S子のマンコの肉がぼくのちんぽを包み込んでいる…[エッチ体験談]

ぼくには中学校時代いつも遊んでいる6人くらいのメンバーがいた。その中には一人だけS子(偽名)という女子がいた。その女子は陸上をやっていたのもあってお尻から足までムチムチしていた。さらにいつもピチピチした黒いジーパンを身につけており、思春期のぼくにはたまらない存在だった。中一の頃はなんとも感じなかったが中二の後半になるとその子でオナニーしまくりだった。
ある日、いつもと同じように遊んでた。その日もS子は黒いジーンズでムチムチしていた。この日は外で遊ぶことになりみんなで小さな公園に行った。ぼくとS子を除いたメンバーは野球が好きでよくキャッチボールをする。ぼくとS子は最初は一緒にやるのだがすぐに疲れてしまい違う遊びをする。その日も疲れてきて砂場の方へと行ったのだった。
するとS子は短い棒を持ってきて地面に絵を描き始めた。最初は立って描いていたが疲れたのか便所座りして描いていた。S子が「見てみて〜」とぼくに言ってきた。ぼくはS子の描いた絵を見る。つもりだった
だが目の前には黒いジーパンがあった。ぼくは絵なんて見てる余裕もなくS子の股を見た。
よく見るとマンスジと思われるスジがある。ぼくの股間はビンビンだった。
そんなことも気にせずS子は絵の説明をしている。ぼくはこのまま触ってしまおうかと思ったときもう興奮しすぎて手が勝手に動いてしまっていた。
むにゅ〜という感触がしたと思ったときにはもう遅かったぼくの手はS子のマンスジに覆い被さる形で触っていた。
S子は「いやっ」と小さな声をだして便所座りのまま後ろに倒れてM字開脚のような姿勢になった。
ぼくは必死になって言い訳を考えた結果、「服の上からだからいいだろ」と変なことを口にしてしまった。
もう終わったなこれと思った。だがS子は「服の上からならもう少し続けていいよ」と言ってきた。本当にびっくりした。
砂場でやるとほかのメンバーに見つかるからと言ってトイレの個室に入った。S子ががに股で便器に座った。ぼくはもう夢のような気分だった。
そのまま触るのも勿体なかったので太ももをなぞるようにして触っていった。余談だがやっぱり陸上部の筋肉はすごいと思った。
太ももをすぎてマンスジにたどり着いた。あらためて触ってみると暖かくて柔らかかった。
マンスジを触っているとき二人とも無言だったがしばらくするとS子の息が荒くなってきた。
「もうやめて・・・」とS子が言った。「どうしたの?」と聞くとS子は恥ずかしそうに「イキそうなの」と答えた
このときぼくの股間はいままでにないくらいパンパンだった。ぼくは「わかっよS子じゃあ最後に、後ろ向きに立ってみて」と言った。
S子は不思議そうにぼくの言う通りにした。ぼくはS子のお尻を触った。「これならいいでしょ」といたずらな笑みを浮かべると
「これなら大丈夫かも」とS子は言った。
しばらく触っていた。
「もう戻ろうみんな心配するよ」とS子が言ってきた。ぼくの股間はもうやばい状態だった、射精したいという気持ちでいっぱいになっていた。
ぼくは「ごめんS子最後にこれだけやらして」と言ってズボンをおろした。S子は前を向いていて見えてないようだった。
「次はなに?早く戻ろうよ!」というS子を無視して、ぼくはS子の股に勃起したちんぽをこすり合わせた。すごかった今までにはない感じだった。柔らかくてS子のマンコの肉がぼくのちんぽを包み込んでいる。
S子は指だと思ったらしく「また?これだとイっちゃうよ」と言っている。少ししてからS子の息がまた荒くなってきた。
「やばい・・・イっちゃう・・・」とS子は言っている。このときS子は指ではなくちんぽだということに気づいた様だった。
「ちょっとこれなに?やめて!!」とS子は言うがそんなの気持ちよすぎて耳に入らない。
「やばい、俺もイキそうだ・・・一緒にイこうぜS子」というとS子は「わかったからはやくして!!」と言っている。
S子のマンスジがさっきよりも熱くなってるのがわかった。
「イクよS子」といってぼくはおもいっきりトイレの壁へ射精した。その瞬間S子は「んっ♡」と声をもらしてエビぞりになった。
ぼくは急いでティッシュで精子を拭いた。S子は息を切らして座っている。最後にS子の股に顔をつけて匂いを嗅いだジーパンの上からでも分かるくらいヌメっとしていてチーズの臭いがしたがこの後、一週間ほどはオナニーのおかずに困らなかった。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする