電車が大きく揺れると彼のペニスが膣の奥まで当たって・・ [エッチな話まとめ]

私には2歳年下の彼がいて、同棲中です。

同棲を始めてから数ヶ月、

いつもいつも体を求めてくる彼にちょっとうんざりしている自分がいました。

エッチするのは嫌いじゃないし、

彼のことも大好きだけど、

「自分だけイったらオシマイ」

みたいな彼の態度にちょっとした不満を抱いていました。

ようするにマンネリ気味になっていたのです。

でも、ある日を境にマンネリは解消されることになったのです。

ある日のこと、私はいつものようにバイトに出掛けました。

出掛ける直前も私に体を求めてきた彼・・・。

年下は可愛いけど、

何か猿みたいだな~なんて思いながら電車に乗り込みました。

結構車内は混んでいてたのですが、

いきなり後ろからお尻を触られました。

痴カンかと思って振り向くと、

そこには家にいるはずの彼がいたのです。

「びっくりした?」

「当たり前でしょ!もぉ~。

それはそうと何でココにいるのよ」

「いや、最近エミコって俺としたがらないじゃん!だから、バイト先で男でもできたんじゃないかって心配になって・・・」

「そうじゃないわよ。

いっつも見境なしに体求められるのが嫌だっただけ。

マンネリ気味だし・・・」

「じゃあ、ココでしちゃう?」

そう言うと彼はスカートの中に手を入れて私のアソコを下着の上から触りました。

「ちょ、ちょと!こんなとこで・・・!あっ!」

そしてとうとう彼は下着の中に手を入れて直接アソコを触ってきたのです。

「イヤ・・・。

指まで・・・。

あんっ」

「エミコ、凄ぇ濡れてるじゃん。いつもより全然だぜ」

私はだんだん気持ち良くなってきて、

息づかいが荒くなっていくのがわかりました。

「俺、もう我慢できない」

彼はそう言うなり、私のパンティーをずり下ろし、

固くなったオチンチンをアソコに入れたのです。

「はうっ、はぁ、はぁ、あんっ!」

必死で声を押し殺したつもりですが、

多分、周りの人には聞こえていたと思います。

何せ満員電車ですから、電車が大きく揺れると

彼のペニスが膣の奥まで当たりました。

「あんっ、き、気持ちイイ・・・」

「俺、イキそう・・・。外に出すからエミコの手で受け止めてくれ。うっ!」

彼も興奮していたのか、

普段よりも多めの黄色っぽい精子がたくさん出ました。

「たまにはこういうのも良くない、エミコ?」

「もう、この変態っ」

その後、私達は電車の中でヤるのが病み付きになってしまいました。

SEXのマンネリを解消するにはいいかもしれませんよ。



ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!