肉便器だからぁ…ワタシのことボロ雑巾のように使い捨てても良いからぁ…[エッチ体験談]

彼女が寝取られ女性不信になった私の体験談です

私は22歳で彼女は21歳でした

彼女とは大学生の時にアルバイト先が同じでそこで仲良く成って付き合いました。

彼女は私が言うのも何ですが、

かなり可愛くて芸能人でいうと新垣結衣を少し小柄にして

さらに笑顔を可愛くした感じです。

付き合い当時は彼女は19歳で過去に

付き合ったことが無いと言っていたので恋愛には奥手のタイプかもしれません。

いろいろと聞くと何度か告白もされたし言い寄られたことはあるようですが、

強引な感じがして怖いというトラウマがあったようです。

私と付き合えたのは私といると安心するとか

落ち着く感じがするというのが最大の理由のようです。

こんな彼女なのでまさか浮気はし無いだろうと思ってましたし

実際に3年間浮気せず私一途でいてくれたのは事実です。

彼女とのエッチもすごく彼女は恥ずかしがりやでこんな子とエッチが出来てかなり幸せな気分でした。

それからはデートの度にエッチしていました…

彼女も嫌がらずそれに答えてくれました淫語位は言ってくれるように成りました。

案外自分好みに調教しましたが…無理な事はせずに大切にして来ました。

私が社会人に成り、彼女も大学を卒業する時期に成って来たので結婚を意識してその時期を考えていました。

そんなある日、私の友人と話しているときに「本当にみか(彼女の名前)ちゃんは浮気し無いのかなー?他の男はほっておか無いのに」と言って来ました。

私は友人に絶対しないよって」言い返しました。

そこでその友人から本当に浮気しないか提案をして来たのです。

私は少し戸惑いましたが、彼女のこと信じているし、少し興味も有ったのでどんな提案か聞いてみました。

その提案とは私が彼女とデートをする時に直前で用事ができてドタキャンをする。

そこでその友人が彼女に声をかけてご飯に誘ってみるという事でした。

条件として彼女との行動は逐次メールで報告する。彼女との会話は、スマホで会話録音状態にする出来れば証拠動画も撮影。

彼女に強引に口説か無い…などなどです。

隠れてコソコソするわけでも無いし、その会話から私がどうしても我慢出来ない場合は連絡するものでしたので安心かなということもあり了承してしまいました。

そして、ある夏休みの日に彼女と待ち合わせをしてドライブに行く予定を立てました。

彼女がいつもの待ち合わせ場所で待っているときに電話をして「ごめん、、急に実家に帰ら無いといけなくなった…もう来てるよね?」

「来てるよー、来れ無いの?」

「うん、この埋め合わせは帰ってきたらするからー」と断りの電話をし、彼女もしょうが無いなと言う感じで電話を切りました。

そのタイミングをみて彼女が帰ろうとしているところに友人がやってきて

「みかちゃん、かつ(私)と待ち合わせ?」

「うん、でも用事が出来ちゃったんだって」

「そうなんだ、これからどうずるの?」

「まだ、レポートできてないし帰ってしようかなって思って」

「こんなに天気いいのに外で遊ばないともったい無いよ~」

「俺で良ければお茶でもしない?」

「う~ん…それもそうよねーじゃあ、少しだけお茶しようかなー」という感じで誘い出しに成功です。

友人から「これからお茶します」とメールが来ました。

友人と彼女とは私を介して仲の良い友達だから2人で遊ぶことは自然な出来事で違和感は無いものでした。

それからメールの内容によると「お茶中にけっこう会話が弾んでるよ~」とか、「これからボーリングに行きます」とか、「少しドライブして帰しますね」とメールがきました。

2人の会話がナカナカ届かないなと、待ってると彼女を帰している途中でどこかに車を駐車しているところ?でスマホが鳴りました。

(後で動画データも来ました)

そこには彼女との会話と車内の様子がなんとなくですが、分かりました・・・

「そういえば、こんな感じで2人で遊ぶなんて初めてじゃない?」

「かつとデートしている時もこんな感じなの?」

「うん、そうかも、でも、まさ(友人)と遊んでも楽しいね」

「ほんとに?よかったー、そこが心配だったんだよね」

と何気ない会話から徐々に上手く言ってるのだとか恋愛関係の話になり、

「みかちゃんは可愛いからよく言い寄られるでしょ?」

「ぶっちゃけ…浮気とかは無いの?」

「かつ一筋だもん、絶対に浮気はしないもん…」

「かつのどこがいいの?」

「全てだよ~私を安心させてくれる人はかつだけだから…」と少し意味ありげな事を言います。

その言葉を聞いて安堵の気持ちになり

「じゃあ、俺が告白しても可能性無いのかなー」

「ごめんね、無理と思う」とはっきり言いました。

そこで友人は諦めずに今までの思いをぶつけてきました。

これってマジ?て少し不安に思いました。

どうやら、友人が私に、提案してきた本当の理由は私から、みかを奪う目的もあったようです。

「でも…でも、私はかつだけだし~」

「他の人となんて考えられないから…」と断りながらも戸惑いになっていました。

スマホを仕込んで撮影してる感じですのでハッキリとは分かりにくいですが、そこで友人は彼女を抱きしめたようです。

「え~?…」と彼女が叫んだ声は聞こえてきますがそれからは何も聞こえてきません。

どうやら抱きしめられたままのようです。

そして「ガチャ」っとシートが倒される音が鳴りました…

「まさくん重いよー」彼女の声が聞こえます。

友人がキスしようとしていますが彼女は顔を背けて…

彼女「…駄目…ダメ」

友人「…お願い…1回だけキスだけだから…」

彼女「え~困るぅ…」

友人「それで我慢できるから、」と懇願しています。

それで彼女は諦めたのか1回だけキスを許しました…

小さい音ですが友人の「舌入れて良い?」

彼女「ダメ…ダメ…」

彼女の「んんんっ…あはぁ…ダメェ…」と言う声が聞こえます」どうやら舌をいれたれた感じです。

キスの最中に彼女の胸を触ろうとして?

触れたであろうと同時に「胸まで触るのは…駄目…ここまで…」と彼女は起き上がりました。

「まさくんのこと嫌いに成りたく無いから…もう止めよう…」と彼女は言って、とりあえずその動画はこれで終わりました。

その後、友人からのメールで「敗北でした、キスまでは許してくれましたが…ショック」というメールが来たので私は彼女に電話をして。

「今日はごめんね、明日に帰れるから、みかのとこ寄っていい?」と言うと、

「うん、待ってるね」と今日、友人とあったことは話さずにとりとめの無い会話だけでした。

次の日に彼女のところに行って彼女が積極的にエッチを求めてきた事にびっくりです。

私としても悪い計画では無かったようでした。

あれから数日が過ぎ、大学の夏休みも終わりが近づいたころに私の仕事が早く終わり、夕方5時ごろに友人のマンションに遊びに行きました。

マンションに着くと留守のようであったが玄関が開いています…

すぐに帰ってくるんだろうなと思って、とりあえず中に入ってびっくりさせようとクローゼットの中に入って隠れていました。

友人の部屋は1LDKの間取りで、テレビとベットが置いて有り大型クローゼットが付いています。

そして5分もしないうちに友人が帰ってきましたが、どうやら女性と一緒のようで、楽しく会話をしながら入ってきます。

何かこの声は、聞き覚えがあるなと済ましていると…

聞き覚えのある女性の声の正体は、やはり「みか」でした…

みかからは、今日は女友達に恋愛の相談されてて逢うから、かつくんと逢え無いからごめんね…と言うメールが有りました…

だから時間が空いたので友人のマンションに来たのに嘘を付かれたのが少しショックです…

私はクローゼットの中から出るに出られず、2人の様子をずっと見ていました…

クローゼットの位置はベッド横方向から約3mの位置ですので格子の隙間から覗くと2人は私からは丸見えでした…

2人はベットの上に並んで座っています、テレビを見ていました…

友人が「キスさせて」と言いながら…おもむろに、みかを抱きしめて長いキスをしていました…

何故か、みかも嫌がらずに友人の舌を自分の口内に侵入させていました…

二人は完全に舌を絡ませています、その証拠に「ピチュ…クチュ…ペチャ…ピチュ…」と唾液の絡む」水音が聞えてきます。

長いキスの後、2人の唇が離れたと同時に、唾液が名残惜しそうに糸を垂らしているのまで私には確認できました・・・

みか「う~ん…まさくん…キス上手だね…」

友人「へへ・・・Hも上手だよー」と言いながら、友人はみかをベットの上に優しく寝かせて再びキスをしながら上着やミニスカートを脱がせ始めました。

みかはブラとTシャツ姿にされています…

今回、みかはこの前の車内の時より全然嫌がっていない様子です。

みか「…うぅ~ん…まさくん駄目だよ~今日もキスだけだよ~」

友人「じゃ~もう一回キスしよー」と言いながらも友人はキスしながらTシャツも剥ぎ取ります。

みか「あんっもう~脱がしちゃやだぁ~」

キスの間にみかは下着姿にされてました…

友人「…俺本気なんだ…みかちゃんのこと前からずっと好きだったんだ…この前の続きしたい…」

みか「前も車の中で言ったけど…私には…かつがいるし…」

友人「じゃ~なんで今日家まで来てくれたの?」と言いながら…

片手はブラを脱がそうと紐を持ち…

もう1つの手でブラ上から胸を揉まれて…

そして…みかはブラジャーを脱がされました…

更に乳首を友人に舐められてしまいました…

友人「みかちゃんのオッパイ良い形だねー柔らかいよ…乳首も綺麗なピンク色してるね~ミルク出るかな?」

みか「そんなの…出ないよ~まさくんホントに駄目だって…あんっ…パンティは脱がさ無いで~」

みかは簡単にパンティーまで友人に剥ぎ取られてしまい…

友人は少し強引気味に彼女の脚を手で持って開いていました…

友人「オマンコも丸見えだね…みかちゃんのオマンコ…ピンク色だね…指挿れちゃおかな?」

みか「…あんっ…まさくん駄目…ここまでだよ~ホントもう…我慢して…」

友人「今日は…俺もう…我慢でき無いよ…指…挿れちゃうよ~1本…2本…」

みか「…あん…あん…ナカ…激しくクチュ・クチュしないで…」

友人「あれっ?指が3本も簡単に挿っちゃったよ…嫌がりながらもナカがヌルヌルしてる一杯濡れてるよ…みかちゃん…エッチなんだね…オマンコも舐めるよ?」

みかは最初は一応嫌がる素振りを見せていましたがオマンコに指が挿入されると、

もう逃げられないと?諦めたのか大人しく成ってしまいました。

抵抗の為に友人の手を押さえ持っていた自分の手も離してしまいました…

それどころか、友人にクンニされ始めると自分から脚をM字に大きく拡げてしまい…

友人「みかちゃんのビラビラからクリトリスまで舌でなぞってあげるよー」

みか「…あ・あん…まさくん…駄目…あ…クリ…ダメ…ホントに感じちゃう…」

友人「好きだよ…みかちゃん可愛いよクリ…こんなに尖って膨らんで…」

みか「…か…かつに悪いから…ダメだよ~あ~あん…もう…止めよ?」

友人「そんな事言って…みかちゃんオマンコ凄く濡れてトロトロだよ~ナカから…熱いお汁がどんどん溢れてる…つゆ…だく」

みか「…いやんっ…つゆだくって…言わないで…みか…クリはホント弱いからぁ~駄目~ダメ~も・もう…逝っちゃう~」

結局みかも駄目と言いながらもM字開脚のまま…脚を閉じようとせずの友人のクンニ攻撃に逝かされてしまい成すがまま状態でした…

そして…

友人「みかちゃん…はぁ…はぁ…俺もう我慢出来ないよ~ホラ俺のチンポ…見て…こんなにカチカチで…触ってみて…」と言いながら友人は自慢げに自分のビンビンに勃起した陰茎をパンツから取り出して散々彼女に、見せ付けました…

そしてみかに陰茎を手に握らせて硬さを確かめさせていました…

友人「…俺のチンポ硬いでしょ?かつのと比べてどう?」

みか「…かつのよりも硬い…それに…おっきい…長いし…凄く…太いし先っぽが形違う…」

友人「先っぽ?…これね…「かめあたま」って書いて「きとう」って言うんだ…本当に亀の頭みたいでしょ?」

みか「…うん…それはかつから聞いて…知ってるよ…面白い形ね…そこの大きさが全然違うよ…」

友人「そう?それなら俺の方が、かつのより大きいんだ?だったら…試してみない?」

みか「…う~んそれは…無理…かつに悪いし…そんな…大きいの…痛く無い?」

友人「みかちゃん一杯…濡れてるから…大丈夫だって…お願い…」

みか「…え~でも…アソコ…壊れそうな感じ…」

友人「今まで…かつともう…相当エッチしてたんでしょ?大丈夫…大丈夫」

みか「もう…まさくん…女の子にそんな事言ったら失礼だよ…怒るよ~」

友人「ゴメン…みかちゃん…先っぽ…だけで良いから…お願い…痛かったら…すぐに止めるから…たった5秒間だけだから…ちょびっと挿れさせて…」

みか「ちょびっと挿れるって?…それは亀頭だけ…5秒?でもオチンチン少しでも挿れたら…浮気に成るから…」

友人「もうベロチューキスも…したんだし…今日はオッパイやアソコも舐めさせてくれたし半分は浮気したんじゃん?もう…ホラまだナカつゆだくに成ってるよ?」

みか「えっ?…それは…まさくんが…強引に…」

友人「…じゃ~みかちゃん…俺の事嫌いなのかな?」

みか「…嫌いじゃ無いけど…でも…だって…ワタシには…かつがいるし…」

友人「じゃ~ちょびっと亀頭だけでも舐めて欲しいな…フェラだけでもして欲しいなー」

みか「フェラ?それも無理だよーちょびっとフェラだけでも…困る~」

友人「この前も言ったけど…俺…みかちゃんの事…本当に好きだから…チンポこんなにカチカチなんだよ…」

「ちゃんと見てよ?ホラこれ…はち切れそうで痛くて治まらないよ…責任とって何とかして欲しいよ…」

「チンポ舐めるの嫌なら5秒だけ…先っぽだけでも挿れさせてよ…」

みか「…う~ん…オチンチン舐めてる時の顔…まさくんに見られるの恥ずかしいから…挿れる方にする…今日だけ…特別…でも先っぽだけ…5秒だけだよ…かつには絶対内緒だよ~」

友人「勿論だよ、かつには絶対言わないから…」

なんと、みかは友人の挿入要求を簡単に許してしまいました…

みかが、自らベッドの上で正常位M字開脚に成って、友人に亀頭をオマンコの入口に当てられている様子が私の位置方向からは丸見えでした…

友人「嬉しいよー憧れのみかちゃんに俺が挿入できるなんて…ホラ亀頭で膣口に挨拶」

みか「…えっ…あれっ?・まさくん…まさか…まさか生?まだオチンチン挿れちゃ駄目だよ~ゴム付けてー避妊しなくちゃ…」

友人「どうして?生のほうが気持いいんだよ」

なんと友人は大胆にもみかに生で挿入をしようとしていました…

みか「気持いいのわ…分ってる…けど、ワタシには…彼氏がいるから~ちゃんと…ゴム付けてくれないと…」

友人「分ってるよ…ちゃんと付けるから…そういえばみかちゃんってかつ以外の男知ってるの?」

みか「…知らないよ~まだ…かつとだけしかHして無いからぁ…」

友人「…嘘?みかちゃんみたいな綺麗な子が、かつ、だけのチンポしか知らないなんて気の毒だよ勿体無いよ…」

みか「…で、でもぉ~ちゃんと付き合った男の人は…かつだけだったから~」

友人「…と言うことは…俺がみかちゃんのセカンドバージン相手って事に成るんだね?嬉しいよ…」

みか「まさくん…そんな事言って…誤魔化さ無い…危ない日かもなんだからぁ~早くちゃんとゴム付けてよ…」

友人「たった5秒だけだから大丈夫だって…ホラみかちゃん…もう亀頭の先っぽが半分入り口に挿ったよ…つゆだくだから痛く無いでしょ?」と友人は生で押しとうそうとしていました…

みか「…あんっ…あ・あ・あ…駄目だって…まさくん…生は…あんっ駄目~」と軽く抵抗はしていましたが…

友人「お願い…今日だけだから…ちゃんと後でゴム付けるから…最初だけ…生で…ちょびっとだけ…お試しだからお願い…」と懇願されたみかは結局生挿入をされてしまうのでした…

みか「…まさくん…あぶない日かもだから…オチンチンちょっと挿れたら直ぐに抜いて…絶対にゴム付けてね…妊娠したら…困るの…」

友人「分ってるよ…優しいね…好きだよ…みかちゃん…」と言いながら友人はみかにキスをしながら…股間をぐっと押し付けました…

その瞬間「ズブリ」と友人の陰茎の竿の半分程度がみかの胎内に埋め込まれました…

みか「んはぁ・・・・・・・・・んんんっ・・・・はっぁぁぁ・・・」とみかは何とも言え無いような声を上げました…

友人「おお…みかちゃんのナカ…あったか~い…ヌルヌルしてる…みかちゃん…ホラ…見て・見て~俺たち繋がってるよ~」と友人はみかに結合部を確認させていました。

みか「…あんっ・あんっ…見えてるぅ~かつのと違うまさくんの生のオチンチンが挿っちゃてるよ~」

友人「みかちゃんが嫌なら直に抜けるように…とりあえずチンポ半分挿入で止めてるよ~俺のかつのより大きいでしょ?」

みか「うん…おっきいよ~オチンチンまだ…半分しか挿って無いのに…もう当たっちゃってるっ…かつと…全然…違う…んはぁ~」

友人「あれっ?俺今…全部チンポ挿れて…無いのに亀頭がもう…みかちゃんの膣の行き止まりまで閊えちゃったのかな?なんか奥のコリッとしたトコに当たってるよ…」

みか「キ…キスしてる…」

友人「えっ?…何が?」

みか「まさくんのオチンチンが子宮にキスしてるの~」

友人「ああ…奥のコリッとしたトコだね?気持良い?」

みか「うんっ…ソコに…コツコツって先っぽ当たっちゃってるよ~」

友人「あっ…ごめんよ~(笑)ゴム付ける前にもう5秒経ちゃったから終わりかな?じゃ~みかちゃん抜くね?」

なぜか、みかは黙ってました…

友人「あれっ抜かなくて良いの?もう5秒経ったよ?お試しなのに…まだ続けて良いのかな?」と質問されてるのにみかは何も答えませんでした…

友人「何も言わないんだから…挿れたままで、良いんだね?俺のチンポまだ竿が半分も残ってるよ?半分のままで良いの?」

みか「やだ…もう少し欲しい…奥まで…」

友人「じゃ~みかちゃんから奥まで欲しい試したいって…言って?」

みか「もっと…まさくんの…オチンチン試したい…奥まで挿れて欲しい…」

友人「よく言えました~ホ~ラもうちょっと奥までズッポシとチンポ挿れちゃうよ~」

友人の生の肉棒がグイッと深く挿入されました。

みか「んんっ…ああっ…おっきい、ダメっ…凄く届くよぉ…」

友人「俺のチンポの先っぽ…みかちゃんのドコに届いてるのかな?ちゃんと説明してくれる?(笑)」

みか「うう~ん…奥の赤ちゃん作るトコのオクチまで…簡単に届いちゃってる…あんっ…あん・あんっ…」

友人「ああ…俺のチンポだと竿の半分位挿れただけでもココに当たるよね?みかちゃんの子宮口だよね?…俺達…繋がったんだよね?」

みか「うんっ…ソコの子宮口のコリコリにまさくんのオチンチンの先っぽがキスしちゃってるのぉ…こ…こんなの…初めて…子宮のコリッとしたトコ…奥にまで押されてるのっ…」

友人「あれっ…初めてって?もしかして…かつのチンポじゃ~子宮口にまで届か無いの?満足にキスも出来ないの?」

みか「かつが、オチンチン目一杯挿れたら…何とか軽く当てれる位は…と・届くけど、でも…こんなに、奥にまでオチンチンの先っぽこないし…子宮のオクチにもグイグイって当ててこないよぉ~満足にキスとかなんか絶対に無理だよ~」

友人「ええ~?俺のチンポ竿の半分挿入でも軽くは当たるのに?かつの目一杯でもちゃんと当ててこないの?短小?それは…残念…硬さはどう?かつのチンポより硬い?」

みか「…全然…違うの~硬くて…おっきいの~」

友人「痛く無い?とりあえず…ピストンするよ?子宮キスしてあげる」

みか「あんっ大丈夫…凄い凄い子宮キス気持いいよぉ~でも…生はううっ~」

友人「そうだよ…大事なかつと言う彼氏が居るのに俺の浮気のチンポが子宮キスなんてしてていいのかな?もう奥まで挿れて3分は経ったよ(笑)」

みかは少し考えている感じです…でも次のセリフは僕にとって最悪でした…

みか「…もういいのぉ~この…オチンチンの方が気持ち良いからぁ…まだ抜いたりしちゃ~やだぁ…余り動かさないで良いからぁ~ずっとナカのオクチに…キスしてて欲しいよぉ~まだ抜かないでぇ~」

友人「みかちゃん…俺のチンポと今キスしてる、ナカのオクチって何かな?分るようにちゃんと説明してくれる?」

みか「ナカのオクチ(子宮口)わぁ~将来かつと~結婚して~赤ちゃんを作って育てる為の…大事なお部屋…子宮の…入り口のコリコリしたトコなのぉ~」

友人「ほう・ほう…その・かつとの赤ちゃんを作る為のとても大事な子宮の入り口に…俺のチンポがずっと…キスしてていいの?それも生でだよ…今日は危険日かもなんでしょ?だめでしょ…コレは浮気チンポなんだから…かつに悪いからもう抜こうかな?(笑)」

みか「浮気チンポ…ダメだけどぉ~でも気持よすぎてぇ~わかんないよぉ~まだ抜いちゃ嫌ぁ~」

友人「どうして欲しいのかな?」

みか「突いてぇ~まさくんの硬いのでぇ~大事な子宮の入り口…突いてぇ~」

「パンパンパンパンパンパンパンパンパンッ・・・・・」

友人に正常位で高速ピストンで子宮を突きまくられみかは逝きまくりでした…

その後ポジションが上下に入れ替わり今度は、友人がべッドの上に寝転がりました…

友人「あー腰イテ…今度はみかちゃんが上に乗ってくれる?フェラもして欲しいよ…」

フェラ顔を友人に見られる恥ずかしさどころか…みかはなんの躊躇もなく友人のそそり勃つメレンゲ状態の愛液で汚れた肉棒を口にぱくっと含みました…

友人がフェラをしてるみかに質問していました…

みか「…ホントにおっきぃよ…かつのオチンチンと全然違う…」

友人「お…おお…みかちゃんフェラ積極的…顔に似合わず案外エッチ好きなんだね?かつと付き合ってもう3年位経つんだよね?」

みか「…うん…そう…3年くらいかな~」

友人「それなら…かつと、軽く300回以上はHしてるよね?」

みか「…ピチャ…れろ…れろ…う~ん…其れくらいは…してる…かな~?」

友人「何時も生でHするの?…かつに…中出しとか、された事有るの?」

みか「中出しは…安全日とか…だったら…何回かは…有るの…」

友人「…じゃ~ヤリマンじゃん?かつ専用の肉便器じゃん?中出しもされてんなら…子宮も使い古しの中古品じゃん?」

みか「…あんっ…まさくん…酷いよ~中出しだって…まだ数回だし…ワタシ妊娠なんてした事無いし…子宮も中古って…なんで?そんな言い方しないでよ~」

友人「でも…さっき…さあ…指3本も簡単に根元まで挿ったし…俺のチンポ挿れた時も…スンナリ挿入出来たから…」

みか「えっ?でも…ワタシ…まだ…かつとだけしかエッチして無かったし~」

友人「もしかして、かつの奴…エッチの時…みかちゃんに変な事してた?」

みか「エッチするとき挿入前は何時も…かつは…オチンチン挿れる前に、玩具とかでワタシがイク寸前まで遊んでた…」

友人「みかちゃん?その玩具ってかつのチンポより大きいやつでしょ?」

みか「うん…かつのより一回り位おっきかったよ…」

友人「それでだよ~アイツ早漏で自分のチンポに自身が無いからソレで誤魔化していたんだよ…」

みか「…え~でも…それも愛情かな?って…ワタシが玩具で感じる…からかな?って…思ってた…」

友人「違うよ~自分の短小チンポだけじゃ~みかちゃんを逝かせる自身が、無いから玩具に頼ってたんだよ~」

みか「…そうなのかな?でもワタシもかつと逢えなくて…寂しい時用に…自分でNETで購入して…かつの使う物より、もう少し大きいオチンチンの形の玩具で慰めてた…」

友人「そのNETで買った玩具に名前ある?」

みか「カイマンだったかな?」

友人「ソレはディルドーって言うやつね…どれ位の間その玩具でオナニーしてたの?」

みが「…かつと逢えない日とか…殆ど毎日…かな?」

友人「だからだよ…無機質な玩具それもカイマンで…3年も毎日の様にオナニーしてたらオマンコ緩くなるんだよ…まあ大きいチンポでも少しは緩くなるけどね」

みか「…え~ワタシってアソコ緩い方なの?そんな事かつは言わないけど…まさくん…正直に言って…」

友人「俺が感じたのは他の女より…少し緩いかな?ぐらい…でも俺はみかちゃんの事好きだから大丈夫…今度は俺が質問するよ」

みか「…うんっ…なに・なに~」

友人「それじゃ~カイマン好きの…かつ専用肉便器みかちゃんにしつもーん。初めてのかつ以外の男の浮気チンポ…ぶっちゃけ…どうなの?」

みか「だから…カイマン好きなんて…肉便器なんて…言っちゃ嫌だぁ~」

友人「ゴメン…ゴメンでもぶっちゃけ…俺のチンポどうなの?そのカイマンより大きい?」

みか「うん…こんなおっきい本物のオチンチン挿れるの初めてだったから…ナカのお肉が…凄く…こすられて…なんか…拡がっちゃった感じする…」

友人「慣れてくるとオマンコのナカが俺の形に馴染むんだよね…今度はみかちゃんが上にのってから挿れてくれる?騎乗位ってやつ…」

みか「…うん…いいよ~」

友人「今度はちゃんとゴム付かな?生の方が全然気持良いけど?」

みか「う~ん…生SEXは気持良いよね~でも危険日かもだし…」

友人「大丈夫だって…俺は絶対ナカで漏らさ無いし」

みか「そう…じゃ~最初だけ…生で挿れよっかな…」

友人「チンポの挿れる深さも…みかちゃんが好きなように調整していいよ」

フェラを終えたみかは嬉しそうに友人に跨り…生肉棒にゴムも付けずに…手で持ちながら自分の膣の入り口に押し当ててから腰を落しました…

みか「…あんっ…おっきい…凄く当たるよ~まだオチンチンの竿半分位しか挿れてないのに、もう奥に…コリコリに当たってる~ま・まさくんも動いて~」

騎乗位で友人が突き上げピストンを始めます…

友人「俺みかちゃんの弱いトコ、もう分かったよ~奥のコリコリした…ここ攻められるの好きなんでしょ?」

みか「…あんっ…ソコのぉ…コリコリ(子宮頸部)ガンガン突いて~一杯突いて~もう…逝きそう…」

友人「かつじゃこんなにすぐ逝かしてくれないでしょ?」

みか「わかん無いよぉ~でもまさくんのオチンチンの方が…全然…おっきいの~は分るよ~」

友人「結婚考えてる彼氏いるのに浮気の生チンポ挿れられてていいの?」

みか「駄目だけどぉ~ソレ…かつには出来ないからぁ~気持よすぎて~分んないぃ~」

友人「それじゃ~…かつと別れちゃえよ…俺と付き合ってよ…無理ならセフレとかで?」

みか「…ああああ…それは無理だよ~あんっ・また…逝っちゃうぅ~」

友人「そうだよな…みかちゃんは…かつ専用の肉便器だもんな…」

みか「はぁっあぅぅんっ…音やらし…にちゃにちゃって…あうっいいっいいっ!」

みか「だめぇーーーーっ…おまんこいくっ…はぅぅううっいくっいくっいくっ…あぅうんっ…!!!」

騎乗位で友人に下から突きまくられて、みかは逝きまくりでした。

友人は私がクローゼットに忍び込んでいるのを知ってるのかは分かりませんが、やたらと自分のと私のチンポの違いをみかにアピ-ルしていました。

そして…正常位に戻りました。

みかはまんぐり返しの形に成り自分で脚を持たされました。

みか「あんっ…こんな格好…恥ずかしいよぉ~」

友人「こうすれば…更に奥まで俺のチンポ全部挿れれるよ?どうする?」

みか「うん…う~んと奥まで…まさくんのオチンチン全部・全部挿れて…」

友人「そんな事したら…ナカが伸びてもっと緩いマンコの中古品に成っちゃうよ?」


☆彡おすすめ☆彡

みか「…もう…いいからぁ気持ちいいから~早くぅ~オチンチン…」

友人「じゃ~俺のチンポ限界まで挿れるよ?痛かったら言ってね」

みか「あっあぁ~~~~~~」

友人の巨大な陰茎がとうとう根元全部みかの胎内に深く挿入されました。

私の脳内には…怒りなのか興奮なのか分らないような高揚感が上ってきました…

友人「…凄く奥まで挿ってるでしょ?さっきより奥が伸びてる?」

みか「ふわぁ~伸びてるぅ~まさくんの…亀頭が…すっごく奥にゴリッてきて…オクチ(子宮口)…押されて…コリコリが潰れ…ちゃうぅ~」

それから友人はみかを自分の彼女にしようとして…今度は、みかが、逝きそうになると焦らし始めました。

そして…ヤリマン…肉便器と罵り…

友人「ヤリマンのみかちゃん…かつ専用肉便器に特別に生で挿れさせてくれて…ありがとう…もう抜くよ?」

みか「…まさくん、もうっ…ヤリマン言っちゃ…やだぁ~えっ?あっ…まだ抜いちゃ…やだぁ~」

友人「…もう生で散々挿ってるし…ちょびっと5秒どころか…30分は経ったよ?浮気はダメなんでしょ?今日だけ特別に5秒間だけなんでしょ?」

友人「それに女の子の膣のサイズって彼氏のサイズに馴染んでピッタシ合さる物なんだよ知ってる?」

みか「…それは…かつに聞いた事有る…けど…」

友人「それだったら浮気した事…後でかつにばれるかも知れ無いよ~だって…俺のチンポはみかちゃんが毎日オナニーして遊んでた…カイマンよりも大きいんだから…」

みか「いいのぉ~このオチンチンの方が気持良いからぁ~もっともっと~ズコズコしてぇ~」

友人「其れはいいけど…でも…みかちゃんのオマンコのナカ…さっきより…なんかズボズボで緩いから…俺ぶっちゃけ感じ無いし…面白く無いよ?」

みか「…まさくんのサイズに…もぅ拡がっちゃったのかな~?」

友人「そうだよ…ナカがヌルヌルしてるだけで…俺は…ぶっちゃけ…気持ちよく無いよ…俺が動かさない時はもっと力いれてオマンコ締めなきゃ…」

みか「…でもっ…オクチ…オチンチンでギュッって押されて…気持がちよすぎてオマンコに力が入ん無いんだもん…」

友人「それだったら…自分はヤリマンでオマンコ緩いの認めて…俺のチンポの方がかつのより気持ち良いってみかちゃんからここではっきり言ってくれる?」と言いながら友人はゆっくりと数回ピストンしました…

みか「…あん・そんなの…言え無いよ~かつに悪いから…ハァハァ…でも…また逝きそう…」

友人「言ってよ~かつには内緒だから…言え無いなら…子宮のコリコリ突いてやんないし…キスするの止めるよー」と友人は腰を引きながら動きを止めようとすると…

みか「…あんっやだぁ~やめないでぇもっと突いてぇナカの…オクチ(子宮口)のコリコリ…突いて~みかをもっと何回も逝かせてぇ~」

友人「だったら…言ってよ~俺のチンポの方が気持ち良いって…みかちゃんはヤリマンで緩マンの中古品だって…」

みか「それはぁ~やだぁ・やだ~まさくんの…意地悪~」

友人「…じゃ~抜くよもう一度…このチンポ欲しかったらオネダリして?」

みかは友人のチンポに嵌められて何度も何度もイク手前で寸止めされて…抜かれてしまい…焦らされて…

友人「ちゃんと言えたら…今度はバックから挿れてあげるよ…」と上から目線で言われたみかは何の躊躇も無く自分からベッドの上でワンワンスタイルに成りお尻を高く上げてから…

みか「まさく~ん…みか…切ないよ~焦らさないで~早くオチンチン挿れてよ」と友人に向かってベッドの上で自分の手でお尻肉をバクッっと左右に開き…

友人「うわ~っ…みかちゃん…スケベだね~…自分でクパァして…膣口をこんなに拡げて…それに…大穴開いちゃってる…さすがヤリマン・オナホール…待ってスマホで撮影…確かペンライト有ったな…拡げたままストップ!」

みか「…もうっ…ヤリマン・オナホールで…良いから…早くぅ~早く~アソコ撮ってないで~オチンチン…バックから嵌めて~」

友人「凄いよ…大穴だから…膣壁や内臓まで全部がモロ見えだよ~子宮口から汁がドロドロ…糸引いてる…頚部もピクピク動いてるよ…空洞マンコだね?」

みか「…え~ワタシのアソコ…そんな酷いの?」

友人「ホラ画面見て子宮口モロに見えちゃってる」とみかに、スマホの撮影画面を見せてました。

みか「わぁ~凄いアソコのナカって…こんなんなってんだ…」

友人「みかちゃん…見てごらん奥のそのプクッとしたのが、かつとの赤ちゃんを育てる大事な子宮の入り口の子宮頸部だよ…穴も見えてる」

みか「うん…ソコのコリコリ一杯オチンチンで当てて欲しいぃ~」

友人「マジで大穴で空洞で…何でも挿りそうだ…正直俺が2人目の男だなんて信じられないよ…風俗嬢でもこれ程酷く無いよガバガバ穴だよカイマンでオナニーしすぎ」

みか「えへへ…だって…かつ、イクの早いから直ぐ終わっちゃうモン…だからおっきい玩具でオナニーするの気持ち良いんだもん…激しく、かき混ぜたり奥のコリコリ当てたりしてたんだもん…」

友人「あはは…コノどうしようもない大穴とりあえず俺チンポで蓋をしますか?俺なら掻き混ぜたりコリコリ当てたり余裕だよ?」

みか「かつにも~こんな姿…見せた事ないんだからぁ~早くオチンチン…挿れてよ~」

友人「こんな使い過ぎでガバガバで緩い大穴マンコに俺のスペシャルなチンポ挿れて欲しいの?…欲しかったら…ちゃんとお願いして…」

みか「…ぶち込んで~早くスケベ穴に~ヤリマンの…使い古しの…緩いガバガバなオナホールに…オチンチン頂戴…」

友人「さっきとは立場が逆だね~さっきスマホで見えてたかつとの大事な場所の入り口にチンポ欲しいって今度はみかちゃんがお願いして…勿論…生で良いよね?」

みか「もう…生でも…何でも…良いからぁ~早くぶち込んで~」

友人「ダメダメ…ちゃんとオネダリしないと挿れてやらないぞ?」

みか「あんっ…かつとの赤ちゃんを育てる為の大事な子宮の入り口のコリコリ・オクチを~まさくんの…たくましいオチンチンで~苛めてくださぃ~」

友人「かつとの赤ちゃんの為の大事な子宮口を俺の生チンポで苛めていいんだね?」

みか「あんっ…かつには出来ないからぁ~まさくんが苛めて~みかのコリコリ・オクチ…硬いのでガンガン突いて苛めて~」

友人「よく言えました~特別にホーラ半分と少しだけ挿入と…」

みか「あんっ・・・もうオクチ(子宮口)に当たってるぅ~」

友人「このスケベな穴はもうかつのチンポや玩具じゃ満足出来ないでしょ?」

みか「…あああ…そんなこと・・・まだ分んないよぉ~」

友人「今までは…みかちゃんの…このスケベ穴はカイマンのサイズだったんだよ…でも今日でもっと…大穴に変わってしまうんだよ…」

みか「…あんっ…ジョボ・ジョボッって…また…音してる~バックだと…さっきと違うトコに当たって~なんか違うぅ~」

友人「子宮に当たる向きが変わるからね…かつはバックしてくれなかったの?」

みか「か・かつがバックしたら直にオチンチン抜けちゃうからぁ~余りしてくれなかったのぉ~」

友人「なるほど短小にバックは無理だよね(笑)」

みか「あんっ…バック凄いぃ~ごりゅ・ごりゅって~奥の奥まで来ちゃうぅ~」

友人「之からは、カイマンオナニーでも満足しないように、みかちゃんのオマンコが俺の形に成るようにしっかりチンポはめてもっと膣肉奥まで伸ばしてあげるからー」

みか「オチンチン~奥でもう…つっかえてるから、おちんぽ…押し込んじゃ駄目~膣が…ホントに伸びちゃってるぅ~でも…気持ち良いぃ~」

挿入してから立ちバックの体勢に成りました…

みかは友人にテレビの天井を持たされています…

そして激しくグイグイ後ろから突かれながら私の事やエッチの内容を言わされて…

みか「もう…膣の変っててもいいからぁ~まさく~ん…オチンチン…もっと…奥まで~ぶち込んで…子宮オクチにも一杯当ててぇ~もっとジョコジョコって激しく搔き回してぇ~」

友人「俺のチンポこんなに簡単に奥まで挿いるんだから…今日で膣道も形変っちゃって…かつの短小チンポじゃ~もう完全に緩いよ…」

みか「あああ…膣穴…ガバガバに…拡がっちゃうぅぅ…アソコが…すごく奥まで伸びちゃうぅ~かつに浮気ばれちゃうよ~」

友人「もう一緒だよ…ヤリマンみかちゃんのオマンコは今まではかつの性欲処理のオナホールだったんだから…そうでしょ?教えて」

みか「うんっ…デートの度にかつとエッチしてたのぉ~1日8回以上した事もあるのぉ~本当は安全日には毎回中出しもされてたの~ワタシはエッチ大好きなヤリマンなのぉ~」

友人「そうなの?かつの性欲処理用ダッチワイフを認めるんだね…みかちゃん…教えて…俺の浮気チンポと今まで使用してた…かつのチンポとどこが…どうちがうの?」

みか「…あんっ…まさくんのオチンチンのほうが…ぜんぜん大きくて…硬くて…気持ち良いのぉ~」

友人「もしかして?毎日カイマンでオナニーしないと寝れないとか?」

みか「それは無いけどぉ~玩具…オマンコに…挿れたまま…寝ちゃってた事もあるし…朝起きてビックリしたの~」

友人「オマンコがユルユルのヤリマンみかちゃん…教えて?カイマンよりも大きい本物の生チンポ挿れられて…どんな感じ?」

みか「亀頭のエラで…お肉擦られてっ一杯拡げられて…玩具よりも長いからぁ~オクチ(子宮口)のコリコリの…もっと奥まで届いて…気持ち良いの~」

友人「…謝って…かつに…玩具以外で気持ちよくって、御免なさいって…」

みか「…あああ…御免なさい…かつ…気持ちよくなって…御免なさいぃ~」

友人「かつのダッチワイフ穴、他の男に使わせてごめんなさいって…言って」

みか「…かつの…ダッチワイフ穴…まさくんに…使わせて御免なさいっっ…」

友人「かつとの赤ちゃんの為の大事な子宮の入り口俺にキスされた事も謝らなくちゃ?」

みか「あんっ…かつとのぉ~赤ちゃんの為の子宮のオクチ…そんな大事な所なのにぃ~玩具なら兎も角…まさくんの生オチンチンにキスされちゃってて御免なさいっっ…」

友人「謝りながらも…お尻押し付けて来て…俺のチンポ子宮口から離さないようにしてるね?かつに悪いから少し離そうかな?」

みか「あっ…やだぁ~離さないでぇ~ずっとナカのオクチにキスしてて~」

友人「スケベでヤリマンなみかちゃんは、俺の浮気生チンポが本当に気持ち良いんだ?子宮口にチンポがキスってどんな感じなの?」

みか「…ああああ…良いよぅぅ~オチンチン…あん・あんっ…キスされてるとぉ~気持良いのが…子宮一杯にぃ…ゾクゾクってきて~」

友人「かつとの大事な子宮なのに俺にゾクゾクされてていいの?」

みか「だめだけどぉ~かつとのHじゃ~ゾクゾクって…できないからぁ~」

友人「ほら…みかちゃん…俺の肉棒でもっとこのオナホ穴…拡げてあげるから…子宮口もディープキスだよ?」

みか「んあ~奥が…オクチがゴリゴリされて~ゾクゾクって感じちゃう~また逝っちゃうぅ~子宮が痺れちゃうよぉ~」

友人「あ~あ…本当にチンポの形刻み込んでるみたいだね…このオナホ穴…更に拡がっちゃったね?もう一度…ちゃんと謝って…」

みか「あああ…かつ…御免ね~かつの…大事な…オナホールの穴…ヤリマンみかのせいで…まさくんの形に…成ちゃって…御免ね~」

友人「これから…かつとの大事な子宮まで俺に変えられるのも謝らなくちゃね」

みか「かつとの赤ちゃんを育てる大事な子宮も今から…まさくんに変えられちゃうのぉ~幸せにされちゃうの~御免ね~」

友人は更にみかに自分のチンポの事やオナホールとか中古のヤリマンだと言わせていました…みかも、逝かされてしまいとうとう言いなりに…

友人「みかちゃん?正直もう…この俺のチンポの方が好きなんでしょ?」

みか「…す…好き…だ…大好きぃ…」

友人「かつに報告するように何で俺のチンポの方が好きか言ってみて」

みか「あ~んっ…かつ~まさくんの…オチンチンほんとうに…凄いのぉ~太いのっ…熱くてっ…硬くてぇ~かつの

とは比べ物に成らない位長くってぇ~奥まで届くの…オクチのコリコリ突かれる度に…変なのが来ちゃうの…子宮のナカまでぇ~ズンズンてぇ~響くのぉ~」

友人「もっと大きい声で言ってかつのよりこのチンポが好きってもっと言って」

みか「…まさくんの…おっきい…チンポ好き~かつのより奥までズッポシ挿る…まさくんの…なが~い…オチンチン大好きぃ…」

友人「じゃ~かつの小さいチンポじゃ満足できないって言って」

みか「…あああ…かつの…オチンチンじゃ~みかは…もう満足できないのぉ~」

友人「みかちゃん、駄目だよ…小さいが…抜けてるよ…ちゃんと言わなきゃ」

みか「…あ~ん…かつの小さいオチンチンじゃ~みかは…全然…満足できないのぉ~」

友人「ヤリマンみかちゃん…俺に説明して…なんで小さいオチンチンじゃ満足できないの?」

みか「だって…だって…かつのオチンチンだと一杯挿れても…子宮のコリコリ・オクチに先っぽ…かすめるのやっとだもん…軽くしか当たんないんだもん…ナカのオクチにちゃんとキスできないからぁ~」

友人「そうだよ~だからアイツはみかちゃんが逝くまで…玩具で誤魔化してたんだよ…この本物チンポ満足?」

みか「満足なの~凄いんだもん…玩具より太くて…長くて…気持良いトコ…奥までみかの子宮のトコまで届くんだもん…簡単に深いキス出来ちゃうんだもん」

友人「俺のチンポ知って…みかちゃんのオマンコどうなったの?」

みか「…おっきい亀頭で一杯…掻き混ぜられて…拡げられてっ…奥の子宮のコリコリ一杯…突かれたの…ナカ(膣道)…まさくんの形にされたの子宮のナカまで変なのがゾクゾクって来ちゃったの痺れちゃうのぉ~幸せなのぉ~」

友人「俺の…肉棒の味…知っちゃったらもうかつのじゃ満足できないよね?別れちゃえば?」

みか「…ん~?はぁ~満足出来ないぃ~けど…別れ…ない~ああああ~」

友人「なるほど…それでも…別れないんだ?みかちゃんは…ずっと…短小チンポのかつのダッチワイフとオナホ穴のままで居るんだ?…満足出来なくてもカイマンで慰めるんだ?」

…友人はやたらと私の男性器を卑下していました…。

みかは完全に堕ちかけていました…結局スケベなスイッチが入ってしまいました。

友人「かつと別れないなら…やっぱり浮気は良くないよ…止めようかな?」

みか「…えっ?あんっ・あんっ…別れない…えっ…でも…もう…ワタシ…わかんない…ああああ…」

友人「みかちゃん…じゃ~かつとは無理に別れないで良いから…」

みか「…えっ?止めないでくれるの~嬉しい~まさくんの形に…もっとぉ~もっと~して~」

友人「するのは良いけど…みかちゃん?…かつのオナホ穴に…俺のチンポ挿れさしてくれるの今日だけ?これで終わり?」

みか「…良いよぉ~まさくんがしたいなら…みかが…何時でも何処でもHさせてあげるからぁ~」

友人「ホント?じゃ~ぶっちゃけ…明日もしたいって言ったら…みかちゃんがここ来てくれるの?…エッチさせてくれるの?」

みか「うん来るよ…ワタシもう…まさくんの…おっきいオチンチン好きだから…みかのオマンコ…使って良いよぉ~」

友人「え?マジで?本当にしちゃうよエッチ…明日もみかちゃんに、チンポ挿れて…かつとの大事な子宮のコリコリ突いちゃうよ?」

みか「…良いよ~突いて…突いて~まさくんのおっきいオチンチンでぇ~みかのオマンコ…ガバガバに拡げて~メチャクチャにして~突き壊して良いから~」

友人「そんな事…言っていいの?俺…マジで毎日Hするよ?」

みか「…良いの~毎日でも~良いから~遊びでも…Hだけでも良いから~セフレになるからぁ~」

友人「本当に毎日Hしても…良いの?今日でも…もう散々玩具にして…肉壷伸ばしたけど?」

みか「もうワタシ…浮気しちゃったからぁ…まさくんのオチンチン知っちゃったからぁ~元々Hが好きだからぁ~まさくんのしたい事…何でも…全部させてあげるからぁ~」

友人「…何でも…良いの?…本当に?俺のオナペットにしちゃうよ…本当に俺のセフレに成れるの?」

みか「…してぇ~好きにしてぇ~まさくんの…セフレでも…ダッチワイフでも…オナホ穴でも…何でも良いからぁ~」

友人「良いの?俺毎日しちゃうよ?みかちゃんのアソコに…チンポ突き刺して…オナホ扱いしてメチャクチャなHしてもいいの?壊れる位に激しくするよ?」

みか「…壊して良いよぉ~ナカ…擦り切れる位メチャクチャに搔き回して~ナカのオクチのコリコリもぉ~オチンチンで貫いてぇ~」

友人「そんな事まで言って…かつに悪くないの?浮気は悪い事なんだよ?」

みか「良いの~まさくんだっら…ワタシのオマンコ…オナホールのように…毎日使っても良いからぁ…まさくんの性欲全部処理してあげるから~」

友人「もう…変態なんだね?みかちゃんは俺の肉便器だね?」

みか「…肉便器だからぁ…ワタシのことボロ雑巾のように使い捨てても良いからぁ…」

友人「…乱暴にしても良いんだ?オナペットにして使い棄てても良いんだ?」

みか「いいのぉ~もっと激しく突いて~オチンチンで~ナカのオクチも…貫いちゃって…子宮を串刺しにする位に激しくしてぇ~みかのオマンコ全部グッチャ・グチャのガバガバにしてぇ~」

友人「いいの?もっと激しく奥まで突き刺すよ?ホントに?かつとの大事な子宮が壊れちゃっても俺…知らないよ?」

みか「もう…みかの…アソコ…形変わって…半分…壊れちゃったけど…オクチ(子宮口)も…壊れたら…かつにちゃんと…返してあげて~」

友人「みかちゃんは、かつと俺と…二股かけるんだ?ちゃんとかつに謝って…」

みか「…かつ…御免なさい・浮気して…御免なさいぃ~二股かけて…今日からまさくんのオナペットに成ったの…御免なさい~」

そして友人はみかが堕ちて言いなりになった事を確認して…最後は正常位に戻り…調子に乗った友人はについに…

友人「みかちゃん…ホント…マジで?…これじゃ~ガバガバで緩いよ~これからも俺のチンポ欲しかったらこのオナホ穴…頑張って締めて…」

みか「ゴメンナサイ…えい…えいっ…これで良いの~?」

友人「…おおお…締まる…締まる…やれば出来るじゃん?」

みか「…まさくんにも…ワタシの…オナホ肉壷で…気持よく成って…欲しいから…ビラビラのお肉でぇ~膣のヒダヒダでぇ~子宮のオクチの穴もぉ~全部使ってぇ~まさくんのオチンチン全部ワタシの肉ヒダで包み込んであげるぅ~」

友人「ああ…そこまで言ってくれて俺…嬉しいよ…お願いがあるんだけど…」

みか「うんっ…なに…なに?」

友人「じゃ~ヤリマンみかちゃんこのまま…中で出して良いかな?」

みか「!なっ・中は今日は…駄目だよ~そんなの…ああ~ん・あん・あ…赤ちゃん…出来ちゃうよ~中出しするんならゴム付けてハァハァ…」

友人「さっきは何でもさせてあげるって言ってたよ…セフレとか肉便器に成るって…それにかつには、何時も中出しさせてたんでしょ?」

みか「中出しは…そんなにして無いよ~かつとのHでも~安全日だけだから~これからまさくんにも安全日には~好きなだけ中出しさせてあげるからぁ~」

友人「俺みかちゃんの事大好きだから~今中に出したいんだよ…かつとは中出しエッチしてたんでしょ?」

みか「赤ちゃん出来ても~かつとは…結婚するつもりで…付き合っていたからぁ…今日は危ない日かもだし~」

友人「俺…もう出ちゃうよ?あああ、良いでしょ?俺達もこれから付き合うんだから…」

みか「えっ?…まさくん…みかとHだけの関係じゃ無くて…ちゃんと付き合ってくれるの?もし今日…中に出して…本当に赤ちゃん出来たらどうするの?」

友人「…勿論…責任取って…結婚するよ~みかを大切にするし幸せにするよ」

みか「ハァハァ、ホントに?体だけや…SEX遊びじゃなくて?あん、あん、ハァハァ、結婚って…約束出来る?ハァハァ…」

友人「…ああ、約束する、絶対、幸せにする、だから良い?」

みか「…あん、あん、ハァハァじゃあ、かつとすぐ別れるから~みかは、まさくんだけのダッチワイフに成るからぁ~」

友人「…分かった、今から俺達恋人同士だね…激しく突くよ?」

みか「…んはぁぁ…あん…あん…凄いのぉ…オチンチンがさっきより硬く成って膨らんで…オクチ(子宮口)にグイグイってキスしてるのぉ…」

みかは受精体勢になりました、腰を浮かせて、友人の背中で両脚を絡ませます。

それは、まるで愛し合う夫婦の子作りポーズですそして激しいベロチューキスをしていました…

友人「俺…もう駄目…そろそろ出そう…愛してるよ…みかちゃん、中に出してって…言って」

みか「…ワタシもっ…愛してる…あんっ…あ…イイ…ああ…中にみかの奥に出して…一杯出して…あああ…」

友人「何処の中?みかちゃん言って早く・あああああ出そうああ俺ああ…出そう…もうカウパー出てる」

みか「も・もう…みか…まさくんの赤ちゃん…妊娠してもいいからぁ~出して~一杯出してぇぇぇ…」

友人「ハァハァ…マジで?じゃ~みかちゃん…種付け…するよ~」と言いながら友人は亀頭が抜ける寸前までゆっくりと引いた後にみかに思い切り肉棒をズドンと突き刺しました…

みか「…ひゃあんううう…はうんんっっ…奥に…ズブッって~」

友人「…ううっ…出るっ…どく・どく・どぴゅ・どびゅ・どぴ・どぴ…」

みか「…あんっ…まさくんの…ビクビクしてる…精液…出てるぅ~熱いぃぃ~」

友人「まだまだ…出るよ…全部絞りとって…ううっ…」

みか「…ああああ・イッちゃう・イク・イク…ああああ、かつより強くて熱いのナカにドクドク注ぎ込まれてるぅ~子宮が熱くなってるぅ~」

みかは恍惚の表情で友人の精液を子宮に注ぎ込まれていました。

しかし友人はそれでも満足せず射精後も陰茎を抜かずに50回近く激しいピストン運動をしていました。

突き挿すようなズドン・ズドンという大きな音が聞えてきています。

私は、みかの子宮頸部が壊されてるんじゃないかと心配に成った位です。

友人「俺…まだ出来るよこのままする?抜いて精液取らなくて良いかな?」

みか「抜かないでぇ~まさくんの事愛してるからぁ…もう…赤ちゃん出来ちゃっても…良いの~」と言いながら、みかはまたもや両脚を友人の背中に絡めて腰まで浮かせて肉棒を咥え込んだままです完全に受精体勢でした…

友人「ホントに良いの?じゃあ…抜かずにこのまま続けちゃうよ…」

みか「このままぁ~千回でも何万回でも…奥まで…突いて~オクチ(子宮口)も突きこわして~」

友人「壊してあげるよ~ホラホラホラホラ…高速ピストンだよ~」

みか「あんっ…オチンチン…奥にガンガン来る~ナカで掻き混ぜられてる~まさくんの熱い子種…ワタシの体のナカで掻き混ぜられてる~」

友人「俺なんとなく分るよ…突く度に亀頭の先がみかちゃんの大事な所…子宮口を少しづつ開かせてる?…俺の精液で馴染んでさっきよりコリコリの穴が開いてきた感じだよ?ピストンしないで先っぽ当てたままにする?」

みか「あんっ…危険日だからかなぁ~?自分でも開いてくの分かるぅ~オクチからまさくんの熱いの入ってきてる…ワタシきっと…孕んじゃう~」」

友人「本当に排卵日なんだね…子宮口が降りて穴開いて…俺の亀頭を少し咥えこんでるよ…」

みか「ああ~ソレ~っ…ナカのオクチにキス凄いぃ…ソレ好きぃ~もっともっとぉ~」

友人「みかちゃんの子宮はなんの為に有るのかな?」

みか「昨日までわぁ~かつとの赤ちゃんを作って育てる為のお部屋だったけどぉ~今日から…みかの子宮わぁ~まさくんとの赤ちゃんを作って育てる為のお部屋になったのぉ~まさくんの精液を受け止める為に有るのぉ~」

友人「じゃ~受け止め易いように子宮口に先っぽ深くキスさせるよ?」

みか「ああぁ~凄いぃ~オチンチンの先っぽオクチ(子宮口)に深いキスしちゃってるぅ~」

友人「みかちゃん…分かる?内臓どうしがキスしてるんだよ?」

みか「分るよぉ~さっきよりも深くまさくんの亀頭が…みかのオクチ(子宮口)と合わさってるの…」

友人「ピッタシ合わさってる…こんな事かつには無理だよね~?」

みか「も・もうかつの名前はださないでぇ~すぐに別れるんだからぁ~」

友人「うんごめんよ…俺たちもう恋人同士だったね…内臓までもが全部繋がってんだよね…」

みか「あんっ・そう…まさくんの先っぽが…赤ちゃん作るトコ…の入り口…段々こじ開けてるの…」

友人「そうだよ俺のチンポが…みかちゃんのオマンコに、奥にもっともっと…挿りたがってるよ~」

みか「うんっ…オチンチンの先っぽ…オクチにもっと押しこんで~イイよぉ~」

友人「でも良いの?大事な赤ちゃん作る所にこんな事してていいの?」

みか「いいのぉ~みかの子宮はぁ~もうまさくんとの赤ちゃんの為のお部屋に成ったんだからぁ~」

友人「でも子宮口に俺の亀頭がマジで少し挿さってるよ本当に痛くないの?」

みか「あ・あ・あ・あ…少し痛いけど~大丈夫~もっとオチンチン押し込んで…オクチ(子宮口)にもっと突き刺して~良いからぁ~」

友人「じゃ~このまま俺のチンポ子宮口に突撃させるよ?中だしSEXするよ?」

みか「あんっ…ナカのオクチ(子宮口)こじ空けてぇ~まさくんのオチンチンで子宮ごとぉ串刺しにしてぇ~」

友人「おお~俺の亀頭がスッポリ…みかちゃんの子宮口に収まってコイクチみたいに絞ってくるよ…」

みか「そおぉ~挿いってるぅ~子宮のナカまでぇまさくんのオチンチンが挿いっちゃってるぅ~」

排卵日と子宮降下が重なり、先ほどの精液が潤滑剤に成ったのかは分かりませんがなんと、みかは中出しSEXまでされてしまい…とうとう…

友人「うっ…亀頭絞られると…俺また…逝きそう…このまま出すよ?」

みか「…あんっ・あん…ハァハァ、オマンコの中にぃ…ハァハァ…みかの卵子が待ってる危険日子宮のナカに中出しして~」

友人「…あああ…出すよ危険日子宮にモロに出すぞ~これで…みかちゃんを妊娠させてやるぞ~赤ちゃん出来たら結婚しようね…」

みか「う…うんっ…妊娠は…みか…本当は…卒業するまでは…まだ…やだけど~でも…イクッ~またイクゥ~」

友人「あああ出すよ~みかちゃん…俺…本当に子宮に直接出すよ~」

みか「良いよぉ~そのまま、まさくんの精液ドピュ・ドピュ…溢れる位…注ぎ込んで~子宮をタプンタプンにして~ワタシを…孕ませてぇ~」

友人「…だすよっ…どく…どぴゅ…どくっ…どく…びゅるっ…」

みか「あんっ今度は…子宮に直接…ドクドクって~入ってるぅ~卵管にも熱いの流れてくの…分かるぅ~本当に赤ちゃん出来ちゃう…孕んじゃう~」

2回目の射精後も3分間位二人はそのまま動かずに抱きしめ合っていました…

愛の営みを済ました夫婦のような濃厚で激しいキスをしています…

そして友人が腰を引き出すと…ゆっくりとみかのアソコから肉棒が抜けていきます…

大きな陰茎のエラの部分が膣口から抜けると同時に濃い精液が糸を引きながらドロッと垂れています…

友人の肉棒がみかの大事な部分をガバガバにした証拠に、チンポが抜けても膣口の穴が大口径に拡げられ、空洞形を作っているのが私の位置からも確認できます。

みか「…かつとは自然に別れるようにしむけるから…」

友人「早く精液を流さなきゃ本当に妊娠しちゃうよ?」

みか「そうね…シャワー一緒にはいろっ」

結局みか危険日にも関わらずは自分から叫んで2連続で子宮の中に大量に出されていました。

其の後2人はバスルームに入りました。

私は涙を流しながらコッソリ友人のマンションから帰りました…

みかの携帯に「サヨウナラ妊娠オメデトウ」とメールを送りました。

其の後みかからメールやTELが何度も有りましたが相手にしませんでした。

その後みかは妊娠したみたいです…

大学卒業待たずに本当にその友人と結婚しました。

…やっと続きが書けました…

今では私も違う女性と交際して結婚して幸せに成れました


★新 着 pick up★

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!