絡みつく舌がたまらなく気持ちいです・・[セックス体験]

奥手で人見知りだった嫁のユキは、

ケイスケさん夫婦との刺激的な遊びの中で、

かなり社交的で積極的になりました。

夫婦仲もよりよくなって、言う事のない日々が過ぎていきました。

だけど、ケイスケさんの奧さんのマコさんから呼び出されて、

仕事の合間に会いに行くと、

ケイスケさんとユキとの濃厚すぎるセックスの盗●動画を見せられました。

スクール水着の改造したモノを着た嫁は、

ケイスケさんと生で繋がり、

中出しを嬉しそうに受けました。

そして、アナルの処女までケイスケさんに捧げて、

アナルでハメ潮を吹きながらイキました、、、

正直、身も心も奪われた気持ちが強くなりました。

絶望感に打ちのめされていると、

マコさんがイタズラっぽく笑いながら、僕にノートパソコンで動画を見せ始めました。

そこには、もう見慣れたケイスケさんの寝室のベッドに、ユキが乗っているのが映りました。

ユキは、四つん這いで手首と足首を革製の拘束するヤツでつながれ、腰を持ち上げています。

そして、そのアソコとアナルには、バイブのようなものが刺さっていました・・・

慌てて

「こ、これって、、いつのですか?」

と聞くと、

『え?今だよwリアルタイムw』

と、マコさんがイタズラっぽく笑いました・・・

「それって、どういうことですか?」

慌てて聞くと

『ホント、便利な世の中だよねwペット用なんだけど、こういう使い方も出来るw』

マコさんは、心底楽しそうだ。

僕は、正直怖くなりました。

どうして、旦那さんの浮気シーンを楽しげに見られるのだろうか?

色々と聞いてみたいと思いましたが、画面の中ではユキがとんでもない格好にされています。

僕は、黙って画面を注視しました。

四つん這いというか、ベッドに胸を押しつけるような格好で腰を持ち上げて、両穴にバイブを突き刺されているユキ。

2本ともウィンウィンと音を立てながら、ウネウネと動いています。

『ンン~~ッ!んんっ~~っっ!!!』

ユキの、くぐもったうめき声が響きます。

不思議に思ってよく見ると、ユキの口には紐状の何かが見えます。

多分、猿ぐつわ的な物をされているのだとわかりました。

そして、顔の半分ほどを隠すくらいの大きな目隠しをされています・・・

アソコに刺さったバイブが、くねりながら抜けそうになると

「ほら、抜けちゃうぞwちゃんと締めないと、浩くんに緩いって笑われるぞw」

『んん~~っ!!』

調教をされている様子のユキ・・・

マコさんが

『アイツ、本気で調教するつもりだwユキちゃん、肉奴隷になっちゃうかもよ~w』

と、笑いながら言いました。

「マ、マコさんは、平気なんですか?」

思わず聞いてしまいました。

『平気だよwユキちゃんとケイスケが仲良くなれば、浩くんと会える時間が増えるからねw浩くん、私、マジだから。愛してるよ』

そう言って、キスをしてきました。

僕は、メチャメチャ複雑な気持ちで、キスをしました。

こんな状況なのに、マコさんのキスを拒否するどころか、自分からも舌を絡めてキスをしました。

僕の倫理観も、完全に壊れているのだと思いました。

画面からは

「ほら、抜けるw抜けちゃうよ~w」

と、ケイスケさんの楽しそうな声が響きます。

ほがらかで、ちょっといい加減でお調子者、、そんなケイスケさんだと思っていましたが、今のケイスケさんは冷たいサドと言った感じです。

『ンッ~~~っっ!!!』

ユキが、一際大きくうめくと、ユキのアソコからバイブが抜け落ちました。

ベッドに落ちたバイブが、ウィンウィンと音を立てて動いています。

バイブの抜けたアソコは、パックリと大きな穴が空いていて、ドロドロになっていました。

「ダメだねぇw浩くんのデカいので、ユルユルにされちゃったんだねw」

ケイスケさんはそう言うと、残ったアナルのバイブを握りました。

そして、それを雑な感じでズボズボと出し入れし始めて

「さすがにこっちはキツキツだwやっぱり、俺のじゃ緩く出来るほど大きくはないのかw」

『んんんっっ~~っっ!!ン゛ン゛ン゛ン゛ン゛ン゛っっーーーっっ!!!』

ユキが猿ぐつわのまま、うめくというか、叫ぶ・・・

「もう、すっかりアナルで感じるようになったなw」

ケイスケさんが言いながら、さらにペースアップします。

すると、ヤバいくらいうめき叫んでいたユキが、潮を吹き始めました。

ビチャビチャッと派手に音を立てながら、ベッドを濡らしていくユキ、、

「ほらほら、もっと吹いちゃえよw」

ケイスケさんが、取り憑かれたように手を動かしながら言いました。

マコさんが、いつの間にか僕の横に来ていて、僕に抱きつきながら

『ユキちゃん、すっかり潮吹き姫になったねw浩くんとするときは、全然吹かないんでしょ?』

と、からかい気味に言いました。

「そ、そんな事ないですって!!ふ、吹きまくりです!」

思い切りウソを言う僕・・・

『へぇw』

マコさんに見透かされている気がしました・・・

そして、潮を吹き散らかしながらガクガクッとしたユキ。

ケイスケさんは手を止めて、バイブを抜くと、ユキの手首足首の枷と目隠しや猿ぐつわを外しました。

すると、ユキは弾かれたようにケイスケさんに抱きつき

『大きくなくても、これが好きだもん!』

と、ケイスケさんのペニスを握りました、、

もう、完全に浮気のレベルだと思いました。

刺激のための、ちょっとした遊びというレベルではない・・・

「そうなの?浩くんのよりかなり小さいけどw」

『だってぇ、、これだと、私の気持ち良いところにピッタリ来るんだよ・・・ホント、計ったみたいにピッタリw』

そう言って、ユキはケイスケさんのペニスをくわえました。

『あ~~あwユキちゃん本気じゃんwねぇ、もうあきらめて、私とラブラブしよ~よw』

マコさんがそう言って、僕のペニスをくわえてきました。

『あぁ、、やっぱり凄い・・・大っきいい、、全然こっちの方が気持ちい~のにw』

マコさんは、僕を慰めるつもりなのか、そんな事を言いながら口でしてくれます。

絡みつく舌が、たまらなく気持ちいです・・・

『ホント、浩くん変態wガチガチじゃんwユキちゃんにあんな事言われてるのにw』

マコさんが、楽しそうに言います。

僕は泣きそうでしたが、確かに興奮の極限にいるのは間違いない事実です・・・

『ホント、好きぃ、、このおちんちん、最高だよぉ、、』

ユキがそんな事を言いながら、ケイスケさんにフェラを続けます。

自分の愛する嫁が、僕の知らないところで、僕に内緒でこんな事を言いながら、奉仕を続ける・・・

夢なら覚めて欲しいです・・・

でも、恐ろしい事に、これは今リアルタイムで行われている事です・・・

僕は、ハッと気がついて、電話を手に取りました。

そして、ユキに電話をしました。

『ちょっと、ダメだって!』

マコさんが慌てて言いました。

僕は無視して通話ボタンを押すと、呼び出し音が鳴りました。

動画でも動きがありました。

動画の中でも電話が鳴っています・・・聞き慣れたユキの電話の呼び出し音です、、

「アレ?電話なってるよ!」

ケイスケさんが、素に戻ったような感じで言いました。

『いいよぉ~後で見るから!ねぇ、もう入れたい!』

ユキは、僕の電話を無視して、そんな事を言いました。

「いや、ダメだって、浩くんからだったらどうするの?」

『うぅ・・・大丈夫だよ・・・』

そんな会話を聞きながら、僕はしつこくかけ続けます。

「ほらほら、何かあったのかもよ?」

ケイスケさんにここまで言われて、とうとうユキは電話を手に取りました。

「誰から?」

ケイスケさんがニヤニヤしながら聞きました。

『浩くんだ、、どうしよう・・・』

ユキが、急に困ったように言いました。

「出ないと疑われるよw急がないとw」

『うぅ、、静かにしててね、、』

そう言うと、電話を操作しました。

『もうもし、浩くん、どうしたの?』

いつも通りのユキの声がする。

あまりに普通なユキの声に、急に自分が何か間違えている気持ちになりました。

今見ている画面のユキは、CGか何かじゃないか?

そんな現実逃避的な考えが浮かびます。

『もしもし?どうしたの?』

ユキにもう一度言われて、慌てて

「ゴメン、電波悪かったみたい。今なにしてるの?」

『えっ?お買い物だよ。今、本屋さんで立ち読みしてたところだよ』

ユキが、よどみなく答えます。

普通に、息を吐くようにウソを言われてしまいました・・・

「そ、そっか、いや、今日ちょっと遅くなりそうだから、夕ご飯食べてこようかって聞こうと思ってさ・・・」

『あ、そうなんだ・・・寂しいなぁ・・・遅くなっても良いから、一緒に夕ご飯食べようよ~』

本当に、いつも通りのユキです。

だけど、僕は目がおかしくなったのかな?そんな事を言ってくれているユキが、電話をしながらケイスケさんにまたがりました・・・

「あ、わかった、なるべく早く帰るようにするよ」

僕が、そう言い終わらないうちに、ユキは自分から腰を降ろして、ケイスケさんに生で繋がりました・・・

『ん、、無理しないで、、ね・・・ご飯つく、、って待ってるぅ・・・からね!』

「アレ?電波悪いかな?なんか声が変だよ」

僕は、泣き出したくなる気持ちを抑えてそう言いました。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!