ストッキングと下着を膝までずりおろしクリを激しく刺激しました[セックス体験]

事前に、旦那さんからこんな話を聞いてありました。

・嫁はエッチにはあまり興味がない

・嫁がいやがらなければ、なにしてもいい

・合図を送ってくれたら、5分程度トイレに行く

場所は居酒屋。堀ごたつ式の個室で、

奥さんの横に俺が座る形になりました。

はじめはビールで乾杯し楽しく会話、

少ししたら下ネタとか奥さんの胸を誉めたりしてました。

その時、奥さんもブラのチラ見せとか結構乗り気だったため、

30分位したら肩や尻をさりげなくさわり始めてみました。

嫌がる様子もなかったので、

大胆に首筋を舌先でなぞってみました。

奥さんは、ビックリした様子ですが、

怒ってる表情ではありません。

また普通に5分程度会話し、

旦那さんに合図を送り退出してもらいました。
旦那さんが居なくなった後、

奥さんから旦那に怒られるから、

大胆には触らないでと言われました。

俺は構わず、

「今は旦那さん居ないから」

と服の中に手を入れ、

胸を揉みしだきます。

抵抗する様子は全くないので、

悪のりして、

胸丸出しにし乳首舐めてみたら

舐めやすい体勢になってくれました。

そのまま乳首を少し舐めつづけ、

胸の露出を元に戻した頃、

旦那さんが帰ってきました。

それから、通常なら気が付くレベルで

奥さんの胸をもみながら酒を飲みつづけます。

旦那さんは、奥さんが胸を揉まれている姿や表情を見ているので、

試しにもう片方の手で奥さんのスカートを少しずつ、

つまみ上げていくことにしました。

少しずつの成果もあって、

10分位でスカートの横から下着が見えるレベルくらいに。

奥さんのマンコをストッキング越しに触ってみたところ、

びっくりするぐらい濡れていました。

ここで、2回目の合図を送り旦那さんを外に出します。

ストッキングと下着を膝までずりおろし、

クリを激しく刺激しました。

奥さんは無言で下を向いていましたが、

部屋中に特有のにおいと、

ピチャピチャという音が響きます。

悪乗りして奥さんの顔の前にあそこを出してみせたところ、

舐め始めました。

そろそろ、旦那さんが戻りそうな頃。

奥さんの頭を軽くポンポンと叩くと、

奥さんは舐めるのをやめて下着を元に戻そうとしてました。

下着を履くのをストップさせたとき、

ちょうど旦那さんが戻り、飲みも再開。

すると奥さんは、マンコを触られながら、

俺のあそこをさすりつつ飲むようになってしまいました。

ここまでくりゃ、大胆におさわりできると思い旦那さんに、

奥さんのことせくパブの様にさわっていいだろ、

と上から物を言うように言ってみました。

一瞬旦那さんは戸惑ったしぐさを見せたので、

奥さんの胸を丸出しにして揉み始めました。

奥さんもえっ?えっ?といいつつ

あそこを触る手は止まる様子がありません。

奥さんの胸を触ったり舐めたりしながら、

そのまま酒を飲みつづけたところ、

旦那さんは本当にトイレ行きたくなったらしく席をはずしました。

旦那さんが出るとすぐに、

奥さんはあそこを舐め始めました。

舐めるのを止めさせ、

奥さんをまんぐりがえし状態にして

「ほしい?」と聞いたら、

奥さんがうなづいたため挿入しました。

奥さんは、異常に興奮したらしく顔は真っ赤になっています。

お互い興奮しすぎて、

奥さんは数分で2回イってました。

こちらも発射しそうになった為、

中と顔とどっちがいい?

と聞いたところ

「中にたっぷりください」

と懇願してきました。

たまらず奥さんのマンコの中に発射。

ビュルビュルたっぷりと、

奥さんのマンコに流れ込んでいきます。

奥さんはうっとりと目を薄く閉じて震えています。

普通に座り、

奥さんの乳をなめていたところに旦那さんが戻ってきました。

その後は談笑したり、

軽く触ったりして時間がたっていきました。

そこで分かったのが、MM夫婦の為、

あまり奥さんは興奮していなかったということです。

最後にテーブル会計をすませ、

御馳走様、これからどうする?

と聞いたら旦那さんから2軒目行きましょうと予想外のセリフ。

本当に、やったことに気づいてなかったらしいです。

そのため、奥さんを立たせてあげたところ、

下着が膝までずり下がっていることに気づき、

状況を若干理解したみたいでした。

すぐさま奥さんにM字開脚をさせ

マンコを見せてやっと、

犯された事も気づいたみたいです。

その後、2件目?ホテル?と聞いたら、

即答でホテルと言われたので、

3人でホテルに行きました。

ホテルでは旦那さんを縛り、

目の前で奥さんを3回くらい抱きました。

もちろん中出しです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!