3分以内にイっちゃったら夕飯ご馳走してねと彼女が言ってきた[エッチ体験談]

昨夜、彼女とお風呂に入ってた時の出来事。

彼女が

「今日は体洗ってあげるよ」

と言ってきたので、

「おっ、ありがとう」

と言うと、彼女はタオルで背中から洗い始めました。

そして背中が終わった頃、彼女は裸のまま後ろからくっついてきて、おもむろに僕のモノをしごいてきました…。

彼女は

「早い!もう勃ってきてるよ」

と言いながらしごき続け、しばらくすると泡を手につけてしごいてきました…。

僕はこれくらい問題ないと思って、ただただ手コキされていたのですが、突如彼女が

「3分以内にイッチャったら夕飯ご馳走してね!」

と言ってきて、

「ん?3分位じゃイカないからいいよ」

と軽い気持ちで返事をしました。

この時23時18分。

すると彼女は一瞬手を離し、手に唾を大量に出して、それを上から塗りたくるようにして再びしごき始めました…。

これは反則なんじゃないでしょうか…。

唾液でヌルヌルになった僕のモノは、彼女が手を動かす度にグチュグチュ音を立て、自分でオナニーするより数段気持ちいい状態に…。

彼女「どう?気持ちいい?」

僕「おー、気持ちいいよ…。でもイカないけど、」

彼女「ふ~ん、そうなんだ」

と言うと、彼女は手の動きをゆっくりの状態からやや速めにしました…。

彼女「どう?気持ちいいでしょ?」

僕「お…おぅ…気持ちいいわ…」

彼女「そろそろイッチャうんじゃない?」

僕「いや、イカないよ…ってちょっと待った…」

彼女「ん?どうしたの?」

僕「一旦休憩…なっ?」

彼女「ダメーッ!」

と言うと、彼女は再び手の平に唾を出し、またそれを上から被せてきました…。

そして、いよいよ抜きにかかろうと手の動きが徐々に速くなり…、

彼女「もうイカせちゃうからね」

僕「お前唾は反則だろ…」

彼女「ん?でも気持ちいいでしょ?」

僕「アッ…んー…まぁ確かに…」

彼女「イッちゃっていいんだよ」

僕「いや、それは…アッ…ヤバい…ちょっと待て…ほんとに…」

彼女「イッちゃえー」

僕「アッ…ヤバい…もうダメだわ…イクッ…」

と言うのと同時に思いっきりイッてしまいました…。

この時23時20分…。

後ろから手コキをされてイッてしまうなんて屈辱的でしたが、なぜか普通にしごかれるより数段気持ち良かった気がします…。

まさかコレはMの目覚めなんでしょうか…。



ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする