最後は直接バイブで責められ射精させられました…[セックス体験]

年上の彼女がひたすら責める好きで、

一度連続で逝かせてみたいと言っていたのだけれど、

こっちは普通にされてもグッタリする程なのに、

とんでも無いとずっと断わっていた。

ある日、

精力剤だと変な薬を飲まされそしたら1時間くらいで、

絶えず快感が身体を走るように成ってきた。

何だこれ?と思っていたら、

「さっきのは媚薬なの~」

とにこやかに言われた。

凄い効き目で、

触られるだけで逝った時のような快感が身体の中に響いて来る。

それでも実際に射精する事は無く、

ひたすら何度も逝ったような感覚に襲われ、

半狂乱で叫びまくり。

こっちは泣きながら叫んでいるのに、

彼女はそれは嬉しそうにねちっこく責め続ける。

最後は直接バイブで責められ射精させられた。

バイブをずっと押し当てられている為か、

快感が終わる事が無い。

しかも次第に大きく成って来る。

その想像を超える快感に、

恐怖で「やめてー」と叫んでいた所までは覚えていた。

後で聞いたら、

口をパクパクさせながら失神したそうだ。

この時は、もう2度と味わいたく無いと思ったけれど

最近は身体が疼き、また犯られたい、

と考えるように成ってきた。

試しにここを見せたら、

「犯りたい犯りたい」と騒ぎ、

「媚薬は沢山あるよ~」と誘惑してくる。

一度嵌ったら、もう抜け出せないのかな。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!