セックスらしいセックスはしたことありませんでした・・[エッチ体験談]

これは、去年の夏のお話です。

専門学校2年生だった僕は、どうしても海外旅行がしたいので、
夏休みを利用して8月の1ヶ月間だけバイトしようと決めました。

短期間なのでガードマンを思い付きましたが、
近所の工務店を営むおじさんに紹介してもらい、会社へ話を聞きに行きました。

仕事内容は工場の取り壊し現場で、危険な作業はさせられないため簡単な掃除。
日給はなんとガードマンの倍です。

さらに月末には年に一度の社員旅行があるので、参加してもいいと言うのです。

その場で作業着や安全靴などを受け取り、夏休みのバイトが決まりました。

バイト初日は現場責任者である社長の息子に挨拶するも、金髪でバリバリのヤンキー。

しかも超生意気で
「お前トラック待ってんじゃねえかよ! さっさともってけ!」と、
フラフラになっているおじいちゃん作業員のケツを蹴飛ばしていました。

社長息子は僕に作業員の確認をやらせ、
一日中休憩所でタバコを吸いながらスマホをいじっています。

毎日午前と午後に作業員の確認をしますが、
失礼な言い方ながらも、ここにはまともな人はいません。

ほとんどが日雇い労働者で、力仕事なのに
お金がないのかお昼にはパンひとつしか食べない人、
いつも大きなバッグを持ちホームレスのような人、
いかにも極道から足を洗ったような人、
さらに一日分の給料はその場で支給されるので、
突然来なくなる人はおろか、一日で来なくなる人もいました。
月末になり、社員旅行の日がやってきました。

温泉街のホテルに泊り、僕は加藤さん、平野さんと相部屋です。
加藤さんはスキンヘッドに口ひげを生やし、旅行なのにジャージ姿。
平野さんは角刈りに無精ひげ、無口で笑顔が少ない人です。

二人とも人相はこの上なく悪く、近づきたくないような人。

しかし休憩には「好きなの飲みな」と飲み物を毎回ごちそうしてもらい、
僕には優しい人でした。

宴会が終わるとカラオケルームに移動する予定が、
まだほかの客がいるため、各自部屋で待機することに。

僕たち3人は売店で買った焼酎を飲んでいると、
トントンとノックの音がして、誰か来たのでドアを開けると、
事務をしている二人のオバちゃんと若い女性が部屋に入ってきました。

「この携帯だれのかしら? テーブルに置いてあったんだけど」
「あ! それ俺んだ。すいませんね」

どうやら加藤さんが置き忘れたようです。

「あら、おいしそうなの飲んでるわね。カラオケまでここで飲ませてもらおうかし
ら?」
「もちろんどうぞ」

オバちゃんは受話器を取り、フロントに焼酎2本を注文。

飲みながら話していると、カラオケルームが空いたと携帯に連絡があり、
オバちゃん二人が立ち上がりました。

「あら、ユキちゃんは行かないの?」
「うーん…… もう少ししたら行くから先に行ってて」
この若い女性の名前はユキちゃんだと知りました。

どうやら社長や生意気息子たちは酒癖悪く、
カラオケしても面白くないようです。

ユキちゃんは茶髪よりも、もはや金髪のストレートでロングヘアー。
丸顔でどことなくAV女優の吉沢明歩さんに似てかわいいが、
今どき珍しい根っからのヤンキーオンナ。

僕より少し年上なので、二十歳くらいだと思います。

最初は加藤さんの大好きなパチンコの話で盛り上がり、
ユキちゃんもパチンコは好きな様子。

しかし徐々にエロ話になり、加藤さんは冗談半分に口を開きました。

「なぁユキちゃん、やらせてくれよ。オレやりたくてしょうがねえんだよ」
「何バカなこと言ってんのよ。そんなにやりたければ風俗にでも行けばいいじゃない
の」
「おいおい、そんな金ありゃしねえよ。なぁ頼むよ」

だんだんと加藤さんは本気になり、手を合わせ
「お願いします」と頭を下げ始めました。

「な、なに言ってんのよ。ちょっとやめてよね」
すると無口な平野さんは立ち上がり、入口の鍵を掛け部屋は密室状態に……。

「そうそう、わたしカラオケ行くから。それじゃね」
ユキちゃんは薄ら笑いで立ち上がろうとするが、加藤さんは肩を押さえ付けます。

「冗談でしょう。ねえ、大声出すわよ」
「大声出すなら出してみろよ。でもな、その体、傷だらけになってもいいのかよ」

ユキちゃんの顔にグッと近寄り、顎を押さえて
人相悪い顔でジーっと睨みつけています。

平野さんはタバコを咥え平然としていますが、
僕はとんでもないことが起こってしまったとビビりまくりです。

「なーんて冗談だよユキちゃん。一回でいいんだよ。あまり深く考えないでくれよな」

加藤さんはニヤリと笑みを浮かべているが、
ユキちゃんの表情はこわばり、背後に回った平野さんは
少々手荒に浴衣を脱がせるも抵抗はしません。

薄紫色の下着も脱がされ丸裸になると、
加藤さんも服を脱ぎ捨て、チ○コを突き出しました。

仕事中は長袖なので気付かなかったが、
上腕から肩にかけてタトゥーが入っています。

「ほれ、シャブってくれよ」
顔を背け嫌がるユキちゃん。

「あれ、聞こえなかったようだな。シャブってくださいよ」
「わ、わかったわよ」

仁王立ちする加藤さんをひざまずいてフェラチオを始め、
平野さんは背後からおっぱいをもみ、マ○コをいじっています。

僕は黙ってひたすら見ていると交代してくれて、
おっぱいをもむと柔らかく弾力のある感触がたまりません。

さらにマ○コを撫でるとヌルヌルに濡れ、
指を細かく動かすと体がピクッと反応しました。

布団は宴会から戻ると敷いてあったので、
ユキちゃんを仰向け寝かすと、加藤さんは正常位でセックスを始め、
おっぱいは動きに合わせ揺れています。

「お願い、お願いだからやめて」
必死に抵抗するが、もちろん加藤さんの動きは止まりません。

四つん這いにさせてバック、正常位に戻るとお腹に発射しました。
精液の処理もせずに平野さんが挿入。

無言だったユキちゃんは感じてきたのか、声を上げるようになり、
あろうことか騎乗位なると自分から腰を動かしています。

さらにはガクッと全身の力が抜け、イッテしまったようです。

平野さんもお腹に発射すると、次は僕の番です。

恥ずかしながら僕はほとんどセックスの経験がありません。

短期間付き合った彼女と2,3回しただけで、
入れるとほんの数秒でイッテしまい、
セックスらしいセックスはしたことありませんでした。

チ○コはヌルっと奥まで入り、動かすと死ぬほど気持ちいい。
すぐにイッテしまいそうだが、お酒を飲んでいるせいかグッと我慢ができます。

「どうだいユキちゃん、気持ちいいか?」
「う、うん。すごく気持ちいい」

加藤さんの言葉に応え、ユキちゃんは完全にセックスに夢中になっています。

「おい、ユキちゃんにもイカせてあげろよ」
人生初の騎乗位になると、僕のチ○コを入れ、上下に動かすのではなく、
グリングリンと前後にこするように動かし、高々と声を上げイッテしまいました。

僕もそろそろ我慢の限界が近づき正常位に戻ると、
お腹に発射するはずが、角度が悪かったのか、
それとも勢いがよすぎたのか、
おっぱいを越して顔にかけてしまったのです。

「ちょっと、ここはやめてよね」と言いながらも笑っていました。

これほど勢いよく発射したのに、僕のチ○コは収まることなくまだまだビンビン。
ユキちゃんは見るに見かねてもう一度入れさせてくれました。

翌日からは通常の仕事で、僕は残り5日。
しかし2日後には平野さんは来なくなり、
加藤さんに聞いてみるも、まったく知りません。

仲良さそうだがお互い携帯の番号も知らないし、
プライベートに関することは聞かないようだ。

加藤さんも実家の居酒屋を継ぐので、近々いなくなると言う。

最終日に作業着は社長息子に渡したので、
事務所へ行くことはなく、ユキちゃんに会うことはなかった。

バッチリ旅行代稼げたし、セックスはできたし、この上ない最高のバイトでした。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!