俺はかなりの早漏でスグいってしまうのだった・・[エッチ体験談]

小1の頃から仲が良かった13才年下の子に筆下ろしされた。

筆下ろしされた年齢は俺30相手17。

学生の頃から中退してフリーター生活をしても

アパートを変えずに住み続けた結果

隣の母子家庭の母娘とかなり親しくなった。

母親が仕事のの間娘は廊下でひとりあそびをしてことがあり、

それに構っているいるうちに呼び鈴を押して遊びに来るまでになった。

母親(H子)は娘のK子がうちに遊びにきても

御好意甘えるといった感じで

面倒を見てもらう感じで遊ばせていた。

童貞ではあるもののロリコンでもないため親戚や

年の離れた妹を可愛がる感じで悪いことをしたら叱ったり、

ゲームをしたり本を読んであげたり

勉強を見てあげたりする関係がK子が小4位になるまで続いた。

K子が小5くらいになると色気づいてきて、俺から発せられるモテない童貞オーラに気がついたのか友達がいる前ではシカトするようになったものの二人きりだと前と変わらず冷たくあしらったお詫びなのか向こうからさっきの埋め合わせ懐く感じだった。

おそらくK子は女のモテグループに属していたので、童貞オーラが漂う俺の存在を疎ましく思ったに違いない。

中学になると本格的に生意気な態度を取るようになってきてヒゲそれだの臭いだの突き刺さるような言葉を俺に投げつけてくるようになり、ついにはイケメンと付き合い始めるようになると完全に向こうからは声をかけてくれない状態となってしまった。

悲しく思いつつもこっちから挨拶をすると一言

「うっせ」

と言いながら蹴りをくれた。

この言い方も半分本気で嫌ってる感じのトーンに感じられた。

JCとなったK子はJC特有の線の細さと女のエロさを併せ持つ童貞の好物となっていたためこれもひとつのご褒美と受け取った。

たまに受験のこととか近況についての話もしてくれたりしてJCとこんな砕けたやり取りができることをステイタスに感じていた。

こうやってこの娘も大人にっていくのかーと童貞ながら若干父親的な気分に浸ったりしていた。

K子の関係が急に進展したのはK子がJKになって暫くしてのことだった。

JKになったK子はこいつはモテるだろうなという若干ビッチ臭がするものの、モテオーラが漂うようになっていた。

JK位になるとJCの時よりも少しとげがなくなって、昔の人懐っこいK子の感じで話しかけてくれたりはしていたが、さすがに昔のように遊ぶということはない。

俺は童貞を拗らせまくりすぎてエロ漫画でしか抜けないという惨状になっており、エロ漫画を週2冊くらいのペースで買ったエロ本が貯まってくるとまとめて資源ごみの日に捨てていた。

ある日、いつものようにエロ漫画を捨てようとゴミ捨てばに向かおうとするとアクシデントがおきてしまった。

一度にまとめて持っていこうとしすぎて変な角度になった部分の紐がほどけで数十冊のエロ漫画が炸裂したのである。

そこに夜遊びから帰宅してきたK子が鉢合わせ。

「うわぁーっ、きめぇぇww」

「いつもエロ漫画捨てるの〇〇(俺の名前)だったんだー」

「うっせぇ、男の一人暮らしの楽しみ何かこのくらいしかねえんだよwww」

恥ずかしさから開き直って思わぬことを口走る。

散乱したエロ漫画を街灯の薄暗い明かりでパラパラと読みながら

「らめぇぇっ」

だの

「ひぁっ(はぁと)」

だの

「ドピュッ」

だの俺を小馬鹿にしてエロ漫画を朗読し始めた。

これが久しぶりの世間話以外の長い会話(というかやり取り?)であった。

すっかり美少女になったK子と散々オカズにしたのエロ本。

俺にとって見たらどっちもおかずにしたことがあるもの同士というのが妙にエロい。

K子は大量のエロ本を前にして本気で俺を拒絶して気持ち悪がっている感じもなかった、俺を拒絶しない寛容さと夜遊び帰りの砕けた様子に無限の可能性を感じた。

要するに

「これは行ける!!」

という気がしてしまったのである。

「あっ、あのさぁ」

「こんなところでいうのもなんだけどセックスさせてくれないか?」

これが童貞の限界である。

※正確には覚えていない多分こんなことを言ったはず。

我ながらK子のマリアナ海溝よりも深い慈愛がなければブタ箱行きの確定の発言であった。

「えっ!?うん、いいよ~♪」

あっさりとOKの返事が返ってきた。

しかも、心なしかうれしそうですらある。

いいよ~ の

「よ~♪」

のぶぶんのなんともいえない

「OKだよ~」

な感じに聞こえてガチガチにフル勃起した。

早速エロ本をゴミ捨て場に捨ててから、ちょっと掃除するからまってろと言いつけて危険物を隠そうと思ったが、

「私も掃除してやんよ」

といってドカドカと入ってきた。

「うわーTENGAあるしエロ漫画だらけじゃんwすげー童貞臭っww」

オナホを知っているとはさすがネット世代。

男の生理についての知識も熟知しているといったところか。

余りに荒んだ部屋に平気で入ってくるK子をみて現実感がなくなって思わず質問をしてみる。

「なんでOKだったんだよw」

「だって○○昔すっごくやさしくしてくれたしさぁ」

「性格的には一番タイプだったのにみた目がキモくて童貞で可哀想だったから」

「っていうか私昔○○で処女で捨てようとずっと思ってたし」

「童貞童貞いうなっww童貞じゃないかもしれないだろww」

「童貞なんでしょ?」

そういって顔がキスできるくらいの距離までつめてきた。

年不相応にキョドる俺。

「どっ、童貞です……ごめんなさい……」

「やっぱりね、私の中で100%○○は童貞だと思ってたしww」

「わたし以外の女の子と話すときテンパリすぎだったしすぐわかったよ」

幼いころから慣れているK子とは比較的まともに話せるが、それ以外の例えばたまに遭遇するK子の友達などと会話するときは挨拶する僅かな時間ですら女子にびびり挙動不審な態度をあらわにしていた。

かなりだめだなと自覚していたもののそこまで見抜かれていたとは恥ずかしいかった。

K子は洗濯乾燥機に感動して早速使いたがったので下着を入れてスイッチを入ると、ユニットバスにぬるま湯を注いでビオレUを溶かし込み泡風呂みたいにして洗いっこをすると、昔幼かったころのK子とじゃれているような不思議な感じになった。

「昔泥だらけになったときこうやってお風呂は入って遊んだことあったよね~?」

K子がめっくちゃ深い泥沼(表面的には浅い水溜りに見える)を作って落とし穴遊びをした時腰近くまで泥だらけになったのを叱り付けてその後風呂に入れたことがあったのを思い出したそんなノスタルジーとは無縁とばかりにチンコがいきり立ってK子のうちももの間でフル勃起している。

「ちょっと、すっごい硬いんですけど……」

「もうここでいれちゃう?ビオレだし多分ここで入れても大丈夫だよ」

「うわっぁかてえぇぇぇっ、しかも結構でかい」

チンコがでかいといわれるのはすごく誇らしい気持ちになるんだなと学ぶ童貞。

K子は俺の120%勃起チンポをビオレのぬるぬるを利用してスライドさせ、硬さを楽しむように扱ってきた。

「まてっ、楽しみは後からだ!」

入れたらすぐイッってしまいそうなのをなんとかごまかしたそうとしたが、そこは童貞。

「あへぅさsvもけあwrfd!!!!」

余りの気持ちよさに程なく暴発。

まだ入れてもいないのにいろいろと気持ちよすぎてしまった。

K子がチンコを弄びはじめてからわずか20秒後のことである。

自分でもその飛距離に驚いた。

「めっちゃ飛んだねw、びゅぅぅぅって」

「カメレオンの舌みたいだったしww」

余裕の面持ちで形容されてしまうとなんか情けない。

普段の射精方法は布団を汚さないように仮性包茎のかわを閉じて包むように射精していた。

なので、生まれて初めて全力で精液を外に飛ばしたのである。

圧倒的な開放感と人に射精させてもらう快楽とかいろいろ初めてで放心状態だった。

「ごっ、ごめん、K子」

「まだヒクヒクさせてるしw」

人にさせられる射精特有の余韻痙攣を手の中でたのしむK子。

なにもかもさとられている感じがした。

「ちょっとぜんぜん勃起が収まらないんですけど~」

「○○かわいいなぁ」

などといわれるがまま、されるがままである。

K子は固さ喜んでいて何度チンコを握ったり洗ったりしながら楽しんでいた。

「ホントにチンコすきだなーw」

「だっておっきいんだもん」

「何人くらいとエッチしたんだよ」

「えーっ、5人かな?」

「すごいな、K子はもてそうだもんな」

「結構イケメンの彼氏を連れてきてたときもあったし」

「そんなぜんぜんだよ~」

「あの時お母さんいないから家でエッチしたんだけど聞こえてた?」

「いやwwっていうかまじかよw」

聞き耳立ててりゃよかったと後悔した。

「なんだぁ、エッチしたのばれててやらしてくれる女とおもわれてるのかとおもったよ」

「いや俺はK子のことそんなふうに思ってないよ」

少し思ってるが、ここは喜ばせるために嘘をついた。

「えっへ~ほんとに~♪」

「ほんとだよ」

昔のようにいいこいいこをしながら真顔でいうとあからさまに機嫌がよくなった。

「ねえ○○、これちょっと入るか試してみていい?」

「えっ?いま?」

「うんwwちょっと大きいからさぁ、心配になってきたw」

「わかった」

そんなに大きい自覚はなかったが心配されるほどなのか?過去に童貞とやって手荒にされた経験でもあって警戒してるのか?などと気が小さいのでいろいろ考えたがK子が不安ならOKするしかない。

そんなことよりいよいよ童貞じゃなくなるんだとまたどきどきしてきた。

「とりあえず入れるだけ入れてみる」

K子は腰を浮かせてチンコの上にまたがって体重をかけてきた。

膣口の通過するときは肉を掻き分けてる感じが伝わってきたが一定の深さを超えるとニュルンという感じで一気に中に入った。

「うあはっ、ちゃんと入った」

「すげえw押し戻されてるな」

膣内を収縮させてチンコをなじませる感じ。

まさに女の深部に到達した!受け入れてもらったという感動だ。

漫画やエロ画像だと入ったらあからさまにあえぎ声を発して感じ始めるけど現実は意外に余裕がある。

ただひとつ、収縮にともないガクガクと震える感じが想像してたのとちがった。

「何でこんなに震えてるの?」

「チンコ硬いから感じてるんだよぉ」

「形がわかっちゃうくらいもん」

「きっとこれで動いたらすぐいっちゃうわ、あたし」

とはいえ狭い風呂の湯船の中だしすぐには動けない。

それに、ぎっちり締め付けられてるかんじがして動かすとK子は痛がるんじゃないかという恐怖があった。

そのためフル勃起チンコを挿入したままで動かさずにぬるま湯にはいって乳繰り合っりキスをしたりした。

その間もK子はずっとチンコの微妙な動きを感じ取って体をビクつかせては膣をギュンギュン締め付けていいた。

「ちょっとやばいよっ、動かさないでホントにいっちゃう」

「動かしてないよ、そっちこそなかをうごかして攻めてるじゃんw」

「ちがうんだって、わざとじゃないの、ほんとにすっごくきもちい」

これは防御反応みたいなものでわざと俺を気持ちよくさせようとなかを動かしてるわけじゃないのかとか変に冷静だった。

が、冷静に分析しているものの俺のレベル1チンコの豆腐防御は連続技で削られてる。

チンコが熱くなって知らない種類の快感につつまれる。

ゆっくりゆっくりと気持ちよくするけど波の落ち込みがないような感じ。

おそらく、手でしごく場合手が通過するときに快楽の波がくるが、膣に包まれて全体的に膣壁がうごめいての刺激のばあい刺激に切れ目がないからだと思った。

とにかくこの快楽の果てにすごい射精がきそうな予感があった。

このままでは中だししてしまう!!でもまだ、射精にはならなそうだ。

もうすこし、もうすこし!!とまるでサウナに耐えるがごとく一秒でもK子の膣を味わっていたいと粘った。

「あぁっ、うごかさないでだめホントにいくいくってば!」

「耐えてるんだよ、気持ちよすぎて、こうしないとこのまま中だししてしまう」

耐えすぎて肛門括約筋と前立腺のあいだが麻痺するような感じになってきたのだ。

「ごめん!K子俺はもう出そう」

すばやく腹筋を使ってK子を跳ね除けて2発目を発射した。

その急激に抜いたことでK子もいってしまったようだ。

お互いハアハアいって、K子は俺に抱きついて腰をガクガクさせていた。

「すごいいきかたしちゃったね……いま、意識が飛びそうになったよ……」

しがみ付いてる様子が、俺を愛おしく感じてくれているような仕草にみえてかわいかった。

そのあとすげえ、堂々とJKのまんこ触り放題なにしても許されてるwwwとかあほな事を考えながら本格的にお互いを洗いっこをした。

特におしり、むね、マンコを重点的にちょっかいを出しまくったところ。

「うわっ、○○変態のおっさんだね~」

「○○が夢中になってとかわいく感じちゃうから困るw」

と、萌えさせる事をいってくれて

「こいついい奴だなぁ」

と心から思った。

お風呂から上がると掃除が先ほど5分くらいかけて適当にすました掃除をもう少しすして、布団シーツを新しいのに交換して布団の中に入った。

シーツはあたらしいけどふとんは干してないから、臭いかもしれんなと心配したが、

「なつかしいな昔この布団にもぐっていっしょにFFとかしたじゃん」

といってくれてあんまり気にしてない様子だった。

じっさいK子はゼルダとかFFが好きだったがボスが怖くてボスの前になると俺にバトンタッチをするという方式でゲームをしていたのを思い出した。

布団の中でも2回やったが、さすがに童貞で腰の動きがぎこちなさ過ぎて、さすがに現実を知らされ、落ち込んでいると。

「下手なところがかわいくていいんだよ」

と励ましてくれた。

それからいろいろと話をした。

進路のこととか、母親(H子)の仕事のこととか、俺がちゃんと就職してないでだめじゃんとか、まじめな話もいろいろした。

処女を自分にささげようとしてたというのは本当で、小5~中1くらいまでおもってたらしい。

K子はいい遊んでるように見えて実はそこそこの進学校に通っているのである。

大学の進学実績を見ると東大生は排出していないが、早慶に15人くらい排出していた。

自分が出た高校は早慶レベルが4人くらいだったので自分よりもよりは若干レベルの高い高校だった。

母子家庭という偏見でもう少しいい加減に人生を送っているのかとおもったのでかなり意外だった。

「お父さんいないから、○○に叱られたことは悪いことと思って覚えてるよ」

といわれたのが印象的で、そこまで責任を持って叱ったつもりはないが彼女なりに心の支えにしてくれていたのかとおもうとなんかくるものがあった。

帰り際にK子が真剣な面持ちになって、

「ねえ、○○」

「いきなりエッチしちゃったけどさ」

「私、本気で○○のことを考えてるんだけどどうなの?」

といわれた。

今は俺の嫁展開ではないが、彼女はその後それなりの大学(授業料免除で入れる大学を選んだので大学のランクは2ランクくらい落ちた)に通っていて今も真剣に交際している。

人生あきらめかけていたが、とにかく給料の高い仕事をと思って探して夜間のトラック配達の仕事(給料200万→480万へアップ)にありつけた。

長々とすいませんww俺の嫁としてしまおうかと思いましたが別れたとき黒歴史になるので真実に限りな近いエンドにしました。

続きを少しだけ書きます。

K子は実際もててたらしいが、男にメールで告白されることが多くて正面からセックスさせてくれなんて言ってくるのは初めてですごいなと思って見直したらしい。

童貞がヤリマンっぽいからいけるかもと妄想の結果暴走したのが功を奏した。

それなりの計算をした結果自分を受け入れてくれたわけで、この部分に関しては女の気持ちがよくわからんなと思った。

なぜならば、自分はそこまでK子に対してやさしくしたことはないからである。

強いていえば性的な対象としては全く相手にしなかったことくらいだ。

このスレ的には全然面白くもなんともない話になる。

けど、実際に付き合ってみて分かることは自分がいかに世の中から目を背けて生きてきたかということであった。

いわば現実というものを知らされたということである。

K子から発せられているモテオーラの正体の成分が分解され紐解かれてそれを知らされるのである。

モテるということは現実の問題に対して対処できる能力が高いことを意味していて、それに対して一つ一つ緻密に正面から向き合うほどにモテる感じになるんだなと悟ったのである。

そういった部分から目を背けて妄想の世界やエロ漫画の世界へ逃げ込む程に、それらの感じが眩しくて仕方なく感じられるのだ。

エロ漫画とかはそう言ったものを麻痺させて成分分析をしないで惰性にダメな現状をごまかす作用があったわけだ。

自分にとっての幸運はK子がこのままずぶずぶと大学を中退したままのだらけた生活から引き上げてくれたことである。

それからはK子にとって自分がなぜ有用に思える存在だったのかとかを真面目に考えてきた。

結果的に考えれば考えるほどK子の肉体やその若さ。

普通に行けば同世代の一流大学男子を見つけて安定した男見つけて結婚できる可能性を十分秘めていてと考えてしまうわけだ。

少なくとも自分はそういった見えない敵に対して見合うだけの収入を身に付けないといけないと感じたのである。

まあこれはあくまで俺から見た視点であって、K子から見た場合小さい頃一緒に遊んでくれた時間がよほどいい思い出として残っている感じであり。

知らないうちに大きな貯金を作っていたんだなと感じた。

あんなダメな自分との遊びを楽しく感じられるということは逆に言えば家庭の部分は母親のH子がかなりしっかりと守っていたことになると思うのでそこはかなり尊敬できる。

くだらない話はここまでにしてエロについて話す。

オナニーでの射精しか知らなかった自分にとって、膣の内壁に亀頭の敏感な部分をコスリ射精まで快楽を高めるいわゆるでのセックスでの射精は人生観や女性観を変えるほどに気持ちがよかった。

いくら理想化された完璧な女とはいえ紙に書かれた女ではこんな快楽をもたらしてはくれない。

童貞暦が短い人にとってみたら当たり前のことかもしれないが、女の子を抱きながら自分の手のさじ加減とは無関係に脳に快楽物質を爆発させ射精することはとてつもなくすごいことで、これを継続して得るためなら何でもしたいとおもった。

暫く、というかかなり長いあいだ初心者の俺にK子がセックスの手ほどきをする感じが続いた。

というのも俺はかなりの早漏でスグいってしまうのだった。

そのためセックスの動きにかなり制限があり、K子は逆にそれを楽しみ始めたのである。

乗っかられた状態で膣内の気持ちいい部分に重点的にあたる感じの動きを継続され、

「こうするといっちゃうんだ〜♪」

とか言って得意げに発見したイカセ技をやられた。

個人的なものかもしれないが、セックスでの射精直前の数十秒くらいの快楽の感じは明らかにオナニーと違う。

表情なので演技する余裕もなく与えられる脳内を満たす快楽物質をただただ少しでも長く味わいたいという気にさせられてしまう。

そして、この快楽の先には射精が見えそうだという境目くらいになると急に刺激の回数や強度が弱まりあれ?っと思うと対戦型ゲームで無双状態を完成した時のような得意げな顔で

「(;´∀`)…うわぁ…キモイおっさんの顔してる」

ペロペロときつい言葉に反して優しい態度で萌させ脳を焼かれる。

こんなことをされてはK子のことが好きなのかこの圧倒的な快楽に執着しているのかわからなくなるけしからん!!そして

「まだいっちゃだめだよっ」

とやられ、腰を動かせばいつでも自分の意思でいけるんだとおもい腰を動かすが不器用な動きでは満足に快楽を引き出せない。

それにK子の意思に逆らって腰を動かすと膣内の筋肉のを弱められ、とたんに膣内がガバマン状態になるのだこれでは快楽が減っていくことはできない。

いまはもう腰の動きでこの技を回避して自分の意思でいくことができるが当時は無理だった。

こんなことをされ続けた結果すっかりもともと持っていたM属性を開花されてしまった。

わざとK子が満足するようにハの字眉をして駄目人間風に表情を作り

「たのむよ、御願いします!!」

などと懇願してようやく射精にありつく有様であった。

「うひゃひゃ、勝ち誇った気分にさせてくれますなー」

足の位置が少し変わると、途端に元の締まりがK子の膣内に復活してようやくいかせてもらえるという感じのプレーが続いた。

その代わりと言ってはなんだが、クンニとか手マンは上手くなった。

前戯の段階ではあの小憎らしい無双状態を築き上げるK子もカワイイ仔猫ちゃんなのでいっぱい焦らしていじめてあげた。

あとで全く同じ仕返しをされると分かっていながらもいちゃいちゃ会話→手マン→イキそうになる→止めのループで

「はっ、ぁぁんっ」→

「っはぁぁあぁぁっ」→

「あああああっはやくイかせてー」

と焦らした直後のセリフが発展していくのを楽しんだりしていた。

以上です。

なんかうまくまとめられなくてすいません、かなり蛇足感が出てしまいましたねw


★新 着 pick up★

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!