あえぐ妻の顔は本当に淫乱と言うにふさわしい姿態でした [セックス体験]

私たち夫婦は結婚して3年目で、

私27歳、妻の美香23歳です。

結婚前から妻のSEX好きは判っていましたが、

あんなになるとは思っても見ませんでした。

あれは結婚して1年ぐらいしてからでした。

当時私は、某メーカーの工場勤務をしており、

月に何度か夜勤がありました。

そのときはだいたい実家に帰っていました。

その日も実家に帰ったのですが、

たまたま私の勤務が変更になり夜遅くに家に帰ったのでした。

そして一人で風呂に入り、着替えを探していたらなんとなく妻の下着を見たくなり、

タンスを開け色々見ていたら、奥のほうにビデオテープが1本ありました。

早速、居間で再生するとそこには、

全裸で2人の男に抱かれる妻の姿映っていました。

しかも、最初は、三人で楽しくビールを飲んでおしゃべりをしたり、体を触りあったりと楽しそうにしているのです。

そして、隣に座っている男とディープキスを始め、男の手は妻の胸を触り、妻の腕は男の背中に廻されていました。

男の手が妻のクリトリスを触りだすと、妻の口から吐息が漏れ、妻の手は男の股間へ自ら移っていきました。

そこからはお決まりのフェラチオ、69、そしてバックから男を迎え入れ男は妻の中で果てたようでした。

そうした場面がテープにびっしり収められていました。

次の日の夜、妻と二人でなにげなくビデオを見ることにし、あのテープを再生しました。

妻のビックリする顔を見ながらその時の事を全部聞きました。

その日も私が夜勤の日で妻は友人と二人で居酒屋で飲んでいると二人の男がナンパしてきたそうです。

おごって貰えるということで4人で一緒に飲んでいると帰る方向が一緒で、車で送ってもらえるということで、その後も一緒に飲んで4人で車に乗りました。

そのときは妻は、祐二という背の高い男と、友人の彩はがっちりした健也とカップルになっていました。

そして、車に前席に祐二と妻、後部座席に彩と健也が乗りました。

走っていると後の二人がトイレに行きたいということで、健也の知り合いの店の前に車を停め、二人が降りました。

すると、祐二が急に車を発進させて、二人を置いて走り出しました。

そして祐二からしつこいほどホテルに誘われたが断り続け、車の中で3時間が過ぎて妻は疲れてしまい、最後にはホテルに入ったということでした。

ホテルに入ると祐二は、さっさと裸になり、ベッドに寝ている妻に襲い掛かりました。

妻は、早く果ててくれと思いながら無抵抗にただ寝ていました。

そして、祐二のものが入った瞬間妻の体に衝撃が走ったそうです。

祐二のものは今まで感じたことのないくらい大きく、妻の体の中に入ってきたのでした。

そして、ピストンをする度にその衝撃が大きくなり、妻の口からあえぎが出ました。

それからは、そのピストンに合せて腰を振り、声を出し自分からキスを求める淫乱女になり、二人同時に絶頂に達したそうです。

その後も、祐二のものを口に含み、再び大きくなったなた物でバックから突かれ、そして何度も絶頂に達したそうです。

別れ際に携帯の番号を交換していた二人ですが、1週間はどちらからも連絡がなかったそうです。

そして、ある日祐二から電話がかかってきて「あのときの快感が忘れられないんでもう一回会って欲しい」と言ってきたそうです。

妻は私が長期出張に出ていてあれからSEXはしてなかったので、いそいそと待ち合わせの場所に出掛けて行きました。

見慣れた車を見つけ助手席に座ると、なんと後に健也が座っていました。

祐二のあのときの話を聞いた健也は自分も一回してみたいと言い、ついて来たのでした。

妻は一瞬ためらったのですが、祐二の「健也のも太いよ」という一言で見てみたい気持ちになり、3人でホテルに向かいました。

その途中、コンビニで買い物をしようということになったのですが、駐車場で祐二が「パンツを脱いで買い物してよ」と言われ、妻は抵抗もせず助手席でストッキングとパンツを一緒に下ろし、それを祐二に預けました。

そのときには、二人にしっかりとオマンコを見られたのでした。

そしてコンビニに入った3人は、ビールやおつまみなど買いながら妻の恥ずかしそうな態度を見て楽しんでいたそうです。

特に下の棚にあるものは必ず妻に取らせ、足を開きながら取るときにチラッと見える黒いものに興奮していたようです。

もちろん妻もすでにぐっしょり濡れていて、顔も紅潮しているのがわかるくらいになっていたと言います。

コンビニを出て早速ホテルに入り、まずシャワーを浴びてバスタオルだけの姿でビールを飲みながら、この前の祐二とのことを健也にこと細かく説明しながら、妻の体を触りだしたのでした。

そのことがスタートの合図のようになり、まず祐二と妻がベッドでディープキスからクンニ、フェラ、69と絡み合い、そしていたたまれず健也も参加してきました。

そして、祐二の言う通り長さは差ほどでもないが太い大きなものを妻の顔の前に差し出し、妻はそれを両手で頬張り咥えました。

祐二とはまた違う味により興奮を覚え、その後は余り覚えていないということでした。

その日は一晩中3人で絡み合い、そしてビデオの前で大また開きをし、オマンコをアップで撮る健也、それをソファーから眺める祐二、その後はまた祐二に抱かれる妻。

健也は3回、祐二は4回射精し、妻は数え切れないぐらいイッたそうです。

その場面は、私が見たビデオに収められており、また、そのビデオは祐二、健也も持っているとのこと。

そして、その関係は3ヶ月間続き、本当はビデオも数本あるとのこと。

その他のビデオでは、野外でのフェラやSEXなどもあり、精液をいっぱい塗られた顔面のアップもあるということでした。

そんな関係が終わったとは思えなかったのですが、3ヶ月後ぷっつりと連絡がなくなり、妻の何度か電話したがすでに番号が変わっていたと言うことでした。

その話を終わったから、改めてそのビデオを二人で見ました。

自分のときには出したことのないあえぎ声、濃厚なフェラ、積極的に求め、あえぐ妻の顔、本当に淫乱と言うにふさわしい姿態でした。

そしてあとのビデオもどんなものだろうかと興味津々となっている自分がありました。



ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!