愛液が多い体質なのかパンティの中央が濡れて汚れている・・ [エッチな話まとめ]

私の昔の思い出を聞いて下さい。私がまだ中二の頃でした。
私は父親の仕事の都合でタイのバンコックに住んでいました。
当時でもタイの日本人社会は大きく、駐在員の家族を含め多数の日本人が住んでいました。
日本人の駐在員の奥様達は、開放的なタイの気候、風土の為か宙学生の私にも刺激的な話が聞かれました。
クラスメートのお母さんの一人が幼稚部の先生をしていた方ですが、日本人小学校の先生とできてしまった事件も有りました。

小学校の卒業謝恩会にピンクの透け透けのブラウスを着てくるお母さんもいました。
子供と言っても小学6年生で初めてオナニーを経験した私には、オナニーの材料となる開放的なお母さん達が大勢いて、宙学生の頃は毎日最低2回はオナニーをしてました。

そんな中で印象深い奥様を何人か紹介しましょう。
一人目は臨時で英語の教師として採用された、寛美んです。
この奥様は某商社員の奥様なのですが、英語の先生が一人産休を取られた為、臨時教員として採用されました。

年齢は30台前半で、背丈は155センチは無かったと思います。
胸は大きかった、90cm近かったのではないでしょうか、何と言うかとても肉感的な奥様でおっぱいが砲弾的に白い薄いブラウスを押し上げていたのが印象的です。

そして何より私のあそこを硬くしたのは、むっちりとした腕が上がる時に見える真っ黒な大量の脇毛でした。
授業中に髪の毛を押し上げるしぐさが多かったもので、暑いバンコックのことですから、ほぼ連日ノースリーブの脇の下に収まりきれない脇毛が堪能出来ました。

私は、男らしいと言うよりは可愛らしいタイプでした。
先生、特に女性の先生の受けは良く、可愛がって貰いました。
私との秘密が出来たのは、休日に私が一人でマーケットに買い物に言った時奥様に偶然出会ったのです。

私は、マーケットに近くの日本人がやっている工作道具を売っている店で買い物をした帰りでしたが、奥様はくだもの等の買い出しでマーケット来ていたようでした。
タクシーでも拾って家に帰ろうとしていた私は「タカシ君、こんな所で何しているの」との車からの声に呼び止められました。

学校で見るより更に刺激的な黒のノースリーブのタンクトップ姿の奥様に目のやり場に困りながら、買い物を終えてこれから帰るところだと説明すると、家が近いので送ってあげると言われました。

私は奥様の側で、刺激的な姿態が見れると思うと思わず半ズボンの下が硬くなりながら助手席に乗り込みました。

車に乗り込みお礼を言いながら奥様の姿を眺めると、なんと白のミニスカートの下には黒いパンティがうっすらと透け、もちろんパンティストッキングは付けておらず小さなサンダルに包まれた足の爪にピンクのマニュキアなんとも色っぽく見えます。

車を走らせながら何を話したかよく覚えていませんが、私が顔を赤くしながら胸、脇の下からはみ出た脇毛、パンパンに張った越しまわりを盗み見ている様子を奥様はどきどきしながら見ていたと後で教えてくれました。

お買い物の荷物がたくさん有るので先に奥様の家に寄って荷物運びを手伝ってと言われた時、私は妖しく胸がときめきました。

奥様の家に着き、荷物を抱えて奥様の家に入りました。
御主人はシンガポールに出張中で、留守でした。
お子さんは近所の家に買い物の間預けていると言ってました。

私は、奥さんに続いてキッチンに入り荷物をしまうのを手伝いました。
奥さんが両手を上げて棚に果物を置く時、隣に立っていた私は、甘酸っぱい汗の匂いのする脇の下に思わず鼻を近づけ大きく鼻から息を吸い込み、その甘い匂いに立っているのがやっとと言った感じになりました。

冷蔵庫に果物をしまう時は、片膝を立てミニスカートの膝を斜めに開いた奥様の股間が隣に座った私には丸見えで黒いパンティが網目で出来ていることまで、確認できました。
股座を覗き込んでいる私にようやく気づいた振りをして奥さんは、「何見ているの」と聞きました。

ふいを衝かれ、押し黙る私に「もう、女の人の体に興味がある年齢なのかな」と独り言ともつかないことを言って、「こっちにいらっしゃい、もっと良く見せてあげる」と奥さんはリビングルームのソファーに向かって歩き出しました。

私は彼女の後を付いていくだけでした。

「さあここに座りなさい」

奥さんは自分はソファーに腰かけ、ソファーの前の床を指差します。

私が座ると「ちょっと恥ずかしいな」と言いながら、足を持ち上げ膝を抱える形で股を大きく開きました。

私の目の前30cmに奥さんのあそこが黒い網目状のパンティに包まれさらされています。
良く見ると、網の下には黒々とした陰毛が見えています。

「さあ、良く見るのよ」と言って奥様は腰を浮かし、そのパンティをお尻の方から脱ぎ始めました。

もう私の視界を遮るものは何も有りません。
母親の陰毛は見たことが有りましたが、割れ目を見るのは生まれて始めてです。
それにM字になった足の間で腰を前に突き出した余りに無防御な体勢の奥様のあそこは、割れ目の回りのビラビラまで少し開きうっすらと濡れています。

「何か、感じちゃうな」奥様は独り言を言いながら、「いい、これがおまんこ、ここから子供が産まれるの。でもここはこうすると・・・」と言いながら私の手を取りあそこに押し付け、「優しく上下に撫ぜて、とても女性は気持ちが良いの」と言います。

私は、さっき見た時には気づかなかったのですがとても濡れていることに驚きながら、自主性を発揮し、撫でまくりました。
割れ目の上には尖った部分が有り、これがクリトリスかなと当てを付け、クリトリスが一番感じるとの知識を持っていましたので親指の腹で優しく撫で回しました。

「そう、それ凄き気持ちがいい」奥様の言葉に自信を持った私は、中指を膣の中に挿入しました。

「ああああん」

ひときわ奥様の声が高くなります。

今や私の手は奥様の愛液でびしょびしょです。
私の股間も半ズボンのチャックを押し上げきつきつです。

私が股間を苦しそうに動かしているのを見た奥様は、「わたしばかりがいい気持ちになってもね」と言いながら足を床に下ろし、「さあ、あなたのおちんちんを見せてご覧なさい」と言いました。

私は立ち上がり、すぐにズボンとパンツを脱ぎました。
下腹部を叩くほどの角度で勃起している私のおちんちんを見て奥様は、「すっごい」と言いました。
まだ、14歳ですから、勃起の角度は文字どおり腹にくっつくくらいです。

それから、私の物は当時は自覚が有りませんでしたが、18cm強と大きく、特に可愛らしい宙学生の子供の一物がまさかこんなサイズとはとても想像できなかったようです。
奥様がほれぼれと私の一物を見上げるようにしながら、手を伸ばし私の一物を握りました。

「あっ」

私は思わず声が出ました。

「タカシ君は女泣かしになるな」と言いながら奥様は優しく握った手を上下し始めました。

めくるめく気持ちの高まりに「待って」私は叫びました。
手を放しながら「もう気持ちよくなっちゃうところだった?」奥様は聞きます。

「僕、先生のおっぱいを見たい、それから脇の下の脇毛も」
「まー、タカシ君はエッチなんだからあ」

奥様はそう言いながらも立ち上がると、「こっちにいらしゃい」と言い、寝室に向かって歩きながらタンクトップを脱ぎ始めました。

私は股間を押さえながら奥さんの後に続きます。
寝室は大きなダブルベッドが中心に有ります。
タンクトップを脱ぎ捨て、白いブラジャーを外しながら奥様はベッドに倒れ込みます。

仰向けに直って両腕を頭の下に組んで脇毛を露にしながら、「さあ、いらっしゃい」奥様の声を聞くまでも無く、私は奥様の大きなおっぱいににむしゃぶりつきました。
見た事もない大きな乳輪は少し褐色でしたが、その中の1cm程飛び出した乳首が不思議で私は飽きもせず嘗め回しました。

「乱暴にしてはだめよ。優しく舌をはわすの」

砲弾のような胸を握りながら、奥様の言う通り舌先を回して大きな乳首を交互に舐めると「そうそう、上手よ、あああん」奥様は気持ちが良さそうです。

「さあ、そろそろ大人にしてあげるわね」

奥様はそう言うと私を仰向けにして、私のおちんちんを掴みながら跨ります。

「いい、うごかないでね」

奥様はそう言いながら私のおちんちんをあそこに当てがい、ゆっくりと膣の中に導きます。
柔らかくあたたかい感触がおちんちんに広がり、なんとも良い気持ちになるとともに、これでもう童貞でないという気持ちでうれしさがいっぱいです。

「ちょっと、大きすぎるな・・・あああ、でもこれすごくいい」

遂に、私のおちんちんが根元まで入りました。

私の胸に手を付き奥様はゆっくりと腰を私のおちんちんの根元に擦り付けるように前後に動かします。
私は夢中で奥様の胸を握り締め乳首を親指で転がしながら、「あああ、だめです。もう出ちゃう」と言いました。

「もう少し、もう少し待って」と奥様は言いましたが無駄でした。

これまでのどんなオナニーよりも気持ち良く、私は奥様の膣の奥深くにどくどくと射精しました。

「ああああ、私も変になっちゃう」

奥様は一段と強く腰をこすりつけ、私の上に覆い被さります。

まだ私の射精が続く中、私は始めて奥さんとキスをしました。
奥さんは舌を私の口の中に入れてきます。
大人のキスはこういう物なのかなと思いながら奥さんの舌を吸い、唾液を飲んでいると私のおちんちんは奥さんの中で再び元気になりだしました。

「嘘みたい」と言いながら、私のおちんちんを奥さんは締め付けます。

「でも先にシャワーしましょう」

そう言って起き上がろうとする奥さんに私は「待って」と言い、抱き寄せます。

そのまま私が上になるように回転し、奥さんの腕を頭の上に押し上げ脇毛を露にしてそこに顔を埋めました。
激しいセックスで汗を一段と書いた奥さんの脇の下は一段と独特の匂いがして、私は夢中になって鼻を鳴らします。

「不思議ね、うちの主人もそれが好きなの」

奥さんは優しく私の頭を抱きかかえます。

「さあ、もう良いでしょう。シャワーに行きましょう」

私はやもうえず起き上がりました。

脇毛で僕を刺激してくれた思い出の若奥様先生とはその後一年間くらいの間に合計で10回くらいSEXをしました。

この日は次に、シャワーを浴びながらフェラチオをしてもらい、初めて精液を飲んでもらい、そろそろ子供を迎えに行かないといけないと言いながら急いで服を着る後ろ姿に私は思わず我慢できなくなり、3度目のセックスをバックからました。

それからは、学校ではチャンスは有りませんでしたが、ご主人が出張に出ると自宅に呼んでもらい、お昼寝をしている子供の横で声をかみ殺して後ろから僕を迎え入れたり、リビングのソファーに腰をかけながら散々パンチラで僕を興奮させてから気の遠くなるような長いフェラチオで行かせてくれたり僕は奥さんの膣の中、口の中、胸の間で、何度も何度も良い気持ちにさせて貰いました。

この思い出の女性との別れは奥様が妊娠してしまったからです。
勿論私はそんなに頻繁にSEXしていませんでしたので、私の子供ではないと思います。
最後にSEXしてから3ヶ月位して、「子供が出来たからもう止めましょうね」と言われ、僕が残念な顔をすると「最後にもう一度だけ、口で行かせてあげる」と言われ、放課後に人目を忍びプールの女子更衣室でしてもらったのが最後でした。

彼女とSEX出来なくなったのはとても残念でしたが、実は既に他にもSEXしてくれる人が2人いましたので特段性欲処理に困ることも有りませんでした。

それでは、私にとって二人目のとても魅力的な女性に話を移します。

この女性も、もちろん人妻で、タイの開放的な風土のためかとっても大胆に振る舞う女性でした。
実は、この奥様は父と同じ会社の人の奥様で、私が住んでいた同じマンションに住んでいました。
幼稚園に入る前の女の子供がいる30代前半の背の高い女性です。

胸は小さ目で、スリムでした。
きっかけは、彼女が頭の髪の毛を切るのが上手だということで、(当時はタイの床屋さんは汚くて言葉が通じなく髪を切るのは憂鬱でした)私が頭を刈りに彼女の家を訪ねた時に生じました。

勿論以前からこの奥さんとはしょっちゅう顔を合わせていましたし、私の家にもちょくちょく遊びに来ていました。
また、この奥さんは私のことを気に入っていたようで、良く話し掛けてきました。

また、彼女は余り意識していなかったのでしょうが、時々びっくりするようなミニスカートで子供の私を無視するかのように大胆な格好でソファーに座ったりして、パンティを見せてもらいました。
愛液が多い体質なのか、パンティの中央が濡れて汚れていることも有りました。

この日、子供は、アヤさんと言われるタイ人の住み込みのお手伝いさんと外に遊びに行って不在でした。
私は学校から帰ると、その足で奥さんの家のベルを鳴らしました。
奥さんは私を袖口が大きく開いたブルーの花柄のワンピース姿で出迎えてくれました。

「さあ、こっちにいらしゃい」

奥様は私を寝室に続くバスルームに連れて行きました。

バスルームは広く、真ん中に椅子が置いてあり私はそこに腰掛けました。
奥様はバスタオルを私の首から巻くと、床屋さん並みの種類のはさみをならべ早速ヘアーカットを始めました。

はじめは気がつかなかったのですが、ヘアーカットの際、ひじを上げると大きく開いたワンピースの脇の部分が露になり、そこにはうっすらと糸を引くような脇毛が見えます。
最初の奥さんとの告白でご承知の通り、私は脇毛フェチとなってました。

ひじを上げるたびに私の視線が脇の下にいきますので、奥さんも途中で私が何を見ているか気がついたと思います。
同時に私の短パンの前がむっくりと膨らんでいることも。

頭を刈り終えると奥さんは、「髪の毛が身体につくとかゆいから、ここでシャワーをしていきなさい」と言います。
僕はおちんちんが勃起していましたし、どうしようかなと思ったのですが、さあ服を脱いでと良いながら、巻いていたバスタオルをはずし、私のポロシャツを脱がします。

「はい、ズボンは自分でとってね、おばさんは向こうにいるから」と言って奥様はバスルームから出て行きました。

私は、短パンを脱ぎパンツを脱ぎバスタブを跨ぎました。
その時奥さんが戻ってきて、

「服、濡れるから、もらうわ・・・」

奥さんは息を呑みました。

全裸で立つ可愛い少年の股間に、18cmのおちんちんが目いっぱい勃起していたのですから無理も有りません。
少年のものとは思われない、包皮もすっかり剥けたものが下腹部を打つような角度で立っています。

奥さんは、それこそ恐る恐るといった感じで私に近寄ると、「すごいはね。いつからこんなになっていたの」と言いながら私のものをそっと握りました。

「あ!」

期待に溢れる私のものは心地よさに一段と反り返りました。

「すごい、元気ね、よし、私が身体を洗ってあげる」

奥さんはそう言うとワンピースを脱ぎ捨てました。
ワンピースの下はブラジャーとパンティだけでした。

「さあ、シャワーを出して」

私は蛇口をひねると奥さんは下着を脱ぎ捨てバスタブ入ってきました。

「女の人のはだか見たことある?」

私は勿論「いいえ」と答えます。

奥さんはシャンプーを私の頭にかけると頭を洗い始めました。
私はバスタブの中に座わりました、目の前には奥さんのあそこが有ります。

とてもスリムで平らなお腹の下には、かなり濃い目の陰毛が広がります。
私は我慢が出来なくなり、手をそっと伸ばしました。
下腹部を撫ぜてから、おもむろに手を割れ目に向けます。

「いや、エッチね」と言いながらも奥さんは拒みません。

私は自信をもって、中指でクリトリスの辺り探りました。
そこにはこりこりした感触が有り、かなり大き目はクリトリスが包皮から頭を出しているのが分かりました。
もう我慢できない私は、奥さんの下腹部に抱き付き陰毛に顔を埋めました。

「まってまって、楽しいこと教えてあげるからもう少し待って」

奥さんはそう言うと私の頭のシャンプーを流し、石鹸を手に取り私を立たせ身体を洗い始めました。

「随分大きなおちんちんね」

そう言いながら奥さんはおちんちんも丁寧に洗ってくれました。

「さあ、身体を拭いてそこのベッドで待っていて私も身体を洗うから」

私がベッドの上で手持ちぶさたに座っていると、奥さんはバスタオルに身体を包み出てきました。

「ちょっと明るすぎるかな」と言いながらも、「あなた、初めて」と聞きます。

当然私は初めてではないのですが、その方が良いと思い「ハイ」と答えます。

「いい、女の人の体を教えてあげるからここに座って」

自分はバスタオルをハラリと床に落としベッドに寝転びます。

私は奥さんの二本の足の間に座りました。
股の間に置いて秘所を隠していた手をどけ、私にあそこを良く見せるように足を大きく開きます。

「これが、クリトリス、私のは少し大きい見たい。これが大陰唇ビラビラしているでしょう。そしてこれが小陰唇、気持ちよくなると膨らむわよ。でここが膣口。ここに男の人はおちんちんを入れるの」

私は英語の先生にも教えて貰ったとも言えず、でも女の人によって随分形が違うなと妙に感心しながらあそこを見つめました。

大陰唇はビラビラしていると言ってもそれほど大きくなく、英語の先生はひっぱれは5cmは軽く伸びるほどでしたので、すっきりした形に見えます。
クリトリスは圧倒的に大きく優に小指の頭位の大きさは有ります。

そのクリトリスに顔を近づけると、「ここにキスしても良いわよ」と言いますので、ゆっくりと回りを撫でるように舌を這わせます。
奥さんはよほど気持ちが良かったようで、大きな声を出します。
クリトリスをしゃぶりながら、中指を膣に差し入れゆっくりとかき回すと一段と声が大きくなり、私も我慢が出来なくなってきました。

「入れて良い」と聞くと、
「いれて、いれて」と言います。

もうはちきれんばかりになったおちんちんを狙いを定め、ゆっくりと膣に差し入れます。

「あああ、気持ち良い」
「僕も気持ち良いです」

根元まで挿入すると、徐々に抜き差しのスピードを早めます。

「あああ、僕、上手よ」

奥さんに励まされて一層激しくピストン運動を行うとあっけなくいきそうになりました。

「出ちゃうよ、出ちゃうよ」と言いますと、
「いいわよ、来て」

あえなく私は奥さんの膣の奥深くにどくどくと精液を出しました。

奥さんのあそこはひくひくして心地よい感覚を与えてくれます。
大量に射精が終わると、流してくるはと言って奥さんはバスルームに行きました。

ベッドに仰向けに横たわり、二人目の熟れた身体を手に入れた喜びに私は思わずにんまりとしました。

この奥さんとはその後私が帰国する直前までおよそ1年半の間、多い時は週に3度、少なくとも週に一度はSEXをしました。

やはり家が近かったのですぐに会えるのが楽でした。
奥さんの好きな体位は向かい合って座り私の長い物を差し入れた状態でゆっくりと腰を前後左右に振る変形座位でした。

この格好だと私も私の物が奥さんのおまんこに挟まれているさまが良く見えて興奮が一段と高まりました。
それから、お互いに時間が余りない時は、奥さんはパンティを取っただけ、私は半ズボンのファスナーをおろしおちんちんを出しただけの格好の立位を良くしました。

アヤさんが子供をリビングで遊ばせているような時に寝室のスツールの前に手をつかせ後ろから強引に入れるのです。

最初は濡れていないので痛いのですが、すぐにぐちゃぐちゃになり、最後は声をかみころして行くのです。

本当に楽しい日々でした。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする