異常なシチュエーションだけで射精してしまったエロ体験談[セックス体験]

厨房のときにブラスバンドの部活に入っていた。

皆知っていると思うけどブラバンは、女子だらけで、

少人数の男子は基本的に肩身が狭いというか立場が弱い。

特に中学時代なんか、同級性や先輩のお姉様方には

頭が上がらない。

ある日一人で教室で立ち上がって練習してたら

なぜか勃起した。

ほっといたら上級生の女子二人が入ってきて

それをみて爆笑され、

それから

「中どうなってるか見せて」といわれた。

内気だった俺は恥ずかしがっていたが、

「ダレにも言わないから見せて」

と先輩のお姉さま二人組に言われて

もじもじしてると、

「1年○組の○○君はぼっきして練習してたって

××ちゃんに教えちゃうぞ」と言われてしまった。

××ちゃんとはおそらくこの二人組と

同学年の憧れの先輩の一人だった。

部内はもとより××先輩にそんなことばれたら

もう学校に行けなくなる

そう思った純情だった俺は

仕方なくその二人組に近づいた。

「おぉ?見せてくれるん?」

そういったあと二人組はお互いに

「ねーみたことある?」

「ないよぉ、みたい?」

「みたい・・・よね」

などということをひそひそ話した後、

「じゃ、みてもいい?」と再確認してきた。

俺は何も言わずうなずくとジャージとブリーフを広げ、

上から覗き込ませた。

恥ずかしいのと興奮でペニスはどくどくと脈打っていた。

俺は案外発育がよかったので

もう陰毛も生えてたし、皮も半分むけていた。

男子の前ですら見せたことがない

ペニスをまさか女の人に見せるなんて

もうオナニーも覚えていた俺は、

いつの間にか興奮でおれは我慢汁まで出していた。

そしたら片方の女子が

「あー・・おもらし?」とか言ってるのが聞こえたが、

もうひとりのほうが結構耳年増なのか、

我慢汁を説明していた。

「射精ってどんなの?」

その耳年増がいきなりいいだした。

「ねね、射精ってどうするの?」

俺は真っ赤になってモジモジしてると

「射精も見たいなぁ」

などととんでもないことを言い出したのだ。

「だってもう我慢汁も出てるじゃん(笑)」

「初めて見た~本物のチンチン!」

「可愛いけどぬるぬるでてるー」

とか二人でこそこそと冷やかしを言っている。

「射精ってやっぱエロイものみせないとだめ?」

とか耳年増が言い出した。

実はもう発射寸前だったが、

こうなりゃんどうにでもなれと、

俺は恥ずかしがりながらうなずいた。

「なんかあたしも熱くなってきたよ、○子は~?」

「あたしも熱い~」

向こうもいつの間にか紅潮した顔になっていた。

また二人でなんか

ヒソヒソやっていると思ったら

「ね、こっちおいで?」

と俺はとりあえずジャージを直されて

教室の外に呼ばれた。

そしてなんと女子トイレの中に入れられたのだ。

「○子、今大丈夫?」

「うん、だれもいない」

「じゃ、早く入って」

女子トイレの個室に3人

「ここならだいじょうぶだから。

ゆっくりみせて」

まだ続くのか

でもペニスは立ち上がりっぱなしだし。

一応俺も「すいません、練習が・・・」とはいったものの

「大丈夫、あたしが言い訳しておいてあげるから」

と耳年増に言われて、

もう逃げられない状況

この二人組、まだ俺は入学して

そんなにたっていなかったから知らなかったものの

実は校内でスケバンだったのだ。

今思えばどおりで眼光が鋭いと思った

何でスケバンの先輩がブラスバンド部なんかに

入ってるんだよと思ったらが、

楽器や演奏するのが単純に好きらしい。

まぁスケバンって言っても、

田舎の牧歌的な中学校だったので、、

今思えば

ちょっとヤンチャな女子中学生という感じだったと思う。

先輩たちも知識先行型で

彼女らもきっと処女だったと思う。

だからこそ大人しい俺のペニスを弄ぼうとしたのかも

「ジャージ下ろせる?」耳年増がそういった。

狭いトイレの個室に3人。

そして俺はジャージを下ろして

勃起したペニスを露出している。

どう見ても異様な光景。

でも彼女らもかなり興奮しているようだった。

ペニスの先からは我慢汁。

「んじゃ特別サービスね」

何と二人ともブラウスのボタンを外して

ブラの上から胸のふくらみを見せてくれたのだ。

あーしごきたい、でも女子二人の前でしごくなんて

目の前にはモノホンのブラジャーを出した女子

触りたいけど触れない根性なしの俺

そしてとうとうドピューンとシゴく事なく、

この異常なシチュエーションだけで射精してしまったのだ。

俺のペニスはもう、

触らなくても射精する準備ができていたのだ。

精液は耳年増じゃないほうの女子に飛び出し、

スカートからブラウスを濡らした。

「きゃー!」

「でたー!」

「あーおもしろかった」

「すごかったねー」

「ありがとねー」

そんなことを言いつつ彼女らはその場を去っていった。

教室に戻ると思ったとおり部活の男の先輩が

「なにさぼってんだよ」と怒ってた。

中学時代に先輩のお姉さんに羞恥プレイをさせられ

恥辱された思い出です。

この時のトラウマなのか、若干M男になってしまった

気がします。



ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!