私の膣内に合わせて曲がりながらズンズンと突いてくるんです… [セックス体験]

ちょっと体験談になるんですけど…
数ヶ月前のことですが、主人がスワッピングを提案してきたんです。
セックスは月に数回程度だけど私は不満ではないし、主人も欲求不満というわけではないようなので素直に驚きました。
理由を聞くと「お前が他の男に抱かれてる姿が見たいから」だそうで…
最初は嫌がりましたが、相手の夫婦とは話が進んでいるようなので渋々承諾しました。
お相手は主人の会社の同僚で、お互いの妻の顔はわかっているようですが、
私はその男性と奥さんの顔を知らず、当日まで写真も見せて貰えませんでした。
そして当日、その夫婦の家に招かれ複雑な気分のまま初対面となったのですが、
何となく主人がスワッピングを提案した理由がわかりました。
お相手の奥さんは私と年齢はあまり変わらないようですが、美人で清楚な雰囲気があり、スタイルも私より良かったんです。

他の男に抱かれてる私の姿が見たいと言いながら、あなたがこの人を抱きたかっただけじゃないかと思えて腹が立ちました。
でもこれから始まる行為のため、そういう感情は表情にも出さないようグッと堪えて、相手の旦那さん(以下鈴木さん)にだけ集中しました。

顔は主人に比べれば童顔ですが、体格はそれなりに良く男前と言えば男前なのです。
でもこれから抱かれると想像すればやっぱり不安が先行し、あんな奥さんがいるのなら私を見てがっかりしたんじゃないかとまで思いました。

そして時間は経ち、日が落ちて来た時、主人が「そろそろですかね」と提案すると
皆無言になり、主人と相手の奥さんはゆっくりと隣の部屋に消えて行きました。
何が始まるかわかっているため、その後ろ姿を見守るしか出来ず、私は鈴木さんと部屋に取り残されました。

気まずい沈黙が続くかと思いきや、鈴木さんはいきなり後ろから抱き付いてきて
私を包むようにして抱きしめました。

突然のことで驚いていると、「ごめんなさい。でも、もう我慢できなくて…」と言いながら、私の抵抗も無視して胸に触れてきます。
何が我慢できないのかと聞きたくなりましたが、鈴木さんの興奮具合に押されソファに座らされました。

「嫌ですか?でも、今日来てくれたってことは覚悟はできてますよね?」
というようなことを言いながら、私の首筋を舐めて来ます。
確かに承諾したからここに来たのですが、やはり実際始まると拒絶もしてしまい、鈴木さんの強引さも少し怖くなりました。

でも上を脱がされ胸を直接揉まれたり舐められたりすると、少しずつ気持ちよくなってきて、がっつくような強引さも学生の時に戻ったみたいで興奮してしまいました。

そして下も脱がされ、バックの体勢でアソコを舐められました。
舌での愛撫なんて主人はしてくれないですし、恥ずかしい気持ちはありましたが嬉しくなりました。
異常に感じてしまって、舌や指で刺激されるだけでもイキそうになりましたが
鈴木さんも一緒にイキたいと言い、いよいよ挿入まで認めてしまいました。

ゴムを付けることは事前にルールとして決めてあったらしく、
財布からコンドームを出してペニスに付けると正常位の体勢で挿入しました。
太さや硬さは主人と大差ないのですが長さがスゴくて、細いなりにも一番奥まで簡単に届き、
私の膣内に合わせて曲がりながらズンズンと突いてくるんです。
腰を振る必死さとキスを求める顔は童貞君みたいで可愛らしく、
気分が高まっていた私は久しぶりに膣内で絶頂に至ってしまいました。

鈴木さんもイったみたいで、ペニスと共に精液がたっぷり入ったゴムを引き抜くと満足した様子でゴムを外し括って捨てました。
だけどしばらく余韻に浸っていると鈴木さんのペニスはムクムクと大きくなってきて、細長いペニスは復活しました。

「ごめんなさい…僕、奥さん見てるとまた興奮しちゃって…」
申し訳なさそうに言われましたが、内心嬉しかったです。
でも「あんなに魅力的な奥さんがいるのに…私で興奮するの?」
と、少しからかうように冗談半分で聞くと
「…実はこのスワッピング、僕が奥さんを抱きたくて提案したんですよ」
という衝撃の回答が返ってきました。

「え?」
「言葉の通りですよ。写真で一目見た瞬間惚れました。一目惚れってやつですね」
笑いながら言いますが、私はますます混乱してしまい、
「どういうこと?主人があなたの奥さんを抱きたいんだと思ってた…」
「そうなんですか?じゃあちょうど良かったですね。まぁ僕は本気で奥さんのことをモノにしたいですけど」
言葉も出ないまま、再びバックの体勢にされました。

「まだするの?」
「時間はあるんですから、いいでしょう?」
お尻を持たれ、ゆっくり挿入されました。
一回目とは違い鈴木さんには余裕があり、力強いピストンで私の弱い部分を責めてきました。

「奥さん、僕のモノになってくれませんか?」
喘ぐ私に後ろから耳元で囁いて来て、あなたにも奥さんがいるでしょうと否定しても
「お願いします。僕は奥さんが欲しいんです。相性もいいみたいですし…」
胸まで触られ、ソファの上でバックの体勢だと逃げ場もなく
嫌だという気持ちと裏腹に快感は溜まっていきました。

「奥さん…さっき確認しなかったけど、実は今、生で入れてますよ…わかります?」
ハッと嫌な予感がしましたが、腰を掴まれたり抱きしめられたりすると口でしか抵抗できず、抜いて!と言っても激しい出し入れを繰り返され
「出します!中で!…うっ!」
最奥部で動きが止まると、射精を始めたようで鈴木さんは呻きました。

私も何回かイってしまい、中出しされている間も痙攣していて
「…気持ちよかったです…どうですか?主人以外の男に中出しされた気分は?」
ゆっくりペニスを引き抜きながら鈴木さんは言い
「僕のモノになるまで、いっぱい調教してあげますね」
その後は何回抱かれたか覚えてません。

ただゴムを付けるルールを破ったことに対して主人が怒鳴ってたことは覚えています。

主人は鈴木さんと縁を切ったそうですが、私の携帯には鈴木さんの番号があります。
鈴木さんは主人と同じ仕事場ですし、私が夜に出かけることなど無いので怪しまれると断り続けてたのですが、今週の日曜は主人の出張と重なって機会ができたんです。
主人の出張は鈴木さんも知っているようで…朝から会いたいと言われています。
…行ったら何をされるか、ちょっと怖いですが…

まず朝11時に私の最寄り駅で待ち合わせ。
そのまま電車で出かけるのかと思いきや車で迎えにきてくれました。
私を助手席に座らせると「男なら同僚とか後輩とかそこに座らせたことあるけど、女は嫁以外座らせたことないな」
と笑いながら言ってました。

そこで気になって奥さんに何と言って来たのかと聞くと
「同僚や後輩を連れてゴルフだから」
と言ったそうです。ゴルフはよく行くし、飯に行ってたと言えば帰りが遅くても誤魔化せるだとか…。
妙に慣れていて少し怖かったですが、そんなこんなでデート(?)がスタートしました。

まずは近くにあったファミレスで昼食。会話もそれなりに弾み、時間は潰せました。
この歳だと学生みたいにデートする気分でもなく、大きな公園があったのでそこをゆっくり歩きました。
この辺りから少しずつ変な話になっていって…
「旦那とはあれ以来やってる?」とか
「今日来てくれたのは僕のものになる覚悟をしてくれたからかな?」とか
妖しい雰囲気を醸し出しながら、手を握ってきて
振り解こうかと思ったけど少し嬉しくて…結局、ずっと握ったまま歩き続けました。

若い時は主人ともこんなふうにデートしたけど、今更こんなことをするとは思ってなくて…
けど恥ずかしい反面、嬉しかったのは確かです。

売店で飲み物を買ったり、ベンチで話したりしてたら気付くと15時…。
さすがにこれ以上公園にいてもすることないなーと思っていたのですが、その矢先、いきなり後ろから抱きしめられました。

ビックリして「どうしたの!?」と聞くと、「ん~…」と甘えるような声を出しながら髪の毛に顔を密着させてきたんです。
公共の場だし恥ずかしいと言っていたら、耳元で
「Hしたくなっちゃった…」
と股関を私のお尻に付けて囁いてきました。

いきなり過ぎるし、さすがに外でするなんて抵抗があったので
「こんなとこでできるわけがないでしょ!?」
と強く言うと
「じゃあここ以外ならHしてもいいんだよね?」
と言われました。元々、セックスはできるだけしたくないと思ってた私にとって、完全に一本取られました。

その後は手を引かれて、再び車へ逆戻り。
セダン型だったので広くはないのですが、助手席を倒し、そこに押し倒されました。
まさかカーセックスになるとは思わず、強引な方法に抵抗しましたが
車内は狭く自由に動けないので、とても抵抗できませんでした。

「会えることが嬉しくて、駅で会ったときからずっと勃起してたんだ」
と耳元で言いながら、脱がしてきて
「我慢した方だよ?でももう無理だ」
首筋を舐めたり胸を触ったり、ねっとりとした愛撫してきました。

狭い車内ではブラのホックを外すのすら手間取るらしく、上にずらすだけでしたが
「乳首立ってるね」
と言われ、舐められると本気で感じてしまいました。
赤ちゃんみたいに必死に舐めて、空いている胸は手で揉んできて、何だか気持ちよくさせようと頑張ってくれてる感じが嬉しかったです。

私も自分でぐしょ濡れだと分かるぐらい濡れていたので、
「あれ?由美さん、こんなに濡れてるよ?」
と言われると、顔から火が出そうなぐらい恥ずかしかったです。
普段あまり着ないのですが、調子に乗ってスカートをはいていたのでショーツも脱がされ
指でなぞられると、クチュクチュと音が響きました。
このとき本当はクンニしたかったそうですが車内の狭さや体勢の都合上、指での愛撫だけにしたそうです。
「もう入れてもいいかな?」
受け入れる準備はできていますが、それを自分で言うのには何かまだ壁があって
「そんなこと聞かないで…」
と言うしかできませんでした。

「じゃ…お言葉に甘えて…」
不安定な体勢の中、鈴木さんは自分のアレを取り出して
何度か私の入り口を擦ったあと、挿入してきました。
主人のとサイズはあまり変わらないはずなのに妙に長いせいか、
入り口から一番奥まで中が満たされてしまって、動かれる前から気持ちよくなっていました。

「動くよ…」
と同時にピストン運動を始められ、自然と声が漏れてしまいます。
「明美さん…気持ちいいよ」
肉のぶつかり合う音が響いて、激しく腰を打ち付けてくるのですが
ふと、重要なことを思い出して
「もしかして…生で入れてる?」
と聞くと
「もちろん、着けてないよ」
と言われました。

避妊だけはしっかりと心掛けてたのに、いきなりの生挿入です。
抜いてとかゴム着けてとか言っても、ピストンはやめず
「だって…明美さんを俺のものにしたいのに、ゴムとか邪道だろ?」
と、意味のわからないことを言いながら突き続け、私の言葉も空しく中出しされました。
嫌ではありましたが、旦那以外の精液を体内に放出されることに背徳感からかゾクッとして
鈴木さんに中出しされる寸前で、実は私もイってしまいました。
「明美さんの…最高だ。初めて孕む子が俺の子だったら、もっと嬉しいけど…」
「…シャレにならないこと言わないで…旦那になんて言えばいいのよ…」
「これからは俺が旦那でもいいよ」
「ばか…」

こんな感じの会話をして、カーセックスは終わりました。
私のあそこはティッシュで拭いてくれましたが、ちょっと気持ち悪いと言うと
「洗うためにシャワーあるとこ行こう」
と言われ、あっさりとホテルに連れ込まれました。

そこでもいっぱいセックスしましたが、長くなるので省略しますね。
ただ最後に「俺のものになってくださいってどういうこと?お互い結婚してるし、そっちも奥さんと別れる気ないでしょ?」
と聞きました。
「明美さん手に入れるためなら考えるなぁ…」
「本気?離婚とかゴチャゴチャするから私は嫌よ?」
「俺も慰謝料とか問題になるのは嫌。だから、たまにでいいからこうやって不倫するだけにしよう」

不倫するだけって十分離婚の理由にもなる可能性もあるけど、鈴木さんは私との関係を断ち切りたくないらしく
「わかった…私もたまになら…いいよ。と、言うより頻繁には機会もないからね」
と言うとすごく嬉しそうな顔をしていました。

こんなものですね…。
私と旦那を別れさせたりはしないみたいです。
ただ、まだ一週間も経っていないので妊娠していないことを望むのみですが…。
口説きにこんなに弱いとは思いもしませんでした…私はだめな妻ですね。
しばらく会うこともないと思うので、旦那とも愛を確かめあっておきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!