身体中精子とヤニの唾液塗れで 妻の膣は赤く火照り・・[セックス体験]

先日家族にて温泉旅行に行った時のことです、

一泊だったので子供達は大はしゃぎで喜び、

その夜は遊びつかれて九時半には眠ってしまいました。

久々に夫婦二人でゆっくり出来ると思いまして、

温泉ホテルの中に隣接する居酒屋バーで

「少し飲んで風呂にでも入ろうか」となり

二人で居酒屋に入りました。

中はちょうど賑わった状態で、

合い席しかなく仕方なく店員に連れられていくと、

奥のお座敷で三人の40代後半くらいの男性たちの所へ。

はじめは躊躇しましたが、

その男性たちのひょうきんな感じから妻も

「まぁいいんじゃない、、」と・・・・

始めこそ男性たちは語りかけていましたが、

次第に私達夫婦は別の話題をしていましたので

男性たちと会話はありませんでした。

しばらくして私達はお酒が回ったのか

横で話している男性たちの馬鹿話に笑い出し

それからはもう男性たちと一緒に

くだらない話で盛り上がりました。

妻も普段そんなに飲まないのですが、

カクテルや果物で割った飲みやすい焼酎を

勧められてかなり泥酔していました。

妻のカッコはこの後温泉に入る予定だったので、

ノーブラの浴衣姿でしたので、

酔った妻の胸元を見て私は

「後でたっぷり可愛がって・・・」

なんて考えておりました。

妻はかなり泥酔はしていましたが、

他人の前という事で気丈にしていましたが、

隙だらけで男性たちがお酌を頼み

前かがみになったときに浴衣の胸元を男たちはニヤニヤしながら、

私の方に「すまんねぇ、奥さんにサービスして貰って」と。

私も彼らにかなり飲まされニタニタ笑って答えていました。

しばらくして妻が「眠いから部屋に戻ろうかな」

と言うと、男性たちは妻を必死に面白い事をいいながら引きとめて、

「戻る前に寝るならカクテル三杯いってみよう」

となりカクテルの量も少ないので

妻と私はいわれるがままに・・・

妻はフラフラだったので、

「少し横になって楽になってから戻るわ」

と私の肩を枕にしてそのまま熟睡してしまいました。

その後も男四人で飲み、かなり皆酔っていました。

「とりあえず風呂にでも行きますか」

と男性たちが言ったので、

私も「ご一緒しましょうかね」となり

妻を揺さぶって起こそうとしましたが、

なんと熟睡して起きないので焦っていたら、

男性たちが妻を抱えて体格の良い男性の背中に負ぶさったので

私は「すいません、だらしない妻で・・」と言うと、

「気にしないでいいですよ、さ、風呂に行きましょ」

と残り二人に肩を軽く叩かれて風呂場に行くと、

妻を背中におぶさった男性が、

「すぐそこが我々の部屋だから奥さんを休ませておきましょうかね」

私は無論他人の方にご迷惑を掛けて・・・

と感じながらも一緒に部屋へ行きました。

布団が綺麗に敷いてある所に妻を下ろすと

妻の浴衣は上半身が弛んで、

胸が丸見えになり 私はつい

「すいません見ごたえの無い貧乳で・・・」と言うと

男性たちは「いやいや奥さん36才にしてはハリも艶もあっていいですよ」。

私は妻の浴衣を直し、その後四人で温泉へ行きました。

話題は下ネタばかりで、

露天に出たり入ったりしていると、

一人見当たらないので探していると暫くして

冷酒をこっそり持ってきてまた飲み私はめまいがして

風呂から上がりマッサージチェアに横になっていました。

もちろん他の男性たちもそこにいたと思っていましたが、

目を閉じてしばらく眠りかけていると

「おい、どうだった犯れたか?」

「おぅ、あの嫁さん昏睡してて大丈夫」

「旦那の様子どうだ?」

「こっちも寝てしまったかな?」

「次どっちが行く?」

「お先行かせて貰おうかな」

「起こさないようにな」・・・・

私はかなり酔っていたので訳分からずでした。

また暫くしたら

「おーい風邪引きますよ」

と男性たちに揺り起こされ、

「奥さんの所に戻りましょうか?」

とフラフラしながら部屋へ行くと

妻が布団の中へ入って寝ている状態でした。

私はフラフラながらに

「すいません厄介になって・・」

と布団をめくると妻が全裸ではないですか、

それとヤニ臭い唾液臭に精子の匂いがしましたが、

すぐに男の一人が

「奥さん自分の部屋とでも思って大胆なカッコしちゃって・・・」と言い、

妻の浴衣を私に手渡しました。

私はかなり酔ってフラフラしていてこの昏睡した妻を抱えて

なんか帰れない状態でその部屋に寝るはめになり、

妻が犯されたのかどうかを確認するにも

泥酔でそのまま倒れる感じで

男性達に妻から離れた布団に寝かされ、

電気を消し暫く経つとゴソゴソと音がして、

「ヌチャッヌチャッ・・」

と男の荒い息遣いとともに音がし、

たまらず、朦朧としながら

「すいません、勘弁してください、妻とやらないで・・」

というと

「もういいじゃないですか、奥さん何も分かっちゃいませんよ」

と言い、残りの二人も・・・

部屋に男性たちに抱えられて帰ったのが二時半でした。

思いっきりに中だしされ、

身体中精子とヤニの唾液塗れで、

妻の膣は赤く火照り、

私も挿入し熱く火照った妻の中にすぐに射精・・・

次の日妻は自分の身に何かが起きたことは

間違いなく唾液臭い匂いに精液で

かぴかぴの身体の状態で事情を察していたのか、

ずっと無言でした。



ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする