Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

エロいスカートをまくりあげて合体しました [エッチな話まとめ]

中2の夏休みの朝、電車に乗ってたときです。
満員の車内で前に薄い生地の短いスカートの女性がいました。僕は満員の中で彼女に密着していました。彼女のお尻が気持ちよくて僕は勃起してしまいました。恥ずかしかったんですが動けなくてどんどん膨張しました。
と、彼女が僕の手をとりました。そして次の駅で彼女は体勢を変えこちらを向きました。
20代ぐらいの伊藤美咲のような顔でした。
彼女は次の駅でおりなさい。わかったわね。小さい声でいいました。

今度は向き合ったまま密着した形になったのであそこが密着したんです。
女性のあそこにペニスをおしつけたまま彼女を窓におしつけた形になりました。
大きな胸が押し付けられて僕はもう気持ちよくてたまらなかったです。

彼女は怒ったような顔で僕を見ていました。痴○扱いされてると思いました。
僕は彼女に手をとられて電車をおりまいた。
今から駅長室に行く?それともちょっと私につきあう?どういうことですか?聞くと、君がちんちん押し付けるから私興奮しちゃったの。責任とって。

僕はつきあうことにしました。
駅を出ると彼女が僕の手をつかんだままつれまわされました。
しばらくしてホテル街にきました。ここにしようか?そういうと僕を連れてはいりました。

部屋にはいると、本当は君をつきだそうと思ったけどけっこうタイプだったから許してあげる。その変わり私、君のせいでこんなになっちゃったの。
そういうとスカートをめくりました。なんとなくぬれてるのがわかりました。

彼女は自称24歳でした。
彼女は君ラッキーよ。こんないい女とやれるんだから。彼女は笑ってましたが。
僕もラッキーと思ってました。彼女は僕に抱きつくとキスしてきました。
もう吸盤にすいつかれてるみたいなキスでした。

彼女は僕を押し倒すと舐め回すようにキスしてきました。
もう僕の口のまわりは彼女の唾液でびちょびちょでした。

おっぱいがおしつけられさっきと同じような気持ちよさでした。
今度は君が同じようにしてみてと言われ、僕はぶちゅうとやりました。
舌がはいってきました。僕の舌にからみついてきました。

彼女は胸にさわらせ、揉んでっていいました。はじめてさわったおっぱい。大きい。そう思いました。

僕は大胆になって彼女の服のボタンをはずしました。
彼女は脱がすのを手伝ってくれました。ブラジャーのはすしかたがわからず困ってると彼女がはずし方を教えてくれました。

初めて見た本物のおっぱいに僕は感動しました。
ちょっと前までは彼女に触れてにらみつけられてたのが嘘のようでした。


そのときの僕は積極的に彼女の身につけているものを脱がしていました。
恥ずかしいからパンティーは脱がしていいけどスカートはそのままにしてと彼女がいいました。
これはエロいスカートを残すことで僕を興奮させるためみたいでした。だって後で一緒に風呂にはいりましたから。

そして今度は脱がしてあげると彼女がいって僕を素っ裸にしました。
いきなり脱がされて僕は恥ずかしかったです。

大きい。彼女はうれしそうに言うとパクッとくわえました。
もう気持ちよくて、そんなにされると。って言うと、だめよだしちゃ。そういうと僕におっぱいすっていいよ。って言いました。

しばらくして、
もうだめ。入れて。そういうとコンドームをつけてくれました。大きいからコンドームきつそう。痛くない? 大丈夫ですと言うと。ごめんね。今日は生でさせてあげられない日なの。

私が初めての女でもいいの?と聞くので、僕はもちろんですと答えました。彼女の気が変わらないうちにとにかく入れたかったんです。

初挿入。とたんに彼女はやらしい声を出し始めました。その声だけでいきそうでした。

僕はすぐイってしまいました。
彼女はいいのよ。まだがんばれるでしょ?っていいました。

今度はバックで突いてっていわれました。
エロいスカートをまくりあげて合体しました。そして今度は十分彼女を満足させました。
彼女は今度はすごいわってよろこんでました。

そして、ああ、いい汗かいたね。お風呂はいろうかっていわれました。
彼女は平気でスカートをぬぎました。
はずかしくないんですか?って言うと、もう私たち恥ずかしがるような仲じゃないでしょ。あそこをくっつけあった仲なんだから、と言われました。

僕は浴槽の中で彼女のおっぱいを吸いました。彼女は、おいしい?ってききました。君おっぱい好きなのねえ。そんなにされたらほしくなるじゃない。入れて頂戴。

コンドームつけなくてもいいんですか?って聞くと。外にだしてくれたらいいわ。僕は生というのに興奮してまた彼女の気が変わらないうちに入れたいと思い、彼女におそいかかりました。

やりにくいので湯を抜き、ペニスをいれました。

3回目の快感がやってきました。いきそう。そういうと、抜いて。そういうと彼女はフェラチオでいかせてくれました。
いく寸前だったのですぐいきました。

彼女は帰りにメールアドレスを教えてくれました。それで連絡をとりあって今でも会ってホテルに行きセックスしています。

2回目会ったとき彼女は本当は27歳なのって教えてくれました。
10以上も離れた男の子にいつまでもふらふらしてちゃいけないから。っていわれました。

僕は自分でも彼女のFカップのおっぱいを思い出してはやっています。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする