彼は私のマン汁を指につけクリトリスを撫でてきて・・ [エッチな話まとめ]

あれは私が小5のときのこと……
私は同級生で仲のいい子がいなくて、いつも小6のお兄さん方と遊んでいた。その中でも特に仲がいい子がいた。彼はA君。幼馴染みでもないのに、一緒にプリ撮ったり、食べかけのパン食べてもらったり、関節キスなんて日常茶飯事だった。
ある日、彼の家で私と彼と友達(男)で遊んでいた。
家の人は誰もいなかった。
紅一点だが、慣れているので平気だった。

A君たちはケータイを取り出して、何故かH動画を見始めた。

(その頃の私は、sexもオナニーも知らなかったので音声ありでも何なのか全然わからなかった。)

私「ねぇ、なにしてるの?」

A君「すぐ分かるよ」

と言って、私のスカートの中に手を入れてきた。

私「きゃっ!!何するの!?やめてよ!!」

無駄だった。

既に彼の手は私のパンツにとどいて、しっかりと触られていた。

A君「すぐに気持ちよくなるから、じっとしててよ」

すると友達が、私の服を脱がせようとしていた。

抵抗しようとしたが、相手は年上。それに、さっきだって駄目だった。

私は仕方なくされるがままになった。

A君は、パンツの上から私のワレメを撫でてきた。

A君「気持ちいい?」

私「………っ」

A君「じゃあ、これは?」

A君はパンツの上から爪で私のクリトリスを擦ってきた。

私「……っ……ぁ……」

パンツがクリトリスに当たる度に私の体はビクンッと震えた。

A君「どう?気持ちいいでしょ?」

すると友達は私の胸を揉んできた。小5なのでまだ小さい。

だが気持ちよかった

A君の行動はだんだんエスカレートしてきた。

パンツの中に手を入れ、まんこに指を入れてピストンしていた。

A君「気持ちいい?」

私「うん……」

A君「じゃあ後で俺のでしてあげる」

最初は意味が分からなかった。

彼は私のマン汁を指につけ、クリトリスを撫でてきた。

私「あんっ…んん…………」

体が熱くなってきた。

A君「じゃあ俺のでしてあげる」

するとA君はズボンとパンツを脱いだ。

A君「ほら、脱いで。」

私「うん……」

私はスカートとパンツを脱いだ。

上は既に脱がされていたので、私は全裸になった。

私は、友達に体を支えられ、胸を揉まれながら、A君に、ちんこを入れられた。

固くて大きかった。その時私は勃起というものを知らなくて、立っていたかどうかは気づかなかった。

あっという間にA君のちんこは全部入った。

A君「痛くない?大丈夫?」

私「うん、気持ちいい……」

友達は私のおっぱいを舐めてきた。

恐らくイッてしまったのだろう。後の記憶があまりない。

覚えているのは、A君にまんこを舐めてもらってから、A君のちんこを舐めてあげたこと。

それ以来私達は付き合っていて、Hなんてしょっちゅうやっている。

さっきもやってきた。

すごく感じていて、ベットでやったので、シーツがすごくぐちょぐちょになった。

機会があれば書きます


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする