホテルに入り、いつもと違うエッチどころか、いつも通りの流れ…ただ部屋に入ってから一言。

「今日は誕生日おめでとう。これプレゼント」

と、腕時計を貰いました。

「…それと、このバイブ前に買ってから使ってなかったじゃん。今日使ってみよ」

とりあえず風呂に入り、沙織の身体で俺の身体を洗ってもらった。

チンコはパイズリで洗ってくれた。

沙織のおっぱいは大きい方だと思うけど、おっぱい自体硬い感じで乳首がかなり小さい。

良く言えば型崩れしない張りのあるおっぱいですが、何か子供っぽいおっぱいがデカくなった感じだと思う…乳首の色も薄いし…。

ベットに行き、

「よく見せて」

と言ってマンコを手で広げといてもらい、クリトリスを舐める…。

指を入れ、ゆっくりと手前だけ刺激すると、すぐに沙織はイッてしまったが、そのまま指を抜かずにGスポットを速めにいじると

「あっ!イッちゃう!イッちゃう!」

と言って潮を吹きながら逝きました。

指にマンコがピクピクしてるのが伝わって来ました。

「もう一回してもいい?」

返事を待たずに指マンすると、多分30秒ぐらいで

「ダメっ!出ちゃう!」

とか言いながら潮を吹いちゃってました。

沙織に

「これ見て…」

とシーツの大きなシミを見せると、恥ずかしがって赤面してたのが可愛かったです。

「じゃあバイブ使ってみる?」

ちょっとローションを付けて、マンコに入れてスイッチを一番強くしてグイグイ動かすと、腰をくねらせて感じてる沙織。

「気持ちいい?」

「気持ちいいけど、チンチンの方がいい…」

バイブを抜き、マンコの入口にチンコを擦りつける。

「入れて…」

ゆっくりと奥まで入れる。

キスしながらゆっくり奥を突く。

「沙織が上になる」

と、普段はそんな事言わないのでちょっとビックリしましたが、騎乗位の体勢になりました。

スケベらしい腰の振り方で、上下に動くと言うよりも前後にクリを擦り付けるような感じで、馬乗位だと余計におっぱいが大きく見え、自然におっぱいを揉んでました。

「イキそう…」

と言って沙織は上手く腰を振れなくなったので、下からピストンすると、イクとも言わずに

「アッアッ…イッ……」

と言ってイッてしまい、力が抜けたのかオレに抱き付く様な形になりました。

しばらくそのままの体勢が続き、

「沙織、オレもイッていい?」

と聞いて再び正常位でやり、オレもイきました。

そんな感じの記念日でした。

ちなみに、朝方もう一回して、

「これからもずっと一緒にいようね」

と言われ、チェックアウトしました。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!