お姉ちゃんの膣の中におそるおそるちんちんを入れてみました[エッチ体験談]

僕が初めてセックスしたのは小3の時でした。

相手は隣に住んでた20歳の大学生の綾子姉ちゃんでした。

その日、両親が不在で、

綾子姉ちゃんの家にあずけられてたのですが、

姉ちゃんも両親が共働きで夜遅くにならないと帰ってこないので、

一緒にお風呂に入ってました。

そのうち綾子姉ちゃんが

「ねえ、おちんちんって何でついてるか知ってる?」

って聴いてきました。

当時、セックスなんて知らない僕は

何を言ってるか判らなかったのですが、

お姉ちゃんに

「ちんちんって剥けるんだよ」って言われて

「どうやって」って聞きました。

すると綾子姉ちゃんは僕のちんちんの先を軽く摘んで、

そのまま根元の方にずらして剥きました。

ホントは亀頭の半ばでちょっとつっぱってたんだけど、

「ちょっと痛いかもしれないけど我慢してね」って言われて、

痛かったけど我慢して剥かれました。

僕がちんちんを剥いたのはこれが初めてで、

白い恥垢がいっぱいついてました。

「ちょっとしみるかもしれないけどまた我慢してね」と言って、

綾子姉ちゃんは僕の剥けたちんちんに洗面器でお湯をかけました。

その時、指で剥けたての亀頭に姉ちゃんが指で

恥垢を落とすために擦ってくれたのですが、

僕は「痛い!」って言ってそのままちんちんを押さえて泣いてしまいました。

「痛いよぅ・・。早くちんちん元に戻してよぅ・・」

って綾子姉ちゃんに泣きながらすがりついたのですが、

お姉ちゃんは

「ごめんね・・。でも最後に、おちんちんって女の人のあそこに入れて愛し合ってるもの同士が一つになるのに使うんだよ」

って言って、自分のあそこを開いてみせてくれました。

それを見た時、何故か心臓がもの凄い早さで鼓動し、

いつの間にか僕のちんちんは痛いながらももの

凄い充血して亀頭が真っ赤になっていました。

「試しに入れてみる」と綾子姉ちゃんに言われて、

僕はお姉ちゃんの膣の中におそるおそるちんちんを入れてみました。

何だかちんちんがくすぐったいような感じで、

中はものすごく暖かったです。

ちょっと動かしただけでも何だかこそばゆかったので、

気がつくと自然と腰を動かしていました。

その時、綾子姉ちゃんは、

後になって思えば感じてるような当時としては不思議な表情をしてましたが、

途中で

「もうダメ!これからは◯◯くんが好きなコができて、その彼女と繋がる関係になってからね」

と言って、僕の腰に手をあてて、

ちんちんをあそこから引き抜き、

そして僕のちんちんに手を触れて包皮を元通りに戻しました。

ちんちんが綾子姉ちゃんの愛液で濡れてたせいか剥いた時ほどの苦痛もなく、

割りとすぐ皮をかぶらすことが出来ました。

そして、綾子姉ちゃんは

「今日あったことは◯◯くんのお父さんにもお母さんにも友達にも絶対ナイショだよ」

と言いました。

それから2、3日したある日、

ションベンをするともの凄い激痛が走りました。

母と病院に行ったら、

亀頭と包皮の間に雑菌が繁殖して

それがチンコに侵入して膀胱炎を引き起こしてるとのことでした。

姉ちゃんとやった後、

ちんちんを洗わなかったので

包皮と亀頭の間で姉ちゃんの愛液が雑菌の温床となったみたいでした。

でもセックスした後の2~3日の間、

僕は自分のちんちんが灼熱感があったのは気ついてましたけど、

「姉ちゃんのあそこから出たものが僕のちんちんの中に入ってるんだ」

と思えて幸せでした。

僕が姉ちゃんのこと小2の時からずっと好きでしたから。

それからもお互いの両親がいない時、

姉ちゃんに「ちんちん入れさせて」と頼んでみましたが、

姉ちゃんは一切許してくれませんでした。

その5年後、綾子姉ちゃんはお嫁に行ってしまいました。

僕の小◯校の時の甘い思い出です。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする