トイレからはパンパンと腰を打ちつける音と声が・・[セックス体験]

付き合っていた彼が、22歳になる誕生日の出来事です。

誕生日は2人だけで過ごしたかったのですが、大学最後ということで誕生日パーティーを友人とすることになりました。

彼の友達や私の友達など仲の良い5人でお祝いしたのですが、まさかの最悪な誕生日になるなんて・・・。

夕方までは私と彼の2人だけで誕生日プレゼントを選んだり、デートしながら楽しいひと時を過ごしました。

それから彼のアパートで誕生日パーティーを始めました。

友達3人からスウェットパンツとスニーカーをもらった彼はテンションが上がり、

酔っていたこともあってみんなの前でズボンを脱いでスウェットに履き替えたのです。

そしてスニーカーも履き部屋をふざけて歩きはじめました。

もらったスウェットパンツは薄手で緩めで、

もっこりがすごく目立っていたので私以外に女子も2人いるし脱いで欲しかったのですが、

友達からもらったものを脱いでとは言えず・・・。

女友達は彼のもっこりを何度も何度もチラチラ見ていました。

その後、彼と友達の2人はお酒の買い出しに行ってくれたのですが、女子3人になると話は思わぬ方向に。

彼とのHのことなどを聞かれて私は思わず、彼のことを自慢したくなって
「実は顔に似合わずエロいし、毎回かなり激しくてーww」

と調子に乗って話すと友達はキャーキャー騒ぎました。

その時はなぜか優越感に浸っていました。

彼は見た目が穏やかでガツガツした感じもないのですが、しかしエッチは激しいタイプだったのです。

彼らが帰ってきてその後夜中2時くらいまで騒ぎ、それぞれ横になったりしました。

そして気づけば私も寝ていたようです。

しかし、起きてからは本当に地獄でした。

彼と女友達の1人がいなくなっており、心臓がバクバクしました。

彼のアパートはワンルームなので、部屋にいないとなればトイレもしくはお風呂場かと思い、静かに起き上がって2人を探しました。

しかし、2人はトイレにもお風呂場にもいません。

玄関に近づくと物音がしていました。アパートの外からでした。

私はドアに耳を当てるともう心臓が止まるかと思いました。

「あっ・・・あぁん、気持ちいい」

「締まりいいな。ああ・・・たまんねえ」

明らかに2人の声でした。

ヌチヌチした音も聞こえてきます。

ドアの覗き穴から外を見てみると、彼の体と、友達の腰から下が近距離で見えました。

2人はドアのすぐ近くでバックの形で繋がっていました。

彼は気持ちよさそうな顔をしながら友達のおっぱいを鷲掴み、腰を狂ったように振っていました。

「激しい・・・あんっ大きいよ~」

友達の感じている声を聞き、悲しさと嫉妬でいっぱいになった私はそのまま部屋に戻り、しばらく放心状態でしたが、全てを理解すると涙がとまりませんでした。

その後10分くらいして、2人は静かに部屋に戻ってきました。

彼とも友達とも明日から私はどうしようと絶望的な気分でした。

翌朝すぐに解散しましたが、みんな特に変わった様子はなく、彼も優しく、夢だったのかなと思い始めていましたが、数日後にあの日一緒にいた女友達から打ち明けられたのです。

要約すると、彼と友達の一部始終を見てしまったと。

黙っていようと思ったがどうしてもできなくて、ということでした。

話によると、暗闇の中で友達が寝ている彼の下半身を触っていたようです。

彼の大きなアレをスウェットの上からいじっていたらムクムクと元気になってしまい、寝ぼけた彼は私が触っていると勘違いしたのか

「気持ちいい・・・勃っちゃった」

と言いながら、スウェットとパンツを少し下げてぶるんと勃起したアレを出したようでした。

友達はためらわずに彼のを咥え始め、フェラの音が響き、彼の息も荒くなり、体勢を変えて暗闇の中で挿入しようとした時、彼は相手が私ではなく友達であることに気づいたみたいでした。

しかし彼はスイッチ入ってしまい

「挿れたい、我慢できない」

と言いながら友達に覆いかぶさり、ゴムもつけずに始めてしまったらしいのです。

友達は久しぶりのペニスに感じまくってしまったのか、声を我慢できなくて

「お願い、トイレで、」

と言い、2人は出て行ったようです。

その後トイレからはパンパンと腰を打ちつける音と声がもれてきたらしいです。

彼がピストンを速めると会話にならなくなり友達が喘ぎ始めたようでした。

声を我慢できなくなり、2人はドアを開けて外に出たみたいです。

本当にショックでした。その話を聞いた時も泣いてしまいました。

しかし彼のことが大好きなのでどうしても別れられません。

きっと彼は私に今も内緒で何人も抱いているに違いありません。



ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!