Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

こんな所でSEXするなんてありえないのにこのスリルが・・ [セックス体験]

私は25才の主婦です。結婚してまだ半年です。
こないだ夫の実家に遊びに行った時の話をします。夫の実家には、ご両親の他にちょうど妹さんとそのご主人も遊びに来ているようでした。着いた時間も遅かったので、さっそく夕食の時間で皆でお酒を飲みつつ、ワイワイとしていました。久しぶりに親族で食事を楽しんでいると気が付いたら、かなり遅い時間になっていました。
私を含む女性陣が片付け等をしている傍らで、主人や男性陣は酔い潰れてそのまま寝てしまっていました。

そして片付けが終わり、酔い潰れている主人を2階の部屋まで運びました。(ちなみに1階は、主人のご両親の寝室になっています)

すると少し時間が経ってから主人が
「トイレに行きたい」
と言ってきました。

足がフラフラだったので心配になり、夫を支えながら私も一緒にトイレに付き添って行きました。
トイレに入って、個室に2人きりになると夫は酔っ払っているのか急に私に甘えてきました。

私は「もうっ…」と飽きれてしまいました。

すると夫は
「ごめん」
と謝りつつも急に私に抱きついてキスをしてきました。
そしていきなり胸をわし掴みしてきました!
私はビックリしました。
狭いトイレの中で夫は私の体に激しく触れていきます。

私は何だかだんだん感じてきてしまい、気が付くとアソコが湿ってきていました。
「…あっあん…」
私が思わず喘ぎ声を出すと、夫は私の服をゆっくりと脱がし、私の体を舐めていきました。
舌をたてながら、首筋…乳首…太もも…クリトリス…そして穴まで隅々舐めてくれました。


「ん…はぁぁん…ぅんん…ぁぁ…ぁっぁっ…」
アソコが濡れすぎて、流れててしまっているのが自分でもわかりました。
「こんなに濡れちゃって…すごいよ…」
さっきまで酔っていた夫が急にイジワルな目をしてきました。

そして私の穴に指を入れてきました。
「あぁあ…ぅうっ…」
私のアソコがネチョネチョと音を立てました。
すごい気持ちいいのに、いくらご両親が寝てるとはいえ、あまり声が出せません。
私はその緊張感で足がガクガクしてきました。

そして夫は私を扉に押しつけ、片足を持ちながら後ろから入れてきました!!
「ん…はぁはぁ…ぁぁん…あっあっ…」
「あんま声出したら駄目だよ…我慢しなきゃ…」
「だって…ぁぁん…」
「じゃあもうやめる?」
「やめないで…もう好きにして…」
片足で立っているので私は足が震えて立っているのが大変でした。

とにかくもう気持ち良すぎて…
こんな所でセックスするなんてありえないのにこのスリルが逆に快感になっていました。
夫は入れながら指で私のクリトリスを刺激してきました。
私は両方責められてだんだん体が熱くなってしまいました…

そして何かが弾けだしそうになり…
「ふぁっ…ぁぁっ…だめぇ~…ぁあん、イクッ!!」とイッてしまいました。
まだアソコが熱くなっているのに夫は腰の動きを止まるどころか、むしろ早めて、
「あっ…俺もイクよっ…はぁっ!!」
と言ってドピュッと私の中に出しました。

あまりの気持ち良さに呆然としてしまいました…
でもたまにはこういうセックスも新鮮ですね!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!