親友の彼女に『ずーっと好きだったんだよ』と言われて [セックス体験談]

25ぐらいのときのはなし。

俺と当時の親友とその彼女の3人で地元の居酒屋で飲んだ。

親友の彼女だけがお隣の県に住んでて、

その日は終電もなくなったので親友の家に泊まるんだと思ってた。

親友がめずらしく泥酔した様子で、

電話すると言って店を出たまま戻って来なかったんで、

酔って家に帰ったんじゃね?ってことで二人で親友の家に行った。

玄関はカギがかかっててインターホンで呼んでも電話しても応答なし。

仕方ないからうちに泊まって明日の朝またこようとなった。

彼女をベッドに寝かせて俺は床に寝てると、

「こっちに来て」

と言うのでベッドに入った。

いきなりキスされて

「ずーっと好きだったんだよ、○○さんが」

と言われた。

そんなこと言われても、と言ったが、

彼女の手はすでに俺の燃料棒をさすってて、ガマンの限界。。

おれもだよ、って一気に突入。

わけの分からないシチュエーションに興奮したのか早くも爆発の気配。

イキそうだよというと、

「いいよ、このまま中に頂戴○○さんの中に欲しい」

と言うのでマズいかなと思いつつ大放出。

終わってから、

「大丈夫?本当に出したよ?」

と言ったら、

「うん今日は大丈夫な日だから」

と言われた。

その後も彼女から誘いがあって何度か寝た。

そして1ヵ月後、妊娠してることがわかった。

親友は毎回ちゃんと避妊していたらしいので

俺の子供だと思うと言っていた。

そして再度おれが連絡取れたときはもう子供はおろしていた。

その後彼女と二度と会うことはなく、

彼女は親友と結婚した。




ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする